女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いよいよ際立つ白みの存在感

長らく放置しまくりのチランジアというのが我が家には少なからずおりますが・・・今回は特に扱いが雑になっている株について。。

前回の記事は何と2011年末、、7年近くが経っております。その品種はアルビダさん。入手は2006年、いつの間にやら12年・・暑さ寒さにめっぽう強いとのことで、2010年からは冬以外の季節は屋外にて育ててきました。

以来ずっと地味に年月を重ねており、見た目があまりに変わり映えしないので写真に収めることすらろくにせず、、、この12年で撮影したのは20枚にも満たないという・・・。しかもそのうち9割以上が2011年以前ですからね。

そんなアルビダさんを、この春にやっとお写真にしましたぁ~☆いざ、どーん↓↓

f0203870_19214720.jpg
どうだッ6年ぶりのこの白さ・・・!

今年になって急に撮る気になったというのも、この力強い太さが際立ってきたからですよ。昔ホームセンターで見たデッカイ株にかな~り近づいてきたではないかッ。

長さだって、最近は測っていないが20センチはありそうな。出来るだけ真っ直ぐに仕立てたいから太陽の方向を考えてくるくる回したりとかしています。

今回は5月の写真ですが、ちょうどお外で生育がイイ感じに始まった頃ですね~。ですから成長点も激写。
f0203870_19215493.jpg
いつかここからお花とか出るのかしら、、今でも充分生き生きしているから満足だけど。

近年は冬場の枯れ葉も少ないし、この上り調子でずっと一緒に生きていく~♪


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-29 19:24 | ◆アルビダ

反応はやいジイジ

快適なはずだった、高温でよく晴れて低湿度な今年の春にあって、成長点がまさかの消失という不穏に包まれた翁団扇さん。

生長開始の時期にそのような現象が起こってしまうと先の不安が尽きず、ヤバい兆候なのか、、と気分が少々落ちていました。

なぜなら他に、柱サボテンなど調子を崩してきた過去というのが前歴として存在しているので、この形状のサボテンは我が管理下では相当難しいのか、、そろそろ現実を突きつけられる時がやって来たかと思わざるを得ず。。

が、それでも一応本体がどうにかなったわけでもないため水やりは続行、カチカチになった死に体の部分も強引に取り除き、平常モードに。

すると5月の終わり、ジイジに早くも動きがッ。

f0203870_16035721.jpg
あらー、ひょっこりと、、
f0203870_16040815.jpg
刺座から新たに新芽がのぞいているではないの~☆

これはいつ頃から準備されていたのだろうか、前の新芽がとれる前か、それとも急ごしらえか・・・。あの古い枯れ部分を取り除いたのは関係しているのかどうかもよくわからん。

前に一度弱って復活した際にも新芽の出現に歓喜したけど、今度は一度に2か所ということでより希望が持てるぅ~。これからの夏はこれが育っていくのだわァ。

とりあえず一安心っと。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-24 16:06 | ◆ウチワサボテン

みたびの月見は33と輝く

昨年9月に広々とした鉢に植え替えた三日月ネックレス。冬の初めには新芽が続々と育ちました。

そんな12月の全景がこちら。

f0203870_18170995.jpg
植え付けから丸2か月のあたりですが、既に地表の隙間は埋まってきています。恐るべしセネシオ・・・。一気に葉の数を増やしますからね。

しっかり根付いていたからかいつもより一段と寒かった冬でも無事に越えて、元気に春を迎えての3月の終盤になるとさらに、、
f0203870_18171939.jpg
良さげな勢い。気温の上がり過ぎによりむしろ蒸れる葉が出るほどです。

横顔だと葉のプチプチ感がわかりやすい。
f0203870_18172709.jpg
まさにモリモリな三日月!ツキ茂りまくり~。

節々からの根も太くしっかり水を捕らえて、こうなると次からの植え替えはおそらくやりやすくなりそう。形がある程度固まって素直に土を盛れるというわけです。よしよし。。

他の多肉より水を吸う回数が断然多いとはいえ、2年周期でも大丈夫かな・・・栄養分は1年ほどで切れるだろうからミリオンを生育時に足していこうかしら。

これで何とか、コツをつかめていけたらいいわァ☆


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-16 18:20 | ◆三日月ネックレス

ツキが出まくっていますよ

ダイソーからお越しの三日月ネックレス、自身の栽培下では3号株。2016年の終わりにやって来て土を替えることなく春に著しい、いや凄まじい生長を開始することとなり。

そのまま大人しく夏を越えまして、秋にはいよいよ植え替えとなりました。夏の間も何だかんだで普通に水やりをしていたな~。寒冷地の当地ではきちんと根付いてさえいれば腐る心配もないようです。むしろ夏でも水切れを起こすのがセネシオというやつなんですね・・。根を乾かさない程度に与えるのがコツなのか。

で、土をセラミックに変えまして、植え替え直後。

f0203870_15174708.jpg
去年の秋は多肉もサボテンも植え替え周期に当たるものが多く、1日ではとてもじゃないが手が回らず、三日月さんは9月の終わりまで延びてしまいましたよっと。寒さに強い方だからまぁ適時の範囲内ではないでしょうか。

我が家では秋に植え替えた方が断然よさそうな株ばかり、、よって同時期にどんどん負担が増していくではないか―――自分で招いた事態ではあるが。。

話を三日月さんに戻して~・・やや大きめの鉢に余裕を持って植え付けた三日月ネックレス。鉢底には底上げのために、以前実験的に使用して失敗し持て余していたハイドロボールを三角コーナー用の水切りネットに包んで入れ、かさまし。こういうところで有効になるとはね。

そして冬を迎える12月、日差しがよく入ってくるようになって、新芽が次々と出てきました。
f0203870_15180431.jpg
一度に出る葉っぱの数も申し分なく・・・
f0203870_15181139.jpg
こんなにゴッソリとした束なんて、前はなかったような。

大きな鉢に移してからも依然として根っこを土に潜らせる作戦を着々と進行中、これがツキを次々と茂らせる基本であるのは間違いなさそう。

ミリオンも少量混ぜて、栄養もいい感じに生き渡っているのかしら。3度目にして、この上なく機嫌よく今年を迎えることが出来た三日月ネックレスにこれからも注目だッ。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-14 15:23 | ◆三日月ネックレス

今年もさっそく受難なジイジ

冬を越えるのは5度目となったウチワサボテンの翁団扇、通称ジイジ(名付けは我)。

異変があらわれたのは2015年の夏で、もうダメかと思いつつ翌2016年には新芽が出て復活、それからは冬場の体色の変化などで調子を見てきた数年。。

途中、植え替えもしてなお現状維持なジイジ。ただ去年の冬明けは始動が少し遅かったのが気がかりでした。今年はすごく寒かった冬の後の急激な気温の上昇もあり、、、これってサボテンには嬉しいはずだけど?などとも感じていましたが、4月。

f0203870_17165374.jpg
一見普通な姿に思えたジイジ。ある日突然にあッ!という事態が。特に何かをしたわけでもないのに、復活した証の新芽の部分がポロっと、簡単に外れてしまいました・・・。

上の写真ももう新芽を失った後。成長点はといえば、、
f0203870_17170389.jpg
カサカサに固まっているではないか―――しぶとく残っているのは何時ぞやの弱った時に萎んだ、前の新芽の跡。。。そんなものがくっ付いていて生きた細胞が弾かれるとはッ。

外れたとはいっても一応紅葉から緑に戻る力があるのだからと、慌てて適当な土に挿しておきましたが、程なくして枯れていきました・・・。大きさが充分でないからそうなるとわかってはいても憂鬱な事態です。

冬が寒すぎたことも結構な試練になっていたかもしれません。なので水やりもほとんどせず、ひたすら耐えた極寒の冬。それでもようやく春を迎えてまだ生き残っていた新芽が・・復活して一時期は見た目にも豪華だったのになぁ。

気落ちしてもいられないッ。まだまだ残った本体に期待すべく今季に賭けてみるのだ~☆


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-11 17:21 | ◆ウチワサボテン

祝ご開帳☆5年目3度目を待つが済!

5年目を迎えた我が家のサボ・松霞。最初の春~夏にかけての初開花、2年目も子吹きしていない方だけ開花していた実にいい子たちであります。

それ以降は静か~に沈黙の日々、、しかしながら株を確実に大きくさせて地道に育ってきた2株です。昨年秋の植え替えからは株を一部屋ずつに分けての生活。変わらず元気いっぱいといったところでありましたが。

何だか気温も高く湿度も低めで快適そうだった今年の春、なぜだかふと思い立って松霞さんの美しい頭頂部を見回したくなり、探索していたら、おおッこれは・・・!な発見。

f0203870_17165970.jpg
小さな・・・つぼみではないかー☆

これを付けていたのは、2個のうちのこの方↓
f0203870_17170794.jpg
やはり子吹きしていない方。5月の中頃のことです。

花の準備だなんて、4年ぶりのことですよ。前回は2014年・・この時も同じ株、片方だけが咲いたものでした。どういう咲き方だったかももうおぼろげ、、、にわかに気持ちが沸き立つも、思い出せないものですねぇ。。

なぜ今年だけ急に目覚めたのかはわからないが、それでも嬉しいものだわァ。この見つけた段階では、咲く頃になれば梅雨が迫ってくるから不発になる可能性も?とか頭をよぎりました。

しかし結論から言うとまさに今、開花中で~す。実況では記事の更新が追い付かないから先に発表するべしッ。花はイイよやっぱり・・・素敵な松霞さん。いい付き合いだ。

そんなわけで、詳しい開花状況などはまたまとめて掲載できればと。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-05 17:18 | ◆マミラリア

健やか義兄弟マミの歳月

我が家のサボテンの中では極めて元気に育っている松霞。ダイソーで買ったマミラリアで、2013年の春先の出会いでした。

去年の秋に植え替えの時期となりまして、子株がひとつ外れたことに触れ鉢から抜いたところまでブログに載せたきりでしたね・・・。主役の2株については2年前に記事にしていました。久々の登場です~。

まず、2年前(2016)秋の植え替え後すぐの松霞さん。8月です。

f0203870_16020662.jpg
大きくなってきたのでひと株ずつ植え付け。最初は2個ずつ入っていたダイソーの鉢に1個で合うようです。生長を実感。。用土はもちろんセラミックで。

上からだとこんな風。
f0203870_16022195.jpg
そしてこのままひたすら放置の態勢に走り、2017年は一度も写真を撮らなかった、、で、今年、春になって生長を開始した4月に撮影したのがこちら↓
f0203870_16030067.jpg
成長点の躍動感が素晴らしかったので~☆新しい刺座がよく動いて輝きを増し、ますます魅力的ではないかッ。

なんせ今年の春は異常なくらい気温が高くて乱高下、こりゃサボテンにとっては嬉しいのではないか?と鼻息を荒くしておりましたよ。

まぁ別に今年に限らず、松霞さんは毎年春に生き生きと動いているのだけどね・・・。土を替えた後に反応がいいと特に気を良くします。

だけどこの春の松霞さんはまた一味違うようで―――ただの上機嫌では終わらなそうです。続きが、、


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-01 16:06 | ◆マミラリア