人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ショー規模な目線で、、

今年の秋の多肉の植え替えは、けっこう数が多めでした。ゆえに時間との闘いもあり、鉢選びやらも即断即決でいかねばならず、ちょいとギャンブル的だったりもしたなぁ。。

その植え替え周期を迎えたうちのひとつ、オスクラリア属ルキシアマキシマさん。記事は去年の春以降まったく取り上げていませんでしたが。

実は去年のその時点でかなり大きく育っていたせいで(?)と言ったらおかしいが、この秋までの間にあまりよろしくない状況になっていました。

去年の春先にあまりに育ちがよくて、その時すでに鉢いっぱいに根が張り巡らされ、夏を終える頃には葉っぱが多数脱落・・・!しかも黒い鉢というのはやはり気温が上がり過ぎたのでしょうか、元気がなかった、、その後、生育の秋になっても復調もなく放置で2度目の冬越し。

土はもう固まっていたけれど、植え替えは確実に秋の方がいいだろうなぁ・・下手に時期を外してこれ以上弱らせるのも嫌だし、と我慢して秋まで待ちました!

そしてやっと9月に植え替えましたよ~。

f0203870_18305226.jpg
もう、おびただしい数の枯れ葉が節々にこびり付いていて、それはそれは見苦しい姿でしたが全部、取り除いてやりましたァ~☆

だいぶ小さくなったけど、買った時よりは大きめな鉢に入るサイズです。また育ち方によっては1年でも植え替える必要のある株なのかもしれないな。

生長がわかりやすく速いもので、1年も根詰まりの放置期間だったから長く目にしている気がするが、まだ2年の付き合いなのであった・・・最初に咲いたお花もキレイだったものだ。

植え替えで鉢から抜いた時の根の張り方は凄まじかった。細い根だったので土は細かいものがいいかと。。で、もう二度と黒い鉢は使わないことにしようッ。

ようやく再始動という感じです。春になったら活発になるかしらん。


by kimmie-dolly | 2017-12-26 18:33 | ◆ルキシアマキシマ

秋口せわしくスプリング

今年になって芽吹きの激しさが目立ち、盛夏にも活発さが増した冬生育型多肉、スプリングワンダー。その時に使われている土はもう2年が経とうとしていました。

さすがに水の吸い込みが悪くなっているし、見るからにカチカチ・・・さて、早く植え替えしたいけどいつがいいのかしらんと8月下旬から時期を探っていましたが。

今回は他の多肉やサボテンの植え替えもわりと多く控えていまして、なんだかんだで9月に突入してしまいました。その植え替え直前の頃がこちら。

f0203870_16221889.jpg
8月よりもさらに生長。こんなカチカチの土で。

まぁ秋口の数週間は、芽吹きがこんな形でも多発していましたから・・
f0203870_16223272.jpg
落ちた小さな葉からも次々新芽、ですよ。なんか、我が家の秋口は他の多肉なんかも特に生育のいい時期なのです。ちょうど温度と湿度、日の角度とか色々なバランスがとれている時なのでしょうか。

そして脇にはキレイな苔がどんどん増えていますね~。これ、すごく好きだったです。この苔ごと新しい土に移動させたかったくらいですが、そこまで時間をかけたりする余裕もなかったので断念。またお会いできる日を楽しみにしております。。

元はたった5枚からここまで増えたのだし、植え替え出来るまでに生き残っているというこのありがたさ、、季節を問わずワンダーですなぁ。


by kimmie-dolly | 2017-12-18 16:24 | ◆スプリングワンダー

夏にせわしくスプリング

今年の春から急に激しく動き出し、1年の沈黙を破ったセダムのスプリングワンダー。

春の生長期に芽吹きを始め、なかなか頼もしく迎えた夏は、気温の上昇も手伝って更に加速していき、、

f0203870_16504881.jpg
8月に入ったあたり。土からの新芽が完全に定着していくと、そこから2週間も経てば・・・
f0203870_16505725.jpg
水、吸ってるわァ~。真夏は日当たり悪いし冬型多肉だとかいっても、そこはワンダーさんには関係ないらしく。なんだ、蒸れの心配もないんだ・・というくらい凄まじい強健ぶりなのでした。

時期は8月半ば、もっと水をと言わんばかりに気根が出まくるわけですが、そろそろ秋の植え替えではないか、、こんな勢いのある状態にありながらその流れを止めてしまうようで少々戸惑い気味の夏なのでした。

本当に、前年の沈黙は一体・・・。と腑に落ちないまま、植え替えへ。。


by kimmie-dolly | 2017-12-14 16:52 | ◆スプリングワンダー

休眠前にさらなる貫禄

今年は天候に恵まれた春からご機嫌に育っているノトカクタスたち。

新しい土になって栄養も回っているのかすぐに動き出したため、夏も余裕の水切りで難なく乗り越え生長期の秋。ふと見やれば菫丸はすっかり落ち着いた佇まいになっておりました。

f0203870_19291446.jpg
春に比べて秋は成長点の変化がだいぶ鈍いですが。今年の前半に出た新トゲは体の一部として定着。鮮やかに赤いのって出てくる時だけなのでしょうかね。

これを横から全身を捉えてみますと・・・
f0203870_19292455.jpg
痩せていた春先の頃より水分を蓄え、肥えてきました!んーでもやっぱり長いな、縦に、、

年間を通して日当たりの問題があるから、色が薄かったり上に伸びがちなのはわかるのだけども、だったら刺の色も薄くなりそうなのに、そこはきちんと赤いヤツが出てくるのだから不思議だわァ。

よそのブログだとかで画像を見回しても、よく締まった濃い緑色の体から色のないトゲが生えている株だとかをたまに目撃するのだけど、どういうことなのだろ、うーん。。

トゲ色に環境ストレスとかも反映されるのか?もしや。我が家のスミレさんも最初は赤いトゲなんてなかったし・・・。今となると購入した頃の、かぼちゃ色の締まった姿が恋しくもありますよ。

今年のダイソーでも、この美ボディーのスミレさんを見かけたな、、そのままを維持するのには屋外での生育しかないのだろうか。まぁ今のスミレさんでも末永く大事に育てていきたいですが。


by kimmie-dolly | 2017-12-09 19:31 | ◆ノトカクタス

クマ・・・冬眠の季に永遠の眠りへ、、

君取が初めて買った多肉、コチレドン属の熊童子。

ホームセンターで、ゴールデンウィーク中に衝動買いのような運びで手にしたものでした。2010年のことです。悲しいことにその最初の多肉である株がついに力尽きました―――。

最初はとても多くの葉を付け豪華な株でしたが、年を重ねるにつれ貧相な姿へと変貌。植え替えを行ってもどれが有効ということもなく、ただただ葉を落とすばかりで、、いや最大の要因は日光不足に他ならないのはずっと承知の上なのだけども。

2013年に謎の虫が発生して以来は、多肉一般に使用できる用土に植えて一見安定してはいたものの、ほとんど大きくなることはないまま生き長らえていた状態を維持し続け。もしかしたら細かい土より思い切って清潔なセラミックにしてみる価値もあるかも、と去年(2016年)の秋に試しました。

f0203870_17321612.jpg
一時期は小鉢に別植えにしていたものも合わせた合計3株・・・その小さい1本が最初に脱落し、秋の生育期間を経ても根付きがなさそうだったため、今季の春には土を減らして蒸らそうと残りの2本を小鉢へ、、、
f0203870_17323019.jpg
そしてこれが最後の画となりました。今年の7月の写真。ここでまた横にサボテンの白檀と相乗り、、あちらは子吹きしては本体から外れることが多いので今回たまたまここに仮住まいさせておきましたが、最期もクマ保育園になってしまいました。劣悪な環境だとこういう事態を招くのか。。

それでも、前回クマ保育園として雑多に植えていた小鉢では土が軽石主体のものだったせいか脱落者は少なかったです。それが今回は、株に対してやや大きめの粒で植えたことが最大のミスだったか。

それに植え替えた去年の秋というのがね、、まれに見る日照不足の秋だったから追い打ちですよ。それでなくても熊童子という多肉は生育が遅いのだから、元々弱っていた上には回復の余地などあるはずもない。

丸7年の付き合いだったクマ生活。後から入った黄色クマさんも何だか危ういんだなぁ。あぁ・・熊手。いっぱい茂らせたいわァ。


by kimmie-dolly | 2017-12-07 17:38 | ◆熊童子

ひどい仕打ち収まるも・・・

2014年の春先にホームセンターで入手したサボテン、ギムノカリキウム属の緋花玉。

2年前の生長期にはものすごい美しい緑の球体でした。あれはもう感動もの。強い日差しを必要としない種なので室内栽培には持って来いよね~と、当時の喜びようといったら・・・。

それが、去年の秋の極端な日照不足に見舞われてから雲行きが怪しくなってきました。腐りを警戒して長く水やりを見送っていたところ、ダニにやられ始め所どころ食い荒らされて外観が汚くなり。

痛々しい姿のまま迎えた今年の春は、植え替えをするかどうか迷いつつも何となく他のスケジュールに押されて後回しになり、まぁ秋にするかーということにして様子を見続け、ようやく9月に着手。

その直後のお姿がこれです。。

f0203870_18495703.jpg
いつの間にやら食害の範囲が広がりまくり、、、ヒドイことになっております。

それでもこの度、念入りに水で流しセラミック用土に変えたらダニの数自体は激減し被害はいったん沈静化しつつあります。はぁ・・・もうこれ以上は進まないとはいえあの美しさは二度と取り戻せないと思うと、、何とも。。

去年と今年の2度の夏でここまでの被害。去年秋の日照不足と根の乾燥との二重の苦しみで輝きが鈍ってしまった。結局のところ緋花玉にとってはあの細かい用土もあまり合っていなかった可能性もある。

そうなるとその状態で今年の秋まで植わっていたのも微妙に間違っていたのかも。早く株を洗い流して新しい用土で通気性を良くしておけばどうだったか・・・。

まず植え替えが春か秋か、どちらが適しているのかも確立していないので困ったものだ。とはいえこんな姿になりながらも身は硬く締まっていてすこぶる元気です。

これからは大きくなることをひたすらに祈って、水やりを攻めていくしかないかしら。


by kimmie-dolly | 2017-12-01 18:59 | サボテン