人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寒さ明け裸足の回想<2015春先>

入手した直後の植え替えをしくじり、翌2014年に夏の暑さにめっぽう弱い様を見せつけられて早急に手を加え、二手に分けての養生仕様で迎えたロゲルシーの2015年。

本当は秋に植え替えを予定していたのだけど、他の株が増えたことで手が回らなくて省いたようです。。(本人うろ覚え)

というわけで冬生育型の植え替え期としては我が家においてあまり適していない春に、やむを得ず植え直すことになりました。

鉢から抜いたロゲルシーさんの姿↓
f0203870_18511599.jpg
冬は元気で葉が落ちないので、他の多肉と違い寂しさがないのがいいわァ。ただ根っこの辺り、、、
f0203870_18512474.jpg
気根として生えたものが、本筋のようにしっかりとした根になっております。たくましい・・・!

それでいながら下の本来の根の方もまだ必要で、うーん、広めの鉢に全部の株を植え付けるかァ、といったところ。でも冬の間にだいぶ回復したせいか、不安感はかなり和らぎましたよ。

これでまたロゲルシーさんにゆっくりと過ごしてもらうための日々が始まる・・っと。だけどまだ課題は残されていたのだった・・・。

by kimmie-dolly | 2017-02-24 18:59 | ◆ロゲルシー

寒さに萌える回想<2015冬>

全くもって放置し続けている我が家の多肉植物の中にあって、急に目を向けてみた久々登場の株、クラッスラ属のロゲルシー。

前回の記事の日付を見たら何と!まさに今日ではないですかッ。2015年・・・2年前でしたか。。

もう今は違う植え方になっているのですが、一応その頃の様子から振り返っていきますか、、節目の写真だけは最低限あるので。

前年の2014年から3株を2個の鉢に分けて植えており、春から夏にかけて気根が出まくるという、何とも残念な生育の仕方になっていた時を経ての冬。

2015年になってみると、そこはやはり得意の冬場に多少の盛り返しがあり、
f0203870_18121362.jpg
キンキンに冷える窓辺に配置し昼間にたっぷりの日照浴をさせたら、まぁまぁ張りのある葉っぱが復活してきました。新芽も出るしほんのり赤く染まって締まっています。落葉しない辺りが冬型多肉の優秀な点ですわァ。

けれどそうは言っても、気根で水分を摂る効率の悪さと見栄えがイマイチな根付き・・・また1年をこれで過ごすとなると苦手な夏が心配すぎるので、また植え直すことを決めました。

次回にて詳細をば。

by kimmie-dolly | 2017-02-20 18:14 | ◆ロゲルシー

一族本家は地盤固めに・・・

栽培10年目、2010年からは生育期に屋外へ出して育てている強健種チラ、ベルゲリ。屋外生活を始めてから6年も経過しました。

小さいながらも3世を抱えて生きている2代目に対し、元株の方はと言うと、5歳の第2子が発生して以来はあまり動きもなく・・・。

くるんでいるワイヤーに根を巻き付け、すっかり固定化を図ったようです。。よってもう外れなくなってしまい、まぁ時々ワイヤーを曲げて全身の様子を見たりはしますけども、写真のために曲げたり戻したりをするのも何だかなぁと、ワイヤーぐるぐる越しの外側からいつも伺う程度になっています(最初の頃の情熱はどこへやら)・・・大きさもさほど変わらないし。

ただ昨シーズン2016年の生長としては、久々に発根の状況が素晴らしいものになっており、、
f0203870_19353585.jpg
ここ数年のうちではかなりいい伸ばし方でしたよッ、、、こうなると根の具合くらいしか状態を判断する材料にならないっていう・・・。

この発根は梅雨時6月でして、いつもだいたい湿度が上がるその時期に出るのですけど、去年はその後の秋もわりと太めのいいヤツが出続けていました。

梅雨、そして去年の晴れなかった秋の日々・・・日差しが和らぐと調子が出るのか?もしや・・・!

ベルゲリさん、一緒にお外暮らしをするアルビダとは違い直射日光がそんなに好きではないとはわかっていましたが、、そういうことか。。

真夏だけでも何か対策が必要なのかな。。。

by kimmie-dolly | 2017-02-16 19:37 | ◆ベルゲリ

盛り返しループだのみ

3度目の冬を迎えた、ベビーサンローズというメセンくくりの多肉。

平たい葉っぱの見た目とは裏腹に乾燥には意外と強いものの、寒さにはかなり弱く今までの冬越しでは必ず萎れてきて、その度もうダメかも・・と心配にさせる株です。

でもそんなボロボロの姿になりながら、春になれば知らぬうちに芽吹いて復活するのが恒例になってきました。2016年もそのようにして生長期が開始し、6月には冬とは見違えるほどの勢いがあり、、、
f0203870_19433860.jpg
元からの成長点、後から出てきた新芽ともに葉が大きく広がりました。なんか、日照が少ない我が栽培環境なのに年々葉が大きくなるのですけど・・・。

ちょうど前回の記事を上げた日あたりに撮影したもので、この後冬になるまではずっとこんな感じでよく茂っていましたねぇ。

ただ・・・年が明けて真冬になると、やはりこれらの葉はおおかた失われてまいりました。。今は恐ろしいまでに寂しい見た目です。

今回は冬になる前に、秋の生長があの異常な日照不足により不十分に終わったのも少なからず影響しているのでしょう。ピンクの縁取りもなかったし、ただただ葉が減っていく冬なのでした。

まだ土は固まっていないから植え替えを急ぐ必要はないのだけど、本当は温度を少しでも高くするために内側の黒い鉢に早く写したいんだな。ふた株を分けることもなく一緒にもしたいし・・・。

この春の植え替えをどうするか、考える日々なのだッ

by kimmie-dolly | 2017-02-10 19:45 | ◆ベビーサンローズ

ちびっ子2世の奮闘

長らく記事にしていないシリーズ、古参チランジアの現在。

手元にやって来てからついに10年が経過した株、ネットで入手した強健チランジアのベルゲリさん。御一族へと勢力を着々伸ばしてまいりましたが。

2008年の夏に発生した子株1号は、2011年の春に不意な事故で親株から外れ、以来その当時のままの小さいサイズで独立した生育を続けています。(その頃の記事で2007年生まれとか書いてますけど間違いでした。)

この子株でもう8歳ですか、、なんという緩やかな歩み・・・そして2014年の春にはその小さな姿のまま子吹きというか成長点がふたつに増えました。

それから数年、最近のお姿は・・・
f0203870_18432408.jpg
新しく出たのは右側の方。。元株の2代目1号と大差ない大きさになってきました。

というかこの写真、日付がちょうど1年前(2016)の今日なのですわ。しかし今現在もこれと全く同じような外観なのですよ。生きているのか?と心配になるほどの化石っぷりですが、株全体としては張りがあるのでまぁ大丈夫なようです。

相変わらずの3センチにも満たない2世と3世の親子、、今年は少々枯れる葉が多かったかな。この大きさで真夏の直射を浴びせて育てていても耐えているのは何ともいじらしいではないかッ(←厳しくし過ぎか?)

何はともあれこれからもずっと、見守っていく所存。

by kimmie-dolly | 2017-02-05 18:45 | ◆ベルゲリ

現状維持の御一行、方針転換する

今年の冬は暖かに始まったかと思えば、一気に冷え込んでスゴイ寒気が来たりしてさすがに堪えるような寒さが既に襲来しました。

君取の寝室は、朝起きたら氷点下5℃になっている日が何回かありましたね、、、チランジアの置いてある部屋はそこほど気温が下がりませんが、窓辺は結構ヤバかっただろうに・・・それでも今年はあまり防寒対策に力を入れないで来てしまい、より一層のサバイバルの予感。

冬のチランジアは放置に限るし~という横着な姿勢ですよッ。さぁそんなチランジアの中で、実に久々にブログに出してみようではないか、あの団体さまを・・・!

f0203870_18485255.jpg
いつだって細々と生きている、ウスネオイデスさん。12月の写真です。これは入手が2009年、最後に記事にしたのが2012年・・ですと?いつの間にやら4年以上が経過しています。

だって見ての通り、この動きのない姿、、季節の変わり目には枯れて変色した部分を取り除き、たまに自然に千切れたものは別口にしたり、もう復活しそうにない茶色の箇所は短く仕立て直したりして、常に20センチくらいの長さで束のボリュームもいつも同程度を保っているという、この究極の現状維持ッ

水を好むとか聞いていたので、今までずっとほぼ毎日軽く霧吹きをしてきました。しかし去年の途中あたりから、急にふと思ったのでした。

これまでの様子では乾燥に弱そうな感じは見受けられそうにもないし、完全室内栽培なのだから他の種類と同様の水やりでいいのではないか?と・・。

育て始めてから7年が経過してからようやく目を向けてみたということか、、単に横着さが加速したわけですが。結果、まだ変化など出てはいないものの、何だかこれが正しかった気がしてなりません。枯れる部分が心なしか減ったかも。まぁそうだろうなぁ、なぜに今までせっせと余計なことを続けていたのかが謎。

束ねられない短い切れ端はゼオライトの上に乗せ、他のチランジアに敷かれて管理されています。水やりの頻度は一律に3日間隔(冬期は4日)ですが、そちらの方は不思議と変色が少ないことから、あらもしやウスネさんもこれくらいでいいのか、ということに。

日照に関しては他のチラより条件はいいはず、だったらこれからもっと勢いがついてくれたらいいわァ☆


by kimmie-dolly | 2017-02-01 18:51 | ◆ウスネオイデス