女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2号の3年目はもう貫禄☆スミレ吉報づくし

2014年の春以降にアカダニの襲来に見舞われ、闘いの時を経て2015年は春に土替え、いよいよ復活の時を迎えようというサボテン、ノトカクタスの菫丸さん。

1号はダニにやられた後にダメージから回復することなくお亡くなりになったので、ぜひとも2号はその反省を踏まえていきたいッ!と意気込んでおります君取なのですよ。

さて、土を入れ替えた2015年は春から幸先よく生長を始めていました。実にありがたい・・・!そうなると梅雨~夏には水やりなんてほとんどしないで放置するに限る。日照は減るし湿度は上がるしで、半休眠状態にしておくくらいがきっと最善なのだ。

ノトカクタスはマミラリアよりも寒さには弱いので、短い秋の生長期はやや鈍めに動き、11月の後半からは水やりも無しで休眠に入ってもらう、、、これで間違いはないはずです!(←と言いつつ忘れて何度か余計な水やりを繰り返した過去もありましたなぁ)

そして今年は植え替えをせず、春を迎えました。今年の4月の入口の様子は、、
f0203870_18275898.jpg

ちょいと近くに寄りすぎましたか・・でもそのせいだけでなく、水を吸ったら何だかでかくなっていますよッ、明らかにッッ。

その成長点からも、勢いが・・・
f0203870_1828281.jpg

またまた新しい刺座が続々~☆みずみずしいッ

去年の今ごろも新しい刺がどんどん出て元気そうでしたが、まだよく見るとダニの姿が少しだけあったりしたのです。しかし季節が過ぎていくと徐々にダニ達も見られなくなり、これは駆逐したかしらん。。

やはり適切な時期に土を入れ替えるというのはかなり大事なことなのですね・・・。その時期選びがすごく限られていて悩みどころなのだけど。

サボテンの植え替えは毎年した方がよいとどこの情報でも目にするのだけど、おそらくそれは屋外で、比較的速く生育している株に関しての前提なのだろうな、、室内でチマチマやっている場合だと生育がかなり鈍くなるし、だったら根をいじるのは負担になるだけだから出来るだけ時間を空けた方がストレスなく育つのかも。(つまり植え替えもサボりがちでいけと?)

植え替えの適時は、根が回って詰まってきたとか、株が大きくなって鉢を広くするとか、明らかな肥料切れや土が固くなったとかの状態が現れた時か、、、早めにそれらを察知してスケジュールを組むわけだ。

あぁなんか色々教えてくれるわァ、菫丸さん。。。これからも大事に扱っていこうッ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-25 18:34 | ◆ノトカクタス

スミレの季節のスミレ吉報だより

2013年の春にお迎えしたサボテン、菫丸の2号株。翌年にはさっそくダニの脅威に見舞われて心配が募っていました。それでも被害は1号株の教訓を踏まえてか最小限にとどめ、その秋には生長の兆しが確認できた強い株です。

その後、潜伏するダニの数を少しでも減らすべく2015年の春に早めの土替えを行いました。ここからが復活への第一歩・・という2015年の経過です。

3月の中頃に植え付けてひと月ほどで気温は春へ、、5月の菫丸さんは。
f0203870_1918823.jpg

水を吸って膨らんできましたぁ~☆さすがに前年の秋と大きさまでは変わっていませんが、なんか頭頂部の辺りがもっと活気がありそうな横顔ではありませんか。

その成長点の様子はというと・・・
f0203870_1918445.jpg

ち、力強い赤刺がびっしり出てきています~。

土が変わって栄養分がやや豊富になってきたのも影響しているのでしょう、勢いがこれまでよりスゴイです。前の1号株の時にはあまり気付かなかったけど、ノトカクタスはどうも寒さが緩む春先にけっこう動くみたいですね。最初の頃は、そんな大事な時期に植え替えをぶつけていたのが大きな損失だったのか・・・。これも何年も経ってみないとわからない経験のようです。。

と、ここまでは1年前、去年を振り返ってのことであります。一度やられかかったダニからの生還には、夏の経過を通ってみないことには安心しきれません。

そして完全復活宣言の行方は2016年の春へ・・・。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-21 19:20 | ◆ノトカクタス

タケノコの虜ォォォ!!

そろそろ春らしい気候に落ち着いてまいりました。それに伴って我が家のサボテンと多肉たちは生長の兆しを見せております。。

しかしチランジアは少しスタートが遅めですねぇ、、あまり活発に動いているとは見受けられません。そこは土植えのものと性質が別なのか、単に我が家の環境の問題か・・・だいたいいつも冬明けはこんなものですが。

さて、ただ今どのメディアも旬の食材として取り上げているのが、ワタクシの大好きなタケノコ、、好きとか言いながら近年ほとんど食っていなかったりします。スーパーでも売り場が少ないし、昔よりお高くなっている・・・?

前にネットニュースで見ましたが、日本のタケノコメーカーが一時期タケノコの水煮を、中国産を日本産と偽って販売した例が多発したせいで潰れた業者が相次いだそうな・・・。それで日本製タケノコ加工品が激減・・・哀しすぎる。タケノコ、ああタケノコ、渇望・・・!掘りに行くなんて無理だし、しかも生タケノコは下処理が家庭で出来るような手軽なものではないッ。

こんな時はチランジアを愛でながら空想を巡らすしかないのだ。タケノコに似たあの株元を再度・・・
f0203870_18284338.jpg

うちのトリコロールさん。久々にお目見えした、タケノコ度の高いお姿です。

放置していた冬の間、外側の古い葉が大量に枯れ込んでいたので取り除きました。それがすごい数だった・・・。10枚以上はあったかも。

そしてスッキリした後に、このタケノコ状態再び!のトリコロール復活です。全身はというと、
f0203870_18292335.jpg

先月のお写真です。一番直近の記事でもう1年と半年も前になりますが、その頃とほとんど同じ姿であるという、、、いやもしかすると1年半前の方がもっと勢いがある感じだったようにも思えるわァ。

何せこの冬は、大きくなってきたマグヌシアーナの陰とかに隠れてしまって日当たりも微妙に悪かったのが反省・・・紅葉もあまりしなかったし。

それでもって、以前に死にかけたのを教訓として冬場に水やりを控えまくっているせいで、どうしても大量の枯れ葉が発生し葉っぱの数を多く保てないのです。

この株とは、出会ってから今年で9年になりますか・・・その間、奇跡の復活を遂げていつまでもこのようなサイズ感でお過ごしになっています。

まさにタケノコの如く強靭で行こうではないかッッ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-17 18:32 | ◆トリコロール・メラノクラテル

7周年

本日で、当ブログは7周年を迎えました。今年も無事にヲバサンが降臨中ですよッ・・見習いですけど。

そういえばまた近年、イースターだとかいう舶来ものの行事が浸食してきているではないの?皆さん西洋の文化に執着しますねぇ。。アングロサクソン系というやつ。

まぁかくいうkimmie-dollyも思いっきりその文化圏由来の命名なのですが。特に深い意味はないですよ。君取であり黄緑色なだけですので。

ちらっと検索したら、イースターとやらもキリスト絡みの復活祭だとかで、月の周期が関係するので毎年日付が微妙に変わるものらしいです。でもほとんどは3月終盤から4月に集中。・・ってちょうどこの時期ではないかッッ

何でも、名前の由来は春の女神などと言ってもいるが、、それは初耳だわァ。とにかく色々な風習を宗教を絡めてまとめたようなものなのでしょうかね。

それより我がニッポンは東洋の国なのだし、お釈迦様の生誕を祝うのを優先させるはずなのに・・・こちらも4月8日ですが御存知ない方も多数なんだろうなぁ・・(ワタクシもずいぶん大人になるまで知りませんでした、はい)。

つまり春になると、古今東西さまざま復活を感じさせる事柄があれもこれもと出てきまくるわけだ。そのひとつにこの君取もぜひ、乗っかろうではないかッ!ななななななな周年!!

そんな本日も、

kimmieは山へ柴刈りに、dollyは川へ洗濯に。逆になる時もあり。
kimmieは左へ、dollyは右へ。入れ替わることもあり。

いつ何時でも柔軟に、若草をばら撒いたような空気にしてやろうではないか。まさにオーロラのような・・・覆い尽くしてやるのだよ。そんな気・味・ど・り☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-08 12:00 | ヲバサンの覚書etc

縁取られた目線の変貌<後;ぬか喜び年度締めへ・・>

2度目の冬越しを迎え、春が待ち遠しいと思わせてくれる順調な生長ぶり、すこぶる元気なベビーサンローズさん。

購入時、土替えをしたのは2014年の10月でしたから、植え替えは今年中にはする必要があるなと考えていて、大きくなったからまた鉢を大きくするのかとか、春がいいのか秋がいいのかとか少し探り始めていました。

しかし―――事態は急に変わってしまい、、

前編で載せた写真から1か月もしないうち、2月になると、株に良からぬ変化が・・・
f0203870_19353168.jpg

上から見るとそんなに傷んでいるようには感じませんが、側面からの画は、、、
f0203870_1935468.jpg

葉っぱ、激減・・・!

これ、ほんの1週間くらいの間にあっという間にこんなことになってしまったのです。。というのも多分・・ですが、年明けに例年と違ってやたらと気温が高かったので気にせず水やりをし、その後急激に冷え込んだせいで凍えたのでしょう。

他の多肉と比べると意外と冬も土の乾きが速く、去年の冬も極端に水を控えることはしていなくても元気だったからと油断したか、、、もしくは天候のせいもあるけれど。

こうなったら仕方がなく、暖かくなったら即座に植え替えせざるを得ない状況になりました。。まぁどのみちもう鉢の替え時なのでいいのだけど・・・出来ればあの元気なままでいて欲しかったわけで。

もう着手した後でこれを書いていますが、経過はまた後ほど・・・また美しくなって欲しいッ☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-04 19:36 | ◆ベビーサンローズ

待望の縁取り目線<前;今年ぬか喜び初め>

君取が多肉をわりと集中して迎えていたのは2014年でしたかね・・・。なんか、せっかく用土があるのだからいくつか育てようかしら、などとして興味の範囲を広げてみたわけです。

その頃に買った多肉たちも季節を経て、様々な動きを見せてくれています。中でもかなり調子よく育ってきていたのが、ホームセンターで入手したベビーサンローズなのですが。

以前の記事では順調なさまを載せ、何も不安なく悠然と構えていました。他の多肉より求める日照も少なめでいいのか、何かしら問題が起きがちな梅雨~夏にも普通に生長し、本当に安心できるぅ~と嬉しかったです。

そうなると秋以降にはさらに活気づくわけで、注目の変化がありました。
f0203870_1632130.jpg

こちら年が明けてすぐの様子。全体の背丈などは夏場とそれほど変わっていませんが、新芽に寄ってみると・・・
f0203870_16322484.jpg

出ました!ピンク色の縁取り☆前年はなかったやつですよッ

本当に上の方の、ごく新しい葉だけの色付きでもこれは気分がいいですねぇ。さて、冬越ししたらどうなるのかな、元気だったらもうひと夏越してからそろそろ土を替えないとなぁ、くらいの心持ちでいました。

・・・ここで表題に立ち返ってみます。「ぬか喜び」―――

後編へと続く。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-04-01 16:35 | ◆ベビーサンローズ