女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スキップからアイドリング・・の大所帯

2010年にお迎えし、翌2011年の頭から4年に渡って冬季に咲き続きてきたストリクタ・ソフト。

成長点の数も増えて着実に大所帯へと変貌してきたソフトさん、昨シーズンはひと休みといったところか沈黙の冬でありました。さて今年はいかに、、と気にかけているのですが。

どうも・・・ないっぽいんですけど・・今年も。。。

子吹きした中でも大きく育っている4個の子株は、それぞれ順調に育ってはいるのだけど、花芽はといったらこれがもう全然―――。

一応、今季の唯一の動きとしては、3代目3組が一番中心部が紅葉しているくらいでしょうか。面倒なので写真もとっていませんが、、置き位置の関係上、陰になりがちで他のどの子株より日当たりが悪いはずでありながら、なぜか最も赤みが強いっていう、またまた奇怪なのです。代がわりに時間をかけているからかしらん。他の子株は世代交代して4代目ですからね。

でもって、当初4回目の開花によって出来た子株は全部で6個だったけども、3代目3組のひとつと4代目2組のひとつは数ミリのまま動かず。4代目の1組だけが2個の子株を同じサイズで保っております。

・・と文章で説明を試みても、経過を知らない&どうでもいい人などが読んだら本当に訳のわからない言葉の羅列でしかないッ。つまりは、生長中の4個の株(ひとつの群生)は2年連続で開花なし、2個の子株は育たず埋もれていった、というだけのことです。

まぁ大所帯になると生育が鈍ってくるのも普通なのかもしれないし、ましてや我が家は快適とは言い難い環境ですから・・・。ほんの1年のスキップ状態かと思いきや、長いアイドリングになってしまいましたか。。

スキップやらアイドリングやらといえば、一緒の年月を過ごすストリクタのハードリーフの方もなんですがね・・・2度の開花の周期から、奇数の年に開花するのかしら?と待ち構えていた昨年の夏、秋になってもその時は来ず、こちらも先送り決定となりました。

子株2個のハードリーフがそうなるのなら、こんもり大所帯のソフトリーフがアイドリングを長引かせるのも当然のことなのか・・・。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-29 17:52 | ◆ストリクタ・ソフトリーフ

肉厚・・・?眠らぬ申し子

冬型のセダムが、自分史上かつてない勢いで生長するのをアラントイデスが見せつけてくれまして、改めてセダムって魅力的・・と感心している君取なのであります。

そんなアラントイデス、冬に新芽を出しまくっておりましたが、春になっても歩みを止めることはありません。3月には全体の大きさも変わってまいりまして。
f0203870_1756524.jpg

新芽の分、背丈も高くなったなぁと。さらに4月になりますと、
f0203870_17562099.jpg

気温が上がるのもあって、新芽たちがどんどん育ち、株元から葉が増えるのであります。

まぁ冬型だから、冬から春にかけては生育旺盛、きっとその時期が最盛期で夏には休眠というパターンかァ、と予想していました。

そして迎えた初めての夏だったわけですが。ここから先は写真は撮っていないのですけども、一応夏の間も放置を決めつつたまに様子を見ていました。

すると、あら、アラントイデスさんは夏の間も水切れっぽい症状を示してくるではないですかッ。どうなのかしら、うわー何かここで水やりをして腐らすのとか嫌だなぁと少し腰が引けてもいましたが、でも今までに失敗してきたサボテンの株などと違い、弱っている風でもないし何だか大丈夫そう・・・と、月に1回程度は水やりを行いました。

さすがに盛夏の時などは避けながらも恐る恐るの夏場の水やり。そうしたらなんと、夏場も水やり直後は吸水して葉っぱがシャキッとしてくるではないですかァァ!

アラントイデスは丈夫な種のくくりになっているとは知っていたけど、通年生長するほど元気だったとは・・・たまたま去年の夏が気温が低めだったとはいえ、休眠期なしか・・・。

そんなわけで、夏を越してもこのアラントイデス、減った葉っぱも1枚程度にとどまり、全く傷みがありません。秋からも静かに通常運行を続けております。。

このように安心していられる多肉の存在というのも、とてもありがたいものです。。これまでの失敗だとかの後だとなおさら・・・。本当は日照がもっとあれば言うことなしなのだろうけど。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-21 17:58 | ◆アラントイデス

肉厚!寒中セダムの申し子

こちらも2度目の冬越し満喫中、多肉のセダム・アラントイデスの経過観察。

入手したセダムとしては2種類目でありまして、多肉デビューから5年近く経ってから遅ればせながらという感じで、ようやくセダムに着手してまいりました君取であります。。

経過といってもまだ1回しか記事にしていませんでした、、ので、昨シーズンからの振り返りになります。去年の今頃のアラントイデスさんのお姿です。。
f0203870_16562197.jpg

日付も19日でしたので、まさにちょうど1年前のお写真です。冬型とのことで、寒さの一番ひどいこの時期であってもものすごく活動しています。というかむしろ寒くなってからの方が動きがすごいのですけど・・・。

さらにびっくりしたのが、続々とこのような・・・
f0203870_16563580.jpg

脇芽です。今まで育ててきた大きな葉を持つ多肉では、一度もこのような脇芽の出方はありませんでした。恥ずかしながらというべきか、、とにかくセダムの丈夫さは他の種とは比べ物になりません。。

買ったもうひとつのセダムはウィンクレリーで、そちらは小さく薄い葉の集合体なのでまた違った魅力と特徴があります。でも丈夫な性質はセダムのらしさと言えるのでしょうかね・・・。

両者とも冬型多肉としての生長ぶりをわかりやすく示してくれました。。あとは他の季節にどうなるのかがとても気になる点であったわけですが、それも次回に~☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-18 16:58 | ◆アラントイデス

強いぞ夏型きみどり、そして黄昏の時へ

2014年購入株、2度目の冬越し中の我が家の新ブラキカウロス。いやおそらく真のブラキカウロスと思われるダイソー産のピカピカ・テカテカな葉の持ち主であるブラキさん。

この冬も窓際からは離して、ビニール+プチプチ梱包材に囲まれた簡易的な防寒措置の中で、湿ったゼオライトを受けにして湿度を保ちながら過ごしてもらっています。・・上部は開いているから効果は薄いかもしれないけど。

秋深まった頃の写真では、こうなります↓
f0203870_1735414.jpg

前回記事からちょうど1年、またひと回り大きくなりました。

これが10月の終わりの頃なので、生育もゆっくりになる時期、、春からの生長期にずいぶんと立派になられて・・・。さらに生育期間の終盤を迎えたこの時、去年にはなかった紅葉が中心部に少々あるではないですかァ!

ブラキさんの葉っぱは、端の方から赤い点々が始まって、、
f0203870_1741050.jpg

そのまま赤みが増していく染まり方なんですねぇ、、、
f0203870_1743780.jpg

室内での日照には限界があるので、これ以上は赤くならないとは思いますが・・・ブラキさんのちゃんとした紅葉は初めてなもので嬉しいです。元気なのだなぁと。

この新ブラキカウロスさん、防寒対策と水の管理を注意しているからというのもありますが、冬越し後も意外と葉の傷みが少なくて何よりなのですよ。

前のブラキさん、及びカピタータ・ピーチ・・・寒さでボロボロになっている株を目の当たりにしたのからすると、わりと寒さに強いのでは、とまで想像してしまいます。でも怖いので防寒対策はやめられませんが、、

今季、珍しくホームセンターで久々にチランジアを発見!そこにいたブラキカウロスの札が付いた株も、ぺらぺらの灰色みの強い葉っぱで多分ベルティナか?という疑惑が。ブラキさん・・・何だか類似した種の便利な名詞代わりにされている気も。。。

うちのブラキカウロスはどこまで大きくなるのか、そして花期はいかに―――
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-11 17:06 | ◆ブラキカウロス

さっそく増員の細身一族

秋にお迎えして、ただ今冬越しに挑んでいる最中のチラ、シーディアナ。

2体のうち1号は単体、2号は3個の子株つきという区別でありますが、どちらも元気よく過ごしております。。というよりこの冬が異様に暖か過ぎて、耐寒性を試すにおいては参照できるほどの経験値が全く得られません。今年だけでは何も判断できないのか、、、まぁ来季も普通に注意深くしますけど。

さて、そのうちの2号株についてです。我が家で迎えた秋の生長期、お水を吸って葉っぱも横向きにピーンと保たれて、購入時の勢いそのままに張り出し躍動感が増しました。

上からですと。
f0203870_1741390.jpg

葉の質感がわかりやすいですね~。意外とマグヌシアーナなんかと葉元が似ているような。この下の方に子株たちが控えているのですが、実はその中にごく小さな変化が・・・
f0203870_17412395.jpg

11月に、早くも新たな子株発生、、これで子株は4個となりました。

で、これを全体の画で写そうと試みたのですが。
f0203870_17413825.jpg

必ずどこかがブレる・・・左側の大きな子株の右上が新しい子株の位置です。。

この撮影で、シーディアナもジュンシフォリアなどと同様にカメラに収めるのが難しい種なのだと思い知らされました。しかもこれ、子株がぐるっと一周するように付いているから将来的に形が全方向に変形していくわけか、、一族の繁栄は喜ばしいことではあるけども。

厳寒の当地ではクランプも大所帯にはならないかと思うけど、ストリクタの例があるから何とも・・・それにしてもチランジアの強健具合って、葉の細さだとかはあまり関係ないのかしら。
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-06 17:44 | ◆シーディアナ

2016ごあいさつ

kimmie-dolly 「あけま」

kimmie 「あけま」「あけま」「あけま」 

dolly 「あけま」「あけま」「あけま」

kimmie 「あけま」「あけま」「あけま」「あけま」「あけま」

dolly 「あけま」「あけま」「あけま」「あけま」「あけま」

KIMMIE DOLLY 「あけま ~ッッ」

kimmie 「2015年は冷夏~」

dolly 「極度の夏バテは台風のせい~」

kimmie-dolly 「ダブル・トリプル エルニーニョ~」

kimmie-dolly 「12年おきの不調が永久終了~」

kimmie-dolly 「石と植物の保護が最強~」

kimmie-dolly 「ヲバサンぐるぐるシメル~」
[PR]
by kimmie-dolly | 2016-01-01 00:00 | ヲバサンの覚書etc