人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今春の多肉サボテン植え替え番外編~左ウチワ達の容赦ない姿勢・・・

多肉もサボテンも、面倒なのは植え替え作業によるものだけなので、落ち着いてくればただ静かに眺めていられ、やっと平和な日々に戻れてホッと一息。。気温も安定してきて今まさに、温かい目で彼らを愛でておる君取です。(そんな時期に日照不足問題が毎年浮上するのが心苦しい点ではあるが・・・)

今年の植え替えは株の数がいつになく多かったので、日にちが近付いてくると連日シミュレーションを脳内で行って段取りをいい感じにしてみました。この手間を考えると、土のいらないチランジアは本当に神だわァ。

しかしそうやって万全を期したつもりであったが、思いがけぬ小さな突発事項も発生。それは植え付けの前に発覚したのですが・・・鉢から抜いた株たちを一か所にまとめておいたところ、一陣の多肉たちにウチワサボテンからのトゲの洗礼が襲いかかり、

気付けば熊さんの大事な手に↓
f0203870_160192.jpg

刺さっているではないか・・・!

これは黄斑の方の熊童子さん(黄クマ)。この肉厚な葉に食い付くとは、翁団扇と金烏帽子とどっちなのかしら、、白っぽいからジイジの方か・・・。意外と刺だらけなのよ、あの方も。。ずっと多肉と思い込んでいたせいで見過ごしていたけど、実はものすごく刺がびっしり。

そしてさらにひどいことになっていたのが・・・
f0203870_1611255.jpg

ヒマラヤさんの数少ない葉っぱに!!この刺さり方はヤバそうではないかッ。

こっちは金烏帽子の細かいやつが、うまいことハマってしまっている・・・。ここで知った金烏帽子のトゲの威力。確かに手で少し触っただけでも刺さりまくっていたから恐ろしい。どうも返しのようなものまで付いているらしく、とにもかくにもまず刺さらないようにする必要がある。ということで植え付けの際には、広告や新聞紙などのやや堅い紙で株をくるんでやりました。はぁ・・何という攻撃力・・・。

それより、またヒマラヤを植え替えたのねっていう話なのですが。前回の植え替えから1年、あまり調子が芳しくなかったし水持ちの良い土に早く替えてあげたかったのもあって、手を加えてみたのですがね・・・刺なんぞを喰らってしまって大丈夫なのだろうか、心配は募る。。。

多肉とサボテンの株を、ただまとめておいた段階では特に何も起こらなかったことと思いますが、紙の上に置いた全部の株を一斉に移動させようと、途中で紙ごと運んだ時に株同士が一時的に折り重なってブスッと刺が・・・いやぁ、何が起こるかわからんわ、世の中。

というかウチワサボテンって最強なんじゃ・・・?これを窓辺に配置しておいたら、それだけで防犯ではないですか。少しでも触れようものなら、全身にけっこう厚めの服でもまとわない限りこの細かな刺がいつまでもいつまでもまとわりついて・・・どけてしまえばそれまでだけど、トゲ対策をしているだけでも時間がかかって仕方ないから泥棒には面倒なことこの上なし!になるし。なかなかいいぞぉ。

今後は、自分及び他の植物たちにも刺さらないように気を付けるのが必須だなっと。
by kimmie-dolly | 2015-05-25 16:08 | サボテン

左ウチワな黄金うさぎ

近年は自身の植物センサーがわりと多肉に傾いているせいか、サボテンへの情熱が以前よりは下がってきた感のある君取でございますが―――

なんとか生き残っているノトカクタス、マミラリアからの励みに加え、棒状ウチワサボテンさんの出現でまた新たな種を知ることが出来て、サボテンさんの素晴らしさを再認識したところであります。

ウチワサボテンの性質が大まかに頭に入り、丈夫さに感心したことで、ダイソーにて前から多数目撃していたこちらさんも、ついに・・・
f0203870_15512236.jpg

程よいサイズのものだったので、連れ帰りました。。金烏帽子さんですね。

今年の春、他のサボテン・多肉たちの植え替え時期の直前に見つけまして、これもついでに土替えできる~といういいタイミングでした。他の100円ショップでもよく置いてあったりしたしダイソーでも何度となく出会っていましたが、大きさ的にちょうどよいものは意外となかったものです。生長が速いらしいからあまり争点ではないかもしれないが・・・。形が変わっていきやすいというのも玉サボテンにない点だから面白いかと。

そんなわけで、手にして早い段階で他の皆さんと一緒に植え替えて鎮座いたしました。今のところは小さくて子株も少なめ、でも春の訪れと共にさっそく子株の成長点が動き出したようです。
f0203870_15514247.jpg

あら、子株の刺の生え方といったら大きなウチワ部分とちょいと様子が違って、フサフサ系だったのね・・・!しかも柔らかくて毛に近いような・・・それも若干、黄緑がかっているというか。

そういえば金烏帽子の別名に、ゴールデンバニーとかいうのもあったような。う、うさぎ・・・白毛バージョンの方をイメージして名付けたっぽいけど、そうなるとこっちは金色のうさぎちゃんか、、神々しいッ。

ウチワ部分が大きくなってくると、刺座からものすごく細かいトゲが存在感を出してくる品種なのだというのを、手にして初めて知りました。見た目には全然わからないというのに。それどころか、本当にトゲが生えているのか?とも思えるほどなのだけど・・・。

前に100均で見かけた時は、これよりももっと生長が進んだ株だったせいか刺座の色が濃かったなぁ。同じ品種とはにわかには信じられないかも。そしてその時の株は大きくて、「あ、こりゃ場所を取るわ」といった印象でした。

調べてみたら金烏帽子は小型のウチワらしいけれど、まぁそれはサボテンとしての大型に対する小型なのであって、生長していけば結構な大きさになるのかしらん。。でもしょせん我が家ではそこまで環境が良くないから巨大化はしないだろうけども。(出た。のっけから辛抱させる宣言が)

あ、記事名の左ウチワというのは単に、翁団扇さんの左に配置しているというだけのことでございます☆
by kimmie-dolly | 2015-05-20 15:56 | ◆ウチワサボテン

細々ウニウニきみどり!

我が家の今年のチランジアは、ストリクタ・ソフトの開花がお休みだったためお花が拝めず。しばらくはキラキラ輝くチランジアの新緑を眺めているか~と思っていた君取の目の前に。

急に現れたぞ、嬉しい変化ッ
f0203870_16101091.jpg

あ・・あああ超~久々登場のウニ、フックシーさんがぁぁ!

4月29日は昭和の日、突如見つかりましたフックシーさんの花芽。あら前回の記事はいつだったかしら・・・2012年の3月ですと・・・!?ゆうに3年が経過しておりました。

やって来たのは2011年の3月のこと。それからいつも見た目はほとんど変わらず、育っているのかいないのかよくわからない存在です。。たまに他のチランジアの記事にちらっと状況を書いたりもしたけれど、基本まったく触れる点がないせいで、ずっと放置状態なのでした。

それにしてもフックシーさんの花芽は、葉っぱと同じくめちゃめちゃ細いではないかッ。どれどれ、、
f0203870_161034100.jpg

わー細身のキミドリ色・・・でもってちょいと艶やか!

やだわァこれ、、カワイすぎるッッ。今までの開花で見たものは、ここまで細いのも初めてだし色味が一番好みかもしれない。ああ久々のチランジア開花、嬉しいことずくめだーッ(←パウシフォリアの時と熱量がかなり違う・・・)

これでもうこの春は、気分の良さが一段上がるっと。どんな開花が繰り広げられるのかしらん☆
by kimmie-dolly | 2015-05-15 16:13 | ◆フックシー

今春の多肉サボテン植え替え回想記~4月を待てず・・・

君取の管理下での多肉・サボテンの春の植え替え第一弾は3月の中旬に行い、夏に休眠する種でも充分な生育期間がとれるよう重い腰を上げて何とか植え付けを終えました。

その後にはまだ耐寒性が低めの種類のものが第二弾の植え替えを控えており、いつもなら4月に入るまでここで待ってみるのですが、、、やはり少しでも生長期を安定した形でいた方がいいかもしれないなぁ、と、こちらのスケジュールも3月の終わり頃にしてみました。

寒冷地だとはいっても室内は多少暖かだし、植物たちも春は目覚めがよくて動き出しそうだったので・・・。ことに最近は春の到来が早いような気がします。水やりを始める頃にはもう4月に入るのだから、生長を始めた根も少しの寒さでは大丈夫なはず、と。。

てなわけで第二弾の植え替えでは、寒さにちょいと弱いサボテン類、ノトカクタスに着手。ダニ攻撃から復活しつつある菫丸の2号株は、まだダニが活動しないうちに水でよく洗い流しておいて土を替えてしまえばおそらく駆逐できる。

気温は3月はまだ低いはずなのだけど、けっこう水を欲しているらしく側面のへこみがひどくなってくるのが恒例でした。去年までは4月までそんな状態にさせておいて悪かったかな・・・。今年からは目一杯生長に時間をかけようではないかッ。

さて、去年の後半あたりから多肉とサボテンの用土を新しく元肥入りの粒の細かいタイプのものにしてからというもの、どの株も軒並み調子を上げている(ように見える)ので、今度の秋植え替えを終えたら全ての株がその土に植えられることになって、今年の後半からはまた楽しみになりそうです。

鉢の数もそろそろ場所取りが限界に達するほど増え、これからはひと鉢ごとの重さも軽量化させていくことにしました。ダイソーの植物たちは大きさとしては小さく収まっていてとても嬉しいのですが、あの鉢よりも株の方が小型化している株もあったりして、土の深さを鉢底石で調節し底上げしているものも多々あるのです・・・。弱っていっている熊童子さんとか、三日月ネックレスさんとかですね。。。

これまで鉢底石には手持ちの炭玉などを入れていたのですが、たくさん入れると土を入れる前にすでに鉢が重い。軽く仕上げるにはこの部分しかないな~と、いい鉢底石を探していました。

するとホームセンターにて、ちょうどいいものが~☆プロトリーフで出している、「かる~い鉢底石」ってやつですよ。黒曜石を焼成させたもので、見た感じでは他のメーカーの類似品よりも崩れにくそうです。しかもたとえ崩れたとしても、次回から土に混ぜて土壌改良材のような形に使い回せるそうではないですか。

これだけ軽い素材だと、サボテンの鉢に混ぜて最後まで無駄なくいける・・・!なんと素晴らしいのでしょう。でも近所のホームセンターでも、一軒しか仕入れていなかったな・・・どこでも置いてくれたらいい商品だと思いますよ、これは。

それから、鉢を変えたものについては、鉢の色も少し考慮してみました。多肉で寒さに強いものは暑さに弱かったりするので、そういった性質に黒い鉢は厳禁。逆に寒さに弱い性質には黒を積極的に使用したいところ。植物ブログなどもよく見回してみますと、鉢選びがちゃんとしているではないですか、、、上級者はその辺も抜かりない。お見それしましたわァ。

さらに、粒の大きさを吟味してゼオライトを入手、都度用土に混ぜ込んだり化粧砂にしたり・・・。土の色も温度に影響するのではないかと思うのですよ。サボテンは基本的に高温になっても問題なさそうだけど、多肉では温度が上がり過ぎるとよくなさそうな種類もあります。表面を白くしておけば夏場、温度が上昇し過ぎるのを防げるのではないかと。

まぁこんな感じで出来る限りの手を尽くしてはみましたが、室内園芸ではそもそも環境が完璧ではありませんなぁ。これからも外に出すつもりはないですけど・・・。

なぜに多肉に手を出し始めたのだろうか、自分。。土に触るのもあまり好きじゃないというのに。植え替えもあまり好きではないし、さて植え替えの回数を減らすためにも、今ある株たちを健全に保つのを目標にしていこうではないかッ。
by kimmie-dolly | 2015-05-10 19:17 | サボテン

今春の多肉サボテン植え替え回想記~3月☆

主に春と秋に、ダイソーやホームセンターにて少しずつ多肉植物とサボテンを買い足してきたここ数年でありましたが、それらの植え替えが結構たまってきまして、この春は自分の中で最多の株の植え替えを決行しました。

一般的には春の植え替えは3月ごろに始まり、多肉もサボテンもそれぞれの性質に合わせて適した時期に移植・・・当たり前のことですが。しかしどうせならいくつかまとめてやった方が明らかに合理的なので、冬の間から暇があれば思考の隅で日取りを探っていました。

君取の居住地はまず寒冷地のため、3月はまだ気温が低い。が、季節の間隔を先読みすれば暖かい時期は短くなってしまい、出来るだけ生育に要する時間を長く取るには早めに開始させる必要もある・・・との狭間で、着手する頃合いがつかめないままやって来たことが今までは多かったように思います。

でも今年は、何年か過ごしてきて状態が悪くなっている株や、通年での管理を経て性質を多少は見極められた株など、短期間ながらデータが蓄積されてきました。それらの経験に基づいた情報を照らし合わせて、3月と4月にうまく日程をとることに成功。

冬と比べてだいぶ全体の気温が上がってくる3月の後半に行ったものは。

・寒さに強く乾燥に弱いサボテン類
・いつが生長のピークか定かでないが根の丈夫な多肉(うちでは希宝みたいな子)
・早く植え替える必要がある株で暑さに弱い多肉類
・上記に当てはまらなくとも、とにかく早く植え替えた方がいい株
 (あまり調子がよくない、土が悪そう、など)

・・・という条件でやってみました。。

まぁいずれも緊急性のあるやつを早めに・・という感じが多いですかね。寒冷地につき短い生育期間を有効に使うために気温が低いうちから行うわけですが、日が高くなるにつれて置き場所の日照時間がどんどん減っていくのも考慮しました。

サボテンは我が家ではギムノカリキウムとウチワサボテンが当てはまります。全くトラブルがなくてこちらは通常の土替えでした。耐暑性のない多肉は、本当は秋に植え替えたいところでも待てない&改良を加えたいので春に。

一連の作業は絶対的に長時間に及ぶと想像し、鉢から抜く日と植え付ける日とは別にして効率を上げることに。それでも植え付けにはやはり時間がかかるんですねぇ・・・。

10株以下だからそんなにかからないかと思いきや、結果的に3時間休憩なしでひたすら植え付けを繰り返していました。室内での作業なので別に日が暮れても問題はないのですが、土を広げたまま次の日に持ち越したくないもので。。。

何とかイライラせずに終えたけれど、その後数日間にわたって疲労のダメージ・・・。健やかに育て切れていないから、植え替えの回数が増えることになるのでしょうか、、、

本来なら多肉は2年に1度の植え替えで済むというのに、1年で手を加えるものがいくつかあるのがいかんわァ。まさにそれらが重なって今回の植え替えは量がやや多くなってしまったのです。サボテンについてはわりと属ごとにまとめて特徴があらわれるのに対し、多肉は同じ属でも予期できない部分があって、品種ごとによっても変わってくるのだなぁ。

来年の春はぜひ、元気な株のみを任期満了でいきたいところですッ
by kimmie-dolly | 2015-05-07 18:21 | 多肉植物

種がらみの潤なヤツ

ブログ初期の頃と比べて、近頃チランジアの記事がやや少ない気もしますが・・・とてもゆっくり活動なさっている彼らのことですから致し方ない。。

基本はチランジアが一番好きな植物かもしれませんが、なぜか多肉の数が増えたりなんかして、おかしいわ土を使うなんてどちらかというと嫌いな方だし、その昔のハイドロカルチャーの失敗からそもそも植え込むことももう懲り懲りだったというのに・・・。

でも今日もチランジア達は元気に生存しておるのですよ。で、去年の6月あたりにダイソーで買ってみたもののまだ未紹介の株がひとつ。
f0203870_1934075.jpg

いつも見かけていても買わないだろうな~と眺めるだけだったジュンセア。

この時は株元に、種らしきものが綿毛と共にくっ付いておりました。それもなかなか珍しいことかしら、とダメもとの実生も企みつつお迎えしました。

けっこうな数の種があったので一応、種を別口に分けて毎日霧吹きをし、しばらく様子を見ていましたがやはり時間が経っていたのか、はたまた我が家の光線不足の室内が良くなかったのか、発芽はせず9月ごろに終了―――。

ま、そんなものでしょう。まだ実生などハードルが高すぎです。前にジュンシフォリアが開花した際に種が採取できたけど、あれもおそらくそんな感じで終わったことだったろうなぁ。。間違えて捨ててしまったんだったなぁ・・・せっかく奇跡の同時開花で時間をかけて結実したのに・・・。

あら、君取はチランジアの種に関する出来事は茶せん型のやつと縁があるってことかねぇ。まぁこれからも、冬場の寒さとかを考えると実生はほぼ絶望的に無理そうだけど。

さてこのジュンセア、購入時点でもう結構な大きさです。生長はゆっくりらしいけどまあいいでしょう。いやー本当に場所をとるわァ。縦長だから立てておけてまだいい方ですかね~。

そして寒い時期は、ジュンシフォリアと同様に紅葉していました。
f0203870_19342586.jpg

よく染まっております☆

ジュンシさんも最初の頃はこのくらい赤くなったけど、最近はお子ちゃまだからか知らんがあまり紅葉しないです。というかすぐに葉先が乾燥してしまうもので。。となるとジュンセアさんもちょいと予感が・・・。

これも多分ブログにあまり登場しない組で決定かも。。。
by kimmie-dolly | 2015-05-01 19:37 | ◆ジュンセア