人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もはや恒例やはらか最盛期

昨年か一昨年あたりからチランジアの冬場の扱いに慣れてきたせいか(何年がかりなんだか・・・しかもただ水やりを控えるだけだったというオチ)、淡々・黙々と生きていらっしゃるチラ様たちを日々眺めるスタイルが冬の日常となっております☆

一度失敗を経て成果が出つつあるのが、マグヌシアーナさん。今の厳冬期が一番耐えるところなのですが、少量の水で今日もウニウニしておりますよ。
f0203870_1744323.jpg

写真は半年ぶりくらいに撮ったけど、確実に葉数が増えてる~♪最初に買って冬場に失敗した株と同じ大きさにまで育ちました。生長は遅いのかと思いきや、ちゃんとウニウニしてくるではないですかー(←これ以上の表現が思い付かない・・・)。

最初の失敗株の時から、危機は一貫して2月に訪れるようです。この2号株も去年の2月、一部の葉の先が少し赤いような茶色いような色になっていました。紅葉としては時期が遅すぎるのです。また1号株の再来か・・と懸念もしましたが、そこは学習して寒い間に水を我慢したので、それ以上は何事もなく無事に冬を越したのでした。

今回の写真を撮った日にちを後から確認してみたら、ちょうど1年前の同じ日にも撮影していたようでした。いやはや、ろくに撮らないのに日が重なるとは、呼ばれているのでしょうなあ。

さてさて、今宵もマグヌシさんのふかふかに埋もれる妄想をしながら眠りに就くのだッ!チランジア感触をまとう脳内変換に明け暮れるのだッ。
by kimmie-dolly | 2014-01-29 17:06 | ◆マグヌシアーナ

多肉であり石であり

ホームセンターが秋の園芸シーズンに合わせて植物を並べるのは、だいたい全国基準で早めに取り掛かるとしても10月が主になるのでしょうかねぇ。今季はその時期にあまり行かなかったので、多肉・サボテンもいつ入荷したものか定かではない。

寒冷地だと秋の生育期間は短いものだから、ちょっと遅めに手に入れるとすぐに季節が深まって気温が下がり、土の入れ替えが必要なものはその作業を行ってもいいものか悩みどころであります。

それでも昨年11月頃は、いつになくいい種類の多肉が比較的いい状態でおったものですよ。なのでもう12月に入ろうかというギリギリの時期であっても、少しお連れしました。

その中にはちと珍しいモノも。
f0203870_1762541.jpg

あら、これ、リトープスってヤツじゃね?いつもは見かけないけど、品揃えの定番のセダムやらエケべリアなどに交じっておりました。

まあ珍しい・・・はるばるやって来るくらいなら、丈夫な可能性は高いだろうなとは思いつつ、その場ですぐには買わず。とりあえず帰宅して調べ直してみました。

脱皮するという情報くらいしか知らなかった君取でありましたが、改めて生態に目を通すと魅力が満載。何よりも最も素晴らしい(自分的に)点は、かなり放置気味でも育つことです。。。

結局そこに食い付くんかい、といった横着根性がまたまた出てまいりました。しかしリトープスという多肉、これはもはや多肉というくくりでまとめてしまっていいのでしょうか。水やりの頻度といったら、チランジアどころではないほどの少ない手間で済みそうなのですが。

どうやら水を欲するのは生育期間のほんの短い時だけで、ひとたび脱皮が始まったら一番動きが活発な時にもかかわらず水は要らず、むしろ水やりをすれば二重脱皮を起こして株が小さくなりかねないのだとか。そしてその脱皮の時期というのが、我が家の環境で日照不足と低気温の難を抱える4月くらいまでにかけてなのです。

む、これは・・・意味のとりようによっては日照不足の難の影響も不安材料となるが、全体的には我が栽培環境下でも非常に育てやすい部類に入るのではなかろうか。気温が低すぎる冬から初春は完全断水、その後気温が安定してきて初めて水を与え、しかも梅雨時からは早々に休眠期になって、暑い夏は再び完全放置したのち、秋冬の快適な環境に臨む・・・ひとまず想像の上だけでは完璧な計画が成り立つではないかッ。

色々なブログを見て回ってみますと、中には1年で数回の水やりしかしなくてもきちんと育てている人もいました。いやすごい。栽培が上手な人に対してもそうだし、それで生き続けられるリトープスという植物に対しても畏敬の念が湧いてきますわ。

自然の状態では、このリトープス属は岩の合間などに自生しているそうです。なんかチランジアと共通項があるなぁ。動物などに食べられないように石っぽく擬態してこのような姿なのですね。触った感じではキノコにも似ていますが、、、エリンギ系?

再びホームセンターに出向き、まだ残っていたリトープスさんをお迎えすると、寒さには強いそうなので安心して植え替え。元気なようで透明感もあります。ズーム↓
f0203870_1765036.jpg

この際もう、種類の特定などどうでもいいのですよ。いつか花を咲かせてくれたらどんなものかそれも楽しみだし。とか言いながらダメにしてしまったら嫌だわァ。夏に気を遣わねばいけないわけですね。もちろんその時期になったら水を切るのだけど、暑さに弱いものは溶ける危険性があるらしい。湿気大敵。

とりあえず今は3センチ径ほどの大きさですが、この種は大きくしていきたいところです。写していない側面は、ほんの少し紫っぽく色付いてもいます。耐寒性のある多肉は、冬に美しくてなおかつ楽ちんなのが嬉しい。ずっと元気でいてくれますようにっと。
by kimmie-dolly | 2014-01-23 17:13 | ◆リトープス属

どっしり横広ふぶき

年末年始の間に、当ブログの通算の訪問者数が大台に乗っていて少し感慨深げな君取でございます。。。

といっても4年の軌跡としては一般的なラインよりかなり低い方かと思われますので、具体的な数を発表するにはちと恥ずかしいかも・・・いやかなりはばかられる。まあコメントも何も受け付けておりませんで、致し方ないですけど。

植物の検索でたどり着かれる方がほとんどだと見ておりますが、あまり参考にならないような栽培記が多いのは大変申し訳ないです。。一貫してダラッとした姿勢で植物たちと暮らしておりますので、必然的に観察記録もそのような性質になりがちかと。

ブログのスキンを2代目にしたあたりから一層、顕著になってきた感もありますかね。今のトップページは桜がハラハラと動いてなかなかのお気に入りだから、更新もそこそこ頻度を上げていきたいものです。

さて、その桜のイメージにふさわしいかどうか、秋も深まった頃に見つけた多肉を、新しくお迎えしてしまいましたよ。
f0203870_1755788.jpg

今まで気をとられていた多肉は縦に幹立ちするタイプばかりでしたが、こんな風にモリモリな葉っぱもいいわァと、目に入ってきました。

何回か多肉を調達しているホームセンターでの出会いでございます。たまに変わったモノが入って来るのです。この多肉は、よく見ているブログで何度か登場しているのが頭に残っていて、すぐに育て方など調べられました。

スベリヒユ科、アナカンプロセス属の、その名も『桜吹雪』。葉っぱだらけなのが魅力的です。栽培において一番関心がある点は何よりも耐寒性なのだけど、どうやらこちらはとてもお強いそうです。ああ~一安心ッ。難解な熊童子さんが何とか生き残っているくらいだからきっとそれ以上の期待は出来そう。たまにはいいこともあるものだ。

そして土を替えている時に感じたのが、桜吹雪さんは横に広がっているために植え付けがものすごく楽だった、ということ。これまでにやった植え付けといえば、たわわな葉が自身の重みで下がってくるせいで大変だったのですよ。葉数が多かったロゲルシーなんて、根付くまではひっくり返ったりしてそれはそれはひどかった・・・そうか、地に這って横に増えていく葉だと安定するわけだ。でも葉っぱがきれいに整列している多肉は乱れてしまうのが怖いので、はなから除外っと。

そららに対して葉が乱立する桜吹雪さんは、一体どこが成長点だというのか・・・?
f0203870_1755588.jpg

紅葉の色付きが濃くて、比較的ピンとした葉のあたりだろうか。これらたくさんの集まりがたったひとつの株だとは、面白い。

てっきりいくつかの株が土に挿してあるのだと思っていたのですがねぇ。それともこの葉は古い方で、小さい葉が新芽・・なのか?

これらの写真は12月の撮影。冬になっても元気ですね。本当はもう買った時の土のまま一冬を越そうかともしたのですが、寒さに強いとのことなのでさっさと土を入れ替えました。それから1週間くらいで土に根付き、あまり水も欲しないようで完全放置の日々です。

我が家では花付きはおまけ程度に待っていよう。。この葉っぱの数をいつまでも維持しつつ、一緒に暮らしていこうではないかッ(←目標がそこかいな)!!
by kimmie-dolly | 2014-01-17 17:15 | ◆桜吹雪

生き残り組ノト

我が家のサボテン達の希望の星、ダイソー出身でいつでも最高にカワイイ紅小町さん。の、最新の秋冬のお姿でございます☆

1年以上ぶりの登場になります。サボテンですのでめまぐるしい変化がッというものはないのですが、相変わらず元気にしております。
f0203870_14583294.jpg
成長点に寄ってみればわかりやすいかと。
f0203870_14591171.jpg
ムフフ。前よりもかなり刺が増えております。ぎっしり、もっさりとなっている上部は我が家に来てから育った部分。境目っぽくなっているのが感動。

その彩りも何ともいえず素晴らしく・・・
f0203870_15001623.jpg
キレイだわァー。ああありがたや。拝んでしまおう。。

サボテン栽培に関しては、去年はいつにもなく痛手が襲ってしまい・・・マミラリアについては記事にしましたが、その他にも 2、3のあれこれが・・・。いやまったく、植物用にしっかりした環境を整えていない自分に対しての気持ちも含めた失望ってやつが、毎度やって来るし少々お疲れ、、、それらから何か得られた経験がまとまったならば、また記事にしようと思います。 。。

しかしそんな中でも紅小町さん、今まで特にトラブルもなくいられるのが何よりです。今年は変に中心点からずれたりもせずに 植わったままで冬眠入り出来ました。 実はなぜか、11月末にぼんやりしていてうっかり水をやってしまいました。いつもはそんなことはせず、毎年11月下旬から断水を決行するというのに・・・怖い。一体どうなっていたのか、、自分。やってしまってから、あッ!と目が覚めた感じです。

幸い、その後一週間はよく晴れて日が当たり、乾燥もしていたので大丈夫だったようですが・・・水やりのその日の気温のことしか考えていなかったとはおバカもいいところですわ。12月に入るとさすがに冷え込むのだからそこを先まで見通さないといけないのを、完全に無視しておったとは。。寒いと一発でダメになるリスクが高まるし、ヒヤヒヤものでした。一か月以上経った今はもう、さすがに水も乾いてくれたかしら。

このような度重なる仕打ちにもめげす(軽い虐待かね・・・)、紅小町さんは実に奇跡的なサボテンだと感心です。数年のサボテン栽培でひとつわかったのは、やはり株の大きさがある程度ある方が、冬期断水の後に早く動き出して生育がよくなります。 丈夫な種であっても、小さすぎるのは体力がもたないようですね。 まぁですから株を買う際には、その時点での大きさというのも肝心です。

この秋冬、いつになくホームセンターにサボテンがた くさん並んでいましたけど、あの例のコチコチの砂で固められ、しかも超~極小みたいなものばかりだったのでとても買う気に はなれませんでした。あの固まっている土というのは、おそらく輸送の時の揺れに対応してのことなのでしょう。店頭に並ぶまでにダメージを受けてしまったらそれこそ元も子もないのを思えば仕方ないですけどね・・・。秋以降に販売するものは植え替えにも気を遣うし、かといって長い一冬をそのままの状態で過ごさせればそれも良くないだろうからいかがなものかと。。 価格がやや高めのものはもっとサラサラの土に入れられて、大事に扱われていました。でも小さな株が寄り集まった群生株とか 、あまり求めていないし―――あれって一個がダメになると全体に影響が及びそうな気がする。サボテン栽培って生長が遅い分 、生産農家でも苦労が絶えなさそうな・・・。

2012年の春先に柱サボテンを買ったとちらっと書きましたが、そちらは紅小町と同じ日に冬眠前最後の水やりをしたら残念な結果になってしまいました・・・。その前からだいぶ調子が悪かったのもあって決定打になったのだと推測します。けっこう大きさに不足はなかったのに・・・子株もたくさん付いていて、ちょっと楽しみにしていたのだけど。いつものごとく日照不足がいけなかったか。。

その柱サボテン、中身がスカスカになっていて割ってみたら、中心部だけ赤腐れして萎びていました。ああ・・・紅小町さんだ けは今後も、何とか守っていけるように水やりを積極的に控えていこうではないかッ。
by kimmie-dolly | 2014-01-08 15:17 | ◆ノトカクタス

2014ごあいさつ

kimmie 「あ」

dolly 「け」

kimmie-dolly 「ま」

kimmie-dolly 「あ・け・ま!」

kimmie-dolly 「・・・・・」

kimmie 「朝焼けと」

dolly 「夕焼け」

kimmie-dolly 「どっちにしろ焼けてんのねー」

kimmie 「朝明けと」

dolly 「夕明け」

kimmie-dolly 「そんな気がするわー」

kimmie 「誰だよヤいたヤツ」

dolly 「焦げらカスともいう」

kimmie-dolly 「焦ったら焦げっちゃうってことかしら」

kimmie-dolly 「おこげ、美味いから喰らうけどね」
by kimmie-dolly | 2014-01-01 00:00 | ヲバサンの覚書etc