女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

合理もどきの社会人攻略戦法<運気を奪う人物の特徴>

・チェーン展開の店に異常なほど適応し、バイトから店長代行に上り詰めがち
 (店長ではなく、あくまでも代行)
 →しかししょせん労力を最小限に抑えての報酬にしか目がなく、
  与えるよりも欲しがるばかりの本性が徐々に明らかになり、
  本社からも現場の部下からもさほど信頼されない類の人物

・責任のある立場に置かれたくないと願い、いつでも指示を求める仕事に就きたがる
 →しかもそれを「選べる立場」であることが当然だと思っており、
  適いそうにないと途端に悲劇の主人公になり始める

・経験が必要でやったことのある少し得意な仕事をあえてやったことのない人にやらせ、
 横からあれこれ口だけを出しまくり集中させないようにして自分に聞いてくるようにし、
 教えることが出来ないのを隠すためにそのまま仕事を盗って自分でやって見せ、
 自分の得意技のように披露する
 →自分には出来るが他の人には出来ないとアピール、さらに人の意欲と自尊心を奪う

・ミスが多いのに確認をしない習慣、あるいは人前だけでの過剰な確認動作
 →意味不明かつ根拠のない万能感に満ちている証拠

・最終的な目的さえ果たせれば全て許されるのを悪用。
 →魚の骨だけをきれいに皿に残すが、それさえ達成すればいいと思って
  食べる途中に手を汚しまくったり、音をたてて見た目に悪いなめ方をするなど。
 →浴槽をピカピカにするのが最終目標なら、無駄な力を込めて
  一回につき何個もスポンジをすり減らし替えるとか、
  洗剤を通常の範囲を超えた量を使うなどして途中過程はめちゃくちゃで、
  金を異常にかけてまで「きれいにする」のその部分だけを達成させることに固執する。
 →理論上、最低条件の目的だけは果たされているので、
  その他の不快感には目をつむらざるを得ないようにさせる。
 →好き勝手をし迷惑をかけておきながら文句を言わせないようにさせる手口。

・終始オーバーリアクション
 →見た目だけははり切っていると見せかける演出

・口下手アピール
 →一目置いている人には自分だけ特別によく思われたいがために話せなくなるだけで、
  気を許している、または見下している相手の前では詐欺師並みに饒舌な嘘つき

・人見知りアピール
 →自分がミスした時にはお決まりの口実で、気に入らない人が言ってくるのは認めない。
  言い訳だと切り捨てる。

・被害者アピール
 →同上
 →自分の辛さは外からの災いとし、気に入らない人の辛さは自業自得だと言い張る

・苦労していますアピール
 →同上
 →しかも症状が見えにくい病の名を軽々しく持ち出して詐病までし、
  自分にかまってくださいと要求しながら真の病人をおとしめる
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-12-28 18:14 | 運気を奪う人間の考察

いい人アピールを兼ねた蹴落とし行為<運気を奪う人物の特徴>

・出世の手助けを働きかけると見せかけて部署を異動させ、
 苦手な仕事をさせて自滅を狙う

・両親や兄、姉など目上の身内を心にもなく不自然に褒めちぎる

・他人と接する時の愛想笑いが不自然なまでに過剰で、内弁慶
 (人目があれば気に食わない人の前で異常にハイテンション)

・昨日今日に知り合ったような上っ面の付き合いの人々との、過剰な仲良しアピール

・偉い先生の講演などの際、名言が飛び出した場面で異常にうなずいて食い付く

・話に加わるために、浅からずとも遠からぬ知っている単語をとりあえず出して
 仲間のふりをする

・自分の好きな料理、調理法が多数派なのをいいことにゴリ押しし、
 ここぞとばかりに好まない人を切り捨てる

・見れば一瞬でわかるようなギャグや、言葉にせずとも通じる気持ちを
 わざわざ言語化し反すうする
 →何度も人に繰り返し説明することで自分の理解力の誇示と、
  人の思考力や時間を奪い自分の存在を入れ込み注目させることと、
  「あなたの言動にこんなに食い付いてますよ」との欲求を同時に満たすことが出来る

・広く浅いブームに必ず乗っかり、後に利用する人物との接点として使う

・イイと言って人に勧めるほどのファンを自称する芸能人などが後に、
 かなりの確率で反社会的なことで落ちぶれていくが、
 ミーハーであちこち手をつけたうちの一部なので無関係を装う

・コミケに何度も足を運ぶか、バンド活動をしているかのいずれかの人物。
 しかも始めたきっかけが、熱心な人からの誘いに乗ったというパターン。

・副詞の多用で結論は一切口にせず、どうとでもとれる言葉を常に発して、
 いつでも一瞬で有利な方の味方になれて鞍替え出来るように言葉運びをしている

・話の流れを利用し、その時期に広く伝わっている共通話を文節を使わずに持ち出して、
 それに関連する単語のみで会話を試み、
 真面目に話を聞いてくれる相手に必死に理解させようとして、
 結果、思考を支配、操作する
 →イライラさせ、かつ会話の主導権を握れる
 →頭と性格のいい聞き上手の人から、有益な情報を引き出してそこに同調する手法

・方言を盛り込んだオリジナル語を駆使する
 →しかもネガティブな語を連想させる不快な発音、言葉選びを多く盛り込む
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-12-19 12:00 | 運気を奪う人間の考察

ねじ曲げた見方の超主観的披露<運気を奪う人物の特徴>

・自分の想像が真実かのように振る舞う。
 が、映画やテレビ、マンガなど作り込まれた世界からの影響が大きく、
 手法だけを真似て空想と現実とを巧妙に混ぜ込んで行き来し、
 現実世界に悪のアフレコを敢行して自分独自の世界に染める
 →人を窮地に追い込める曖昧な瞬間を見逃さない

・狭い地域限定の常識、食文化などを、多数派であるというだけで
 絶対的真理かのようにゴリ押し。

・逮捕された犯罪者を見て、「自分だったらこうするのに」と上回る気でいる

・何かに失敗した人の瞬間をとらえて「あれがよくなかった」
 「これがよくなかった」と要らぬアドバイス

・人の助けを得て成し遂げた気に入らない人のことを、
 「努力していない」と切り捨てる

・才能あふれる、気に入らない人が紆余曲折を経て成功を収めたのを見て、
 「才能があったのに今まで怠けやがって」
 「世の中は才能が全てだから、才能のない自分はかわいそう」
 と自分を憐れむ世界に浸る
 →人の手を借りにくくさせることで、出来ることの範囲を狭めていく。
 →一方で自分だけ人の手を借りたいため、誰の手でも独占できるよう
  おとしめたい他者を排除する狙いがある

・孤独に耐えながら成功した気に入らない人のことを、
 「だったらあれもやるべき」と完璧を求める
 →自滅させたい、落ち度を引き出したい願望

・気に入らない人物が自信を持って毅然とした姿勢をとると、
 「ふてぶてしい」「感じの悪い人」として周囲に示そうとする
 →自信を失わせるのが狙い

・嫌いな人物を「協調性がない人」に仕立て上げることに躍起になる
 →この国では仲間はずれが一番死刑判決に近く、ダメージが大きいので。

・人の時間を奪うことに抵抗がない

・ファッションと化粧品についてやたらと口出しが多い
 →しかしいずれの方法もあまり頭を使わず、買って済ます消費行動が主

・どこでも眠れて、眠りに入るまでが異常に短い
 →よって、人の睡眠を妨害することを何の悪気もなく行う
  しかもやり方が、本人にだけ光や音を当てる陰湿なもの
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-12-11 17:12 | 運気を奪う人間の考察

弱みを瞬時に隠す悪の機転<運気を奪う人物の特徴>

・基本、その人物自体が自己顕示で何かと人を見下したがるので、
 自分より優れた人に弱みを見せると確実に付け込まれると妄想しがち

・自分の不手際、落ち度を指摘されると
 「いつまでも過去のことをクヨクヨするんじゃないよ」
 もしくは「次回からちゃんと直します」と言い、結局次回からも延々と同じことの繰り返し

・義務づけられたやりたくないことはギリギリまでやらず、人から言われるまで粘る
 →言われてから急いで着手する姿を見せて、
  要求には応える真面目さを際立たせる計算。
 →最終的にはそれを終えなければ周りが迷惑を被るようにしておいて、
  誰かが手伝わざるを得ないような展開に持っていく。
 →先に片付けないでいられる神経があるということは、出来るのにやらない、
  もしくは、やらなくても誰かに責任を転嫁できる自信があってのこと。

・「雨に降られた」のような詩的な表現を装って、隠された主観的な自分の思考に集中させ
 付き合わせることで常に人の意識を奪う
 →雨は人を困らせるために降っているのではないのに、
  自分のタイミングがあたかも世の中の正解かのようにたった一言で表す狡猾さ

・犯罪者の報道された行動を、身近な気に入らない人間の行動と当てはめて断罪する
 →「あの犯人もそれを言っていた・・だからあなたも・・・」とこじつけ

・聞きかじった話を、正しい確率が高ければ自分の発想であるかのように言い、
 間違っていそうな時は出どころの名前を強調して言う

・認知症初期にあるような物を無くす症状が生まれつきひどく、
 人のせいにする癖がついている

・幼少の時から、気に入らないことがあるとまず別のことで問題を発生させ、
 「これを解決するにはそちらの行動を直せ」とさらなる迷惑を背景に予告して
相手を矯正させる
 →野菜を食べる工夫を親に仕向ける野菜嫌いな子供
 →寒がりなの親が着せる服を頑なに着ようとせず、
  同じことを言っても他人には素直に従う子供など

・片付けが苦手なのを開き直って正当化する
 →「おまえは金があるから物に執着しなくて済むのだ」とか、
  自分を瞬時に貧乏被害者へと見立てて言い訳の逃げ道を作る

・科学のような明らかな根拠はないが一般論で確立されていそうな
 「善」「悪」の枠を会話に盛り込み、
 場の雰囲気とイメージを巧みに利用して自分を常に優位な立場へ、
 気に入らない相手を劣位の立場へはめたがる
 →「変わることはいいこと」を持ち出し、相手を頑固者に設定
 →「頭で考えすぎる理屈屋はよくない」を持ち出し、相手を直感が鈍い人に設定
 →相手をイライラさせ、その瞬間に「わぁ~こわーい」と挑発
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-12-06 17:18 | 運気を奪う人間の考察

下いびりの上へつらい、その卑劣さ<運気を奪う人物の特徴>

・信頼を寄せてくる目下の家族の心理を巧みに利用して、権力を発動し言うことを聞かせる
 →自分の短所や罪のなすりつけ、マインドコントロールは朝飯前
  他人の知らない私的な出来事まで匂わすので、秘密裏に思考を操れる

・けしかけることが協力することだと思っている
 →万が一おかしな方向へいっても自分は無傷でいられ、
  うまくいけば自分のおかげだと豪語する

・目下(子供含む)の前で「こんな収入ではやっていけない」をひたすら連発、不安をあおる
 →しかし実際にはそれを言い続けながらも何十年も一般レベルの生活を死守。
  もっといい生活をしたくても自分の身の程をわきまえない、ただの大げさ
 →精神の安定を得るため自分より弱い立場の人間に、
  ずっと弱い立場でいさせる働きかけの一種

・気晴らしの外出、新しいことへの具体的な挑戦をやたらと勧めてくる

・二言目には「○○しないの?」「○○すればいいのに」(○○の内容がかなり具体的)が口癖

・人の行動をあれこれと態度で禁じ、出来なくなったのを知っておきながら、
 あたかも自分は無関係だとでも言いたげに「やればいいのに」と平然と言い放つ

・人の失敗を傍らで見ながら、失敗を確信した本人が心の内で反省しつつ
 イライラしている横で「やっぱりダメでしょ」と見透かしたようになぞって言う

・働く意欲を人から奪っておいて、「働かないと生活していけないんだよ!」
 という正論を決まり文句にする
 →決定的に優位に立てる

・悪事に、弱い立場の人の能力の高さを利用する

・「若いんだから若者らしくすればいいのに」と浮かれモードにさせようとする

・「好きなことをやればいいよ」と言いつつ態度で一定の方向へと誘導

・「みんな」「世間」という言葉を事あるごとに持ち出し悪用する
 →よく聞いてみると、言った本人に都合のよい内容

・どうでもいいことで決断を迫る
 →焦らせて落ち度を引き出しやすくする。平常心から遠ざける狙い

・散漫な空気を漂わせ付き合わせることで、本来の能力を発揮させない
 →自分より能力が高い人(特に年下)が本領を発揮し始めたら勝てないので、
  自分の居場所を追われると思い込み意欲を抑え付ける手法
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-12-01 12:16 | 運気を奪う人間の考察