人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スコーピオン全開

エキサイトブログの新しくなった管理画面を見回っていたら、カテゴリー編集がしやすくなっているではないですか~☆

上下に位置を簡単に変えられるようにされて、わーいこれはいい変更だッと思いました。チランジアのカテゴリーを見やすいように少しずついじっていこう・・・フフ。なんたってチラ様が優先っと。

まあしかし仕様を見ておりますと、近頃のパソコンにも搭載されている、あるいはタブレットのタッチパネル形式を意識した作りなのでしょうな。マウス駆使派の自分としてはやや手間取るが、それでもスッと動かせるのは爽快。。あとは新規投稿の難が解消されれば・・・言うことなし。

それが影響してかどうかはわからずとも、今月は更新が少なかったな・・・10月の体調はヤバかったし。珍しく丸一週間もお日さまが出なかったりして、もうあれは限界だった・・・太陽光がないと心身にもろに出る。いつからこんなに植物みたいな体になってしまったのか―――。冬の日本海側とか、いつも曇ってばかりの気候だと聞いていますが、自分には耐えられないかも・・・。そこに住む人々には敬服いたします。。

そういえば9月の終わりには、重要なパスワードを忘れてしまって大変でした。ネットには接続できるのだけど、ログインし直そうとしてパスワード不明のままログアウトしてしまい、メールが受信できなくなって困り果てました。

なんといっても8月にウイルス感染に伴って再セットアップしたのが発端で、一切のパスワードを緊急的に総入れ替えしたために、気が高ぶっていましてねー。メモをとるのを怠っていました。

自分で考えたものだから簡単に思い出すだろうとしていて、すっかり忘れきっていたのです。しかも再設定のための秘密の質問にも答えられず、いったんログインの行為を停止されたりとか・・・本人なのに、おバカ。

突き詰めていったら、新しいパスワードを申請するのに本人確認の証拠を郵送するとか、何やら恐ろしく面倒な道が待ち構えているようでした。こうなったら近道はもう、パスワードを思い出すしかないではないか・・・!ということで3日間考え続けたところ、出てきました!脳内に奇跡的に戻ってきてくれましたよー!

人間、だいたい3日考えて出てこない記憶はきっと捨てていいものなのでしょう。必要なものはそのくらいの期間で帰ってくるのだろうなぁ。これで一安心、すんなりログインに成功し、今度はきちんとメモをとりました。

まぁ自分で頭をひねってもわからないものは外からも絶対にわかるはずもないので、異常なほど慎重すぎる自分に笑ってしまいますわ。パスワードってのはそもそも、ひとつの単語にしてしまうと予測がつきやすいから、数種類を組み合わせておけば自分も覚えやすいですね。その組み合わせ方が間違って覚えていれば、いくら近付いても永遠に合致しませんが・・・(←自分自身がこのパターンに陥っていました)。

でも君取はカードもネットの口座も持っていないし、万が一データを盗まれたとしても特に深刻にはなりません。むしろPC内を埋め尽くす血染めの文章をどうぞ読んでくださ~いってとこです。

昔からノートなんかに、外には出せない不平不満・不安材料などをよく記してきましたが、あの威力ってのはすごいのですよ。ハタチ前後の頃に書いた文などは、あえて具体的にあった事柄は文字にせずに、努めて難しい言葉を使ってあえて抽象的に書いてストレスを込めていました。そして何年か経って読み返してみたら、言葉の意味が全く通じなかったのですが、気持ちが悪くなりました。こう・・・込められた想いというのは、乗るようです。

現在ブログに載せているのは、かなり毒性の弱い文章であります。さすがにひどいものを全世界にばらまくのは気が引けるでしょう。そこまで腐った人間ではありませんよ。

ハッキングやらパスワードを盗むやらと悪意のある人々にもきっと、いやそういった人々にこそ文字の呪力は響くのかもしれません。。君取が先月、あーなんかこの過去の文は電子的に保存しておこう、と入力を終えたら、とたんに寝込むほどの体調不良に襲われました・・・もう終わった出来事を淡々と打ち込んだだけだというのに。

ということで、データは盗まれてもいいようにしておくのが一番ですね~☆そこで嫌なものを見たとしても、盗む方が完全に悪いのですから。こちらは一切見せておりません。

悪意で寄ってきた相手にのみ、チクッと猛烈な毒を強力照射、ですよ。だってさそり座ですから~。
by kimmie-dolly | 2013-11-29 12:10 | ヲバサンの覚書p-s

エキサイト中

エキサイトブログの管理画面が、リニューアルされたもようです。大きくは変わっていませんが、新規投稿をする際に下書き機能がついたり、画像の編集の仕方が少し異なっています。

しかしこの下書き機能っていうのがね・・・。確かにブログを始めた当初、時間をかけて投稿画面から書き込んだ記事が、キーの打ち間違いや手元の狂ったミスクリックで一瞬にして消えて困った経験があるので、ああやっと保存できるようになったのかと便利に感じました。

力を込めて書いた文章が消されてはたまったものではないと、もう何年もブログ用の文はパソコンのメモ帳に書いておいて、投稿画面に貼り付けるだけの投稿を習慣にしておりました。実際それでかなりの時間短縮になるのです。

それなのに―――ッ!新しい画面でも同じ要領で出来るだろうと文章を貼り付けてみたら、何やら文字のサイズやフォントがおかしくなった形でプレビュー画面に出ているではないかッ。

なぜだッ!と急いで旧画面に戻して投稿してやりましたよ。いずれはこの体制が主流になっていくのかと思うと、なんだか残念・・・。しかも投稿画面に文字を入力していると、オンライン上にのせているせいかパソコンの状態によっては動作が遅くなり打ち込みがうまくいかないことがあるっていう・・・もはや便利でなくなってしまいイライラ。

しかもタイトルを入れないと、プレビューすら見られないのか・・・。ブログを始めてまだ数年にもかかわらず、ずいぶんと前のやり方に慣れ親しんでいたのだなと思います。

せめて他から貼り付けてもフォントに異常が出ないようになって欲しい。。。と、この文を書いている短時間にまた、時間がかかりまくってイライラが倍増しました。

あー修行が足りないわァ、君取☆
by kimmie-dolly | 2013-11-28 18:18 | ヲバサンの覚書d-f

ツキが出る方法

この秋、近所のホームセンターに行ってみたら多肉植物が大量に新入荷しておりました。多肉ねぇ・・・過去に買ってきたものの多くは生き残ってはいるけど、まだまだ生態がつかみきれていない君取。やはり土の要らないチランジアの方が魅力的かしら。冬なんかほとんど水をやらなくていいし。まぁ夏は少し忙しくなりますが。

と思い直しているところでも、もうチランジアは扱ってくれないようです。残念。。。

そこで買った多肉のロゲルシーは、夏の間に下の方の葉が黄色くなって落ちたりして大変でした。それ以外には特に変わってはいませんが、急にはたと気が付いたことがあります。

ロゲルシーはもしかしたら、冬型なのかもしれない・・・だとしたら極寒の我が家ではむしろ有利な環境になるのに、夏場にそのようなことが起こるのには何か理由があるに違いない。ああッ、、そうだ、黒い鉢に植えてしまったことではないか!

せっかくの寒さに強い種を冬場に暖めたってたいして意味などない。それどころか夏にバテさせるという逆効果を生んでしまっているッ。うわー何してるんだろ。しかも植え替えシーズンが終わりの頃に気付いてしまった。またこれでひと冬過ごさねばならん。

これに着目できたのは、どうにも調子の上がらない三日月ネックレスについて考えていたためであります。気温が高い季節になっても一向に生長が勢いづかず、初秋に鉢から抜いて株の様子を見ました。すると以前に植え替えた時にラッキョウのように大きくなっていた地下茎が、すっかり枯れてスカスカになっていたのです。

生長期にはそこそこ新芽を伸ばしていたものが、冬を越えたら弱ってしまう・・・それは寒さに負けてしまったからに他ならないのですが、黒い鉢の中で越冬していた時には根が育っていたわけだから、鉢の持つ保温性だけでそこまで差が出るという結論になります。

そうか、、、次回の植え替えにはぜひとも気を付けたい。我が寒冷地では三日月ネックレスには黒い鉢が最適なのだと。そして逆に、ロゲルシーには夏に快適になってもらうために別の鉢を。。

なんてことを思い浮かべてはみたのはつい最近のことで、まだ暑い時期から早く生き残っている三日月さんを救出せねばと意気込んでいた頃にはそこまでの考えは及ばず、応急処置的に空いていた鉢にさっさと移動させてしまいました。

もうけっこう瀕死な感じでして・・・
f0203870_177059.jpg

今までセンペルや熊童子が蒸れて痛い目に遭わされてきた鉢ではありますが、その原因を突き詰めてみるとこの鉢は、水持ちが良すぎる(つまり保水性が優れている?)からだと推測され、それだったら乾燥に弱い三日月さんにはいい結果をもたらすのでは、ととりあえずものは試しで入れてみました。

ずいぶんと葉っぱも減りましたが、その後少し新芽が伸びました。元より耐寒性が低い上に小さくなった株がこれから冬を乗り切れるかどうかは微妙です・・・。

これらの作業を終えてから黒い鉢の有効性を発見しましたので、もっと早く気付いていればなぁと恨めしくなりました。やっぱり多肉への愛が足りないのかも。
by kimmie-dolly | 2013-11-12 17:07 | ◆三日月ネックレス

秋色きみどり

サボテンと同じく育てる自信がどんどんなくなりそうな多肉植物とのお付き合いにおいて、一筋の希望を今シーズンに見せてくれたのが、ダイソー出身セネシオのヒマラヤさん。

初夏に昨年のダニ被害からの見事な復活を記事にしましたが、それからも生長がよくて嬉しい限りです。もうこんなことは滅多にないでしょう。これだから100均園芸でも侮れないのです。

特に素晴らしいのが、夏の終わりからのご様子。その色彩といったら・・・
f0203870_1884969.jpg

紫色に染まっている~☆

8月くらいから、なんか色が変わっているなーと感じつつ、まあ去年も少し紫がかっていたっけ、とあまり気に留めていませんでした。

その後9月から10月にかけて、このように美しい秋色を見せてくれましたよ。あぁー素晴らしすぎる。今年はついにダニを完全駆逐!一回もやられずに過ごせたヒマラヤさんがまぶしいッ。

葉っぱを近くで見ますと。
f0203870_1884097.jpg

ラインは黄緑色のままです。色付きながらも色の境目があるなんて斬新ではないかッ。

そして先端部分に残る黄緑が、日に照らされるとこうですよ↓
f0203870_1893247.jpg

ああまばゆいッッ、まぶし過ぎるわヒマラヤさん!

春と秋の生長期は新芽が続々、今もまだ動いておりますよ。色もまだまだ秋色です。というかこの秋色の期間がけっこう長くてそれも素敵。室内だから真夏でも日差しが強すぎないのが気に入ってくれているようです。たぶん外で育てるには直射日光は厳禁の、遮光が必要なタイプでしょう。なのでちょうどうまいこと今の環境に合ったのだわァ。ふふふ・・・。

でも新芽が出てはいるけど、今もう下の古い葉が落ちかけております。。去年ダニに食われていた辺りの葉です。あら早くも冬支度か・・・また冬は完全休眠で裸ん坊ですかね。

次の春はお初の植え替えシーズンになります。冬眠に入るのが早い分、目覚めも早い方だから頃合いを見計らってやらないと。

いつ頃から生長し始めるんだったかなー。すでに記憶が曖昧。冬期に葉っぱが無くなっていくのを見て、このまま終わってしまうのではと諦めかけていたのもあり、すごい勢いで巻き返すまであんまり注目していなかった。ぼんやりしまくってましたわ。

これから冬越し中に、ゆっくり去年と今年の記録を読み返すべしっと。
by kimmie-dolly | 2013-11-07 18:11 | ◆ヒマラヤ

シト倫理ン

魅惑の黄金色、透明感たっぷりの石、お次はこちらになりますが・・・
f0203870_1558636.jpg

これは、天然の発色だとして売られていたシトリンでございます。

最近よく見かけるようになりました、アフリカ圏のナチュラルシトリン。産地に挙げられているのは、コンゴ、ナイジェリア、ナミビアあたりでしょうか。

アフリカと聞くと、近年あの某大国が入って開発に勤しんでいるらしいので、一瞬よからぬ詮索(加工とか偽装とか)が頭をよぎってしまうのですが・・・加工物が多く出回るシトリンの中でも一応、未処理とされている品です。

アフリカには処理をするための施設がないとかで天然を証明しているサイトもありましたけど、原石を国外の工場に持ち込むという技もありますからねぇ・・・というか処理を内密に行う手法はそれが王道なのだろうし。

そのような慣習を一蹴し消費者の信頼を得るには、業者が直接仕入れたり管理を徹底させるしか方法はないようで。日本の業者が鉱山での採掘から研磨まで確認をとったとの記述が添えられていたりします。

まあ最終的には、、、運・・でしょうな。考えてみたら日本の業者だからといって全部が信用できるとも限らないではないですか、残念ながら。国内では人の目があるから悪さはしにくくても、海外が絡んでいることだし各々の倫理観によっては責任転嫁とかも可能なのですから。逆に外国でもまともで誠実な商売をしている業者もいるでしょうし。

とうの昔に閉山した乙女鉱山産の水晶、あれもややスモーキーだったりシトリンに似ていたりするビーズで、超希少でありながらけっこう長く次々と出回っていますねぇ。そんなにストックがあるとは・・・大丈夫なのだろうか、あれ。まさか盗○・・・いやそれも危惧しつつ、産地が違っても同じような水晶は必ずあるはずなので、現場の人しか確認がとれない以上は怪しさは消えなくても仕方ない。40%くらいは疑っておこうかね。

だから長い間、シトリンはどうしても購入意欲が湧かなかったです。しかしやっぱり好きな色味だったのでとりあえず未処理かどうかは抜きにして愛でております☆

シトリンの産地で定番のブラジル産でも、天然の色だと言って出回っているのが実は加工品だったりというのが(長らく?)あるそうです。アメジストの熱処理品の他に、放射線照射や加熱と放射線の合わせ技もあったりとか。やろうと思えばいくらでも出来るのではないですかね。

思うのだけど、放射線関係の施設というのも作るのにものすごい額や労力を必要とするわけですよね。別に天然石市場のためだけに設営するのではなさそうですが(工業的な目的か何か?)、せっかく作った施設だったらいつも使っていないともったいない気がする心理が働くのは必至です。工場のメンテナンス費もバカにならないのでしょう、きっと。

このシトリンはライトカラータイプのものです。こんがりした濃いシトリンはコーヒーみたいな発色ですけど、この薄い色は自分的に、和風のおダシに思えて仕方ないのですよ。テカテカ、キラキラしていてまさにアフリカの大地を想起させます。名前が表す柑橘の爽やかさとは少し一線を画しているかな。。でも何だかゆず風味の汁とかあんかけとか、ああもうそっち系にしか見えませんわ。
by kimmie-dolly | 2013-11-01 16:05 | 天然石