女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地球にはびこる妬みのウイルス

理論武装だって、一生懸命に話している人は物事の過程を重視する誠実な人ともとれるではないですか。自分の言葉について普段から練りに練って慎重に選ぼうとする姿勢は、変なアピールのために調和を乱してまで足手まといっぽく無駄に動き回る人よりよほど魅かれる人間性だと思うのですが。

やや近い話では、ニートに対する世間の認識もおかしいと思います。特に引きこもりを伴うものへの視線。ちょっと社会に顔を出さなくなっただけで彼らは、甘えだなんだと批判の的になりますが、甘えることに罪の意識を持っているから悩んでいるのであって、本当に世の中をなめているのなら臆することなく人前でヘラヘラしながら出歩くはずではないですか。

人がやりたがらない重要なことを意欲的にやった末に何かでつまずいて、世の中の厳しさを身を持って知ったからこそ怖いと感じて慎重になっているのに、それを甘えなどと言うのは本末転倒です。おそらく弱っている時こそ外に出させて本来の力を発揮できないようにして恥をかかせたいのでしょう。そうやって1人でも自ら脱落してくれればより楽に社会のポジションが得られると計算するのが、考えの甘い大多数の人々のやることですから。

とまぁ君取は働いていた時から、そういう無職の人たちのことは決して悪く思っていませんでした。社会の仕組みとして、全員が全員どこかに必ず属して絶え間なく働くなんていう機械的なことが、完璧に出来るものかね?と。でも自分はそうは(ニートやフリーターの方ね)なりたくないと心のどこかで決めていました。それが今現在、ニートでない君取もひとくくりにされて非常に心外なのですけどね。心外と思う時点で差別意識なのだろうか。どっちに対する意識なのか?・・・人の痛みをわからない方に、だろうなぁ。

雪がたくさん降ると、雪かき、大変ですよねー。この雪かきの場面になる度に、くだらないやりとりが毎回のように見られるのですよ。小道に入ったところの住宅街では、通りに近い入口付近の家の住人が車で出るにあたって必要に迫られて、自分の土地でない小道の雪かきをします。すると一番奥の家の住人は、自分の家の手前の道の雪を処理するだけで、人がかいた後の小道を車で駆け抜けていくのです。「おッ、サンキュー」と。

そしてその住人に、通行できる状態に雪をかいた人は「何だあの横着な態度は・・・」という不満を毎度吐いていく。本人にではなく、聞かされるのは車も持っていない君取とかだったりするわけです。雪かきを率先してやったのだったら気持ちよく通してやればいいのに。もしかして、体を張った分だけ自分に服従してほしいとか願っているのではなかろうね?

奥の家の住人は高学歴で地位のある人だから、結局はそこへの不満を雪かきで表したいだけなんだろうねぇ。頭が使える人は体を動かす仕事はしなくても、人がやっていない他の重要な仕事をしていると考えれば特段腹は立ちません。そこを腹立たしく思うからこそ、奥に家を建てることができなかったのでしょう。家を建てたのは先で選ぶ権利はあったのに、そうしなかったのは考えが浅かったからに他ならない。近所なのだから、「一緒に雪かきしましょう」とか誘えばいいのに。男ってのはそういうのが出来ないんだわァ。

体を動かす仕事が一番偉いかのように言う人ってよくいますけど、何十年も社会人をやっていてまだそんなことを信じているのか?と言いたい。肉体的に奉仕し動いた労働の分だけ給与がもらえるのだったら、世の中で最も讃えられ恩恵を受けるのは農業従事者とかになるはずですが、反して全くいい待遇ではないこの現実はどう説明する気なのか。

しかも口でだけ農民を褒め称えておいて、自分はその仕事を本格的にやろうとは微塵も思っていない、その腹黒い精神。しょせんは不満を抱かせる人と同じ生活がしたいのになれないことへの妬みのようなもの。金持ちに憧れつつ金持ちを悪く言う卑しさの増幅。

皆がそうやって、おいしい(とされる)席を一斉に目指せば、余計にあぶれる人間が増えていくだけ。しかも頭も性格も悪くて体力のあるタチの悪い連中が浸食していくほど、頭も性格もいい能力者が隅に追いやられて社会が傾いていく原因になります。すごい高学歴の人がニートにさせられているのは実に損害であります。

小学生の頃とか、人のズルしている部分のつつき合いみたいなことをよくしましたね。掃除の時間に、こっちはこんなに広いスペースを掃除したのにアイツはこれだけしかしていないとか、人にやらせて遊んでいるだとか。大人になったら、いい加減そんな幼稚な諍いはやめにして、悪質な、意図的に怠けた人や仕事したふりをして人に押し付ける常習犯だけ見つけられるよう、もっと頭を使い知恵を出したらいいではないですか。

小さいことにこだわっていると、嫌な気分にばかり遭遇することにもなるし。だいたいさぁ、我々一般人というのは月に20万程度の給料を稼ぐのにやっとの思いで、何とか暮らしを維持するためにいっぱいいっぱいなのだけど、個人にはそれが死活問題であっても、こんなの社会全体の中では微粒子ほどの出来事なのですよ。

毎日小さなことでどうしようかと一喜一憂している間に、先物取引だとかごく一部の偉い人同士のネットワーク内での話し合いだとか、あるいはいかがわしい業界だとかの裏経済みたいなものに大金が集中していて、ほとんどその辺でのやりとりで世の中の動向が決まってしまうわけですよ。

だからもう、小さなつつき合いで人を傷付けるなんて最もバカらしいのだッ!もっと身近な人間に配慮する社会にならねばダメだッ。頭が悪ければ人を傷付けてもいいなんて理屈は通さないぞ。ズルしたり画策したりするのって、わりと学歴や職歴や知識の量とは関係ないんだからねッ!

正しい理論を正しく使える人が最強なんだからねッ!
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-02-25 16:28 | ヲバサンの覚書a-c

アセンションは自国流に

ブルース・リーの有名な台詞に、「Don't think,don't feel」(←間違ってアップしちゃった。。死の宣告ですね、これは。訂正→)「Don't think,feel」とかいうのがありますね。「考えるな、感じろ」だって。頭でっかちになりがちな現代人には神々しい言葉のように扱われ、いかにも飛び付きやすいといえるでしょう。

しかもこれを人に使えば、人生の教訓を与えたかのようにいい助言をした気になれるし、自分に使って言い聞かせれば、「もう自分は充分に考える能力を持っていて頭を稼働し尽くした」と知能が高いという妄想の人格になり切ることもできる。自分をいかにも知識人ぶって「あとは失った本能を呼び覚ますだけ!」と一段高い上から存在を示したがるかと思えば、引きずりおろしたい知能の高さを持つ人にはその考える能力を小バカにして手放すように仕向ける。これ、悪意の塊。マウンティング行為。

そもそも日本人なんてのは、人に対しては感覚を異常にすり減らすほど酷使しまくっているのです。つまり「考えすぎ」よりも「感じすぎ」の方が何倍もある現象といえます。そこに「考えるな、感じろ」などと追い打ちをかけたら、もう傷付け合いが発生するだけです。

日本人には考える力が足りなすぎだと思います。おそらく欧米人などが普通に発している断りの文言だったり他者にぶつけている必要な感情表現を、なぜか先回りしてねじれた察し方をすることによって抑え付けるのが日本人ではないかと思われます。ちょっと論理的に話す人を嫌味だと言ったり、行動の仕方がわからない人が言葉から入ろうとするのを煙たがったり。

アジアの小国がここまで経済発展するには、考える前にまず行動!みたいなことをしないと無理なのはわかりますが、虚勢を張った小型犬のようにオドオドと周りを見渡し、波に遅れてしまうからと常に急かされる国民性だと結局、害のない身近な人間まで最初から疑ってかかったり悪に仕立て上げたりして不幸な気分になります。

もちろん外国人にも論理的でない人や雰囲気にのまれやすい人だとかもいるでしょうが、きっと幼少の時からもっと考える能力について鍛えざるを得ない環境に置かれているのだと推察します。だから「考えるな、感じろ」というのは、そんな理論武装に慣れた外国人に適した言葉であって、日本人には全く逆の発想をした方が将来のためだと思うのですよ。

だってもう既に原発事故で失敗しているわけだし。たとえばあれが世界で初めての事故だったのなら避けられない局面も多少はあったけれど、なぜもっと慎重にしなかったのかは疑問が残ります。ちなみに原発がここまで増えたのはここ10年くらいだから、日本の経済発展はほとんど火力で成し遂げたのは明らかでしょう。そこには戻れないとしても、なぜ産業に影響するまで依存状態となったのか・・・見切り発車は怖い。

ともかく、適切に前に出ようとする人を出しゃばり扱いしたり、空気を読まずに自分の感じた違和感を率直に反論にする人を集団の圧で潰しにかかるとかいうのは、垢抜けしないただの凝り固まった思考でしかありません。何か結果を残した人の言うことにはよく考えもせずに妄信し、まだ結果待ちの人には何の発言権も与えられないのでは、真の洞察力が磨かれないというものです。

現に、優秀な技術者が海外に流れるといった動きが加速しています。それだけこの国は、優秀な人材が住みにくくなってしまったのでしょう。物事を簡単に実行することに重きを置いてしまったあまり、そのプロセスにある原理を知ることを省いてしまうのですから、理論を語らずしてやり方ばかりが情報として流れるわけです。理論の方を大事にすれば、やり方が自然と導かれるのに・・とも思うのですが。

みんな、自分の手がいかに役立ったかという主人公になりたいのですね。一歩間違えば実行犯にされかねないけど、そこはうまく誰かになすりつけるんだろうなぁ。。理論を知らないので、「知りませんでした」とか言って何でもかんでも逃れられるという手か・・・。

君取は日本人だから日本も日本人も好きだけど、もし外国人だったら日本人のことをあまり好きではないかもしれません。だって、よくわからない小国がいきなりオリンピックやら世界の場で頭角を現してきて、なんだこいつらって思うでしょう、普通に。

日本の近代文明はしょせん、欧米から持ち帰ったものがほどんどみたいです。しかしもし自分が欧米人だったら、自国の進んだ部分の情報をあまり教えたくないんですけど・・・。いくら信用できてもそこはタダで与える一方には出来ない。

だからまぁ、文明国でも遅れている分野がきっとまだ山積みなんだろうなぁ。でも逐一その度に必死に追い付こうとするのも疲れるでしょうに。犬が遊ばれてるかのよう。。

いいとこどりにもやはり、理論展開が重要だ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-02-22 17:11 | ヲバサンの覚書a-c

はげ山の息吹によせて

チランジア以上に冬場に手がかからない植物、それがサボテン。何といっても何か月も水を切って放置するのみという、この究極の付き合い方―――。

沈黙のこの冬期、暇だわァ、ヒ・マ☆植え替えまでじっと待つしかない。せめて意思の疎通ができる手段でもあればいいのになァー。

動きがゆっくり過ぎるからもっと仲間を増やそうとかも考えてしまう。花が咲くのなんて何年後かわかったものでないにもかかわらず。。そういうわけで去年のうちにやって来た子。
f0203870_18221946.jpg

マミラリア・・・ダイソーで、昨年の残暑の頃に見つけました。

ご覧の通り、刺は抜けたところが多く、ちょっと弱っているかなぁという株です。でも自分の中でここ数年ではあまり見かけない種類のようだったので、また一期一会の部類かしらと思い切って連れ帰り。土の植え替えにはちょうど適した時期だったし、何とか復活させようかと。

すると植え替え直後には、新しい刺が生えてきました!
f0203870_18224552.jpg

抜けた部分は仕方ないにしても、成長点が無事でありさえすれば・・・に賭けるのだ。

そしてこのマミちゃんの種類なのだけど・・・もう特定は面倒な作業でしかないっていう。形としてはピコってやつに似ている気もします。長くて柔らかいトゲ、まだ子供だからピーンと伸びた感じにはならないということか。おそらくイボの一個一個ももうちょっと締まればそれっぽくなるのではと推測。水分が多くて膨れすぎではないかなぁ。刺が落ちるのもそこに起因していそうです。

マミちゃんはノトカクタスとは適温の範囲が全然違って、寒さの方に多少の強さがあるみたいですよ。過去、夏に腐らせた株と現在進行形の金手毬との経過観察から、傾向が少し読めるようになりました。だから春に動き出すのも早いんだなぁ。まあそれでも4月まで待つのだけど。冬越し中の今は、根元の色が若干こんなんなってますが↓↓
f0203870_1823447.jpg

赤紫・・・正常なのかどうかはまだ判別しがたい。柔らかいような感触もあるけど、株そのものが全体的にあまり硬くないから変色部の弾力感がどうなのかは知る由もなく。またまた春到来まで見守るのみか・・・。

買って半年近くになりますが、やっぱり始動はゆっくりだね、、、サボテンだもの。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-02-17 18:35 | ◆マミラリア

寝付きがいい子

昨年春にダイソーからお連れしたセネシオ、ヒマラヤと思われる多肉さんについて。。

三日月ネックレスで一苦労あったセネシオの冬越しでありますが、こちらも未知の世界であるためとりあえずは完全に水を切って様子見しているところです。

その冬越し真っ最中のお姿、、、お恥ずかしいながらこのように・・・
f0203870_180374.jpg

葉っぱ、枯れまくり中。。。

これ・・・春になったら芽吹いてくるのでしょうか?かなり心配です。ここまで減るかぁ・・・。何これやっぱり温度の問題か?寒さには弱そうな感じだし。

それというのも、気温が下がってからのこの方は、水を全く吸っていないというのは早々に確定しましたから。12月の中頃だったか、サボテン類や他の多肉たちがそろそろ最後の水やりだな~という時に、こちらさんは判断を迷う暇もなくすぐに眠りに入ったのが確認できたのです。

それまでは生長が著しく、水をあげた後の水の減りが速くてすぐに鉢が軽くなるので普通に水をやっていたのですが、ある時からバッタリと吸水をやめたのがわかりました。数日経っても鉢が重いままで、「おっ、寝た!」という瞬間がつかめましたよ。

しかも葉っぱのしなやかさがなくなって、カチカチに硬くなっているではありませんか。周囲の鉢物を移動する際にうっかり葉に触れたら、弾力が失われた葉がポッキリと折れることも数回・・・。その時に折れた葉を断面から見たら、中の水分が完全に飛んでいました。これが休眠中の内部か・・・とひとつお勉強。

吸水をやめたからには、もう春まで水は要らないと即断。完全断水かぁ~楽チンじゃーん。とそれ以降はただただ見守っていたのだけど、気付けば成長点の近くまで葉っぱが続々と枯れていく日々なのです。。

もう・・・何もやりようがないんですけど・・・。同じセネシオの三日月ネックレスは枯れた節々から新芽が出たりもするから、こちらさんもその方向で期待するしかないようです。もう一度あのタコ足っぷりを見たいッ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-02-12 18:03 | ◆ヒマラヤ

新・銀幕の優等生

こちらも1年近く記事にしていなかったか・・・。2011年の初夏からの付き合い、ダイソー産のベリッキアーナさんでございます。。

前回の時も旺盛に育っていると書きましたが、その後も順調に葉を増やしてきました☆去年の生長期には、見た目まで見違えるように美しさが際立ってまいりました!
f0203870_17174256.jpg

こちらが昨年の夏のご様子。この頃から急に、成長点の白さが目立ち始めました。

その成長点はというと・・・
f0203870_1718217.jpg

まさに鱗片という名にふさわしい、少々硬めのウロコ状・・・。

さらに寄ってみますと。
f0203870_17182585.jpg

おおお・・・!氷山を思わせるこの凛としたトリコーム。イオナンタと近い感じだけどもっと厳かで、1個1個が立っているような整列の仕方。低温に強いだけあって頼もしささえ表れているかのよう。

最初の頃は薄緑色の株だったのが、こんなに銀色をまとうようになっていて感激です。今さら去年の夏の写真を載せたのは、それ以降さほど変化がないからです。。。もう半年前になりますか。

2011年は秋に発根、さっそく環境に慣れてくれて反応が早かったですね。そして2012年は夏と秋に発根して、けっこう長く根を伸ばしました。暑すぎるのは嫌がるとか気難しいとか聞いていたわりに、我が家では夏は難なくクリア。夏の直射で危ない場面があったコルビーやイオナンタのすぐお隣にいながら、全く動じず淡々と生長を続けています。

もしや、実は君取の管理下において一番育てやすいのはベリッキアーナだったか―――。意外すぎる。これまではコルビーがダントツで適応しやすい環境かと思っていたけど、真夏に二度も危険な目に遭わせたりしたし、勝手に健康優良児だとか言ってごめんね。

ベリッキアーナが来てからは冬の水やりも少量にする習慣がついて、葉をあまり傷めることなくここまで来られたのが幸いな点です。こうやって過去に学んだ教訓を活かしていかないと。

近いうちにこのお方のお花も、生で拝める時が来るといいなぁ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2013-02-01 17:23 | ◆ベリッキアーナ