女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やはらか最盛期にズームイン

君取の、チランジアへの水やりは2日置きの霧吹き。それを今までは、季節を問わず実行していました。しかし如何せん真冬にまでそれを貫くのは行き過ぎかなぁと、今季は一日延ばしています。

するとどうなったかというと・・・全く問題なし、なのです。乾燥には本当に強い。結露のひどい窓辺にいらっしゃるから、その湿度だけでも充分なのかもしれない。下手すると1週間放置しても大丈夫そうだ。

そして水量も、低温でもすぐ乾くようにかなり減らしています。チラと出会ってからもう7年くらい経って、今さら適切な水やりの仕方をつかんだ気がします・・・遅っ!

その成果か否か、生長著しいマグヌシアーナ。新芽はといいますと、、、
f0203870_16104418.jpg

ぎっしり~☆イソギンチャクっぽいわァ。

マグヌシアーナ、寒さには強いとは聞いていましたが、もしや一番育つ時期は冬なのではと思い始めたところです。これからどのくらい葉が増えるのかしら。

しかも!過去に我が家では見られなかった現象まで・・・
f0203870_1611935.jpg

根が・・・しかも2本も!真冬ですけどォ。

これ、年間のうちで一番寒い1月下旬になってからの発根です。いや~信じられん。室内とはいえ気温は近頃ずっと10℃以下で、こんなに元気なのかい。

ある程度まで育った状態で、元々元気なのを連れてきたからよかったのかもしれないな。うん、やっぱり株選びは大事だ。あ、ちなみに真ん中の乾いた根っこも、去年の春に我が家で生えた根ですよ。

ご機嫌そうだし、もっさもっさに育ってくれるかな☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-27 16:20 | ◆マグヌシアーナ

ふかふかウニウニ

新雪を目にすることが多くなって、何となく似ているかなぁというのが、

このフカフカ加減なのだッ↓
f0203870_122165.jpg

トリコーム・・・ああ緑を覆う柔らかな薄化粧・・・。

このチランジアさんはといえば・・・
f0203870_1222037.jpg

マグヌシアーナさんであります☆

冬になってから急に活気づいてきて、目を見張るご生長ぶりなのです。ますます可愛いッッ!ウチにいるチラの中では最高級の手触り・・・❤

あああワタクシ仮に来世で虫に生まれるようなことがあっても、絶対にマグヌシさんを探す旅に出るわ。世界の果てまで追いかけて、そのモフモフの中に潜り込むためだけに探し当ててみせるわ!

寒いせいかお水もそんなに欲しがらないマグヌシアーナさん、てことは・・・しばらく続いた乾燥地獄でも全く問題なし、それどころかほとんど水いらないんじゃないか?それでいて放射状に葉を伸ばすのもイケる、いい子だッ。

トリコームにすごく水がなじんで、ちょっと霧吹きするだけでびしょびしょになるから水やりも手早く済むっていう、何とも手のかからない・・・でも春~秋はそこそこ多めに水を与えていたのに全く動きがなかったんですけど。。。

このトリコームも、最初は汚れ?なのか黒っぽかった気がするのですが、気付けば白くてフカフカになっていました。ウニ型でもこのトリコームを見れば、フックシーとは全然違うな・・・。

フックシーはいつになったら葉が増えるんだろうか。変化が乏しすぎて、とり上げるネタが一向にないってのも珍しいな。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-26 12:08 | ◆マグヌシアーナ

四者四様の2代目

さあさあ、我が家にて2年目・2代目の開花期となったストリクタさんの続報。

冬到来による気温の低下で、年末年始は親株と同様に苞が完成したまま進展がないお姿で待機されてました。準備万端ながらブレーキ!です。

そして正月気分も抜けようかという頃に。
f0203870_11313465.jpg

ちょっとずつつぼみが前進。

この辺りから親株と日時が一致し始めました。さすがクローン・・・。でもつぼみの出方まで一緒ではないか。この展開は何だか怪しい。せっかくここまで均整のとれた形を実現したのに、もうちょっと待てないものかいッ。

ソフトさんのつぼみの数は、7個。このくらいの数までは数えられます。ハードさんのちょうど半分で、7の倍数が揃いました。ああこれはまさにEXILE編成!7人体制の時はひとりひとりを何とか記憶できるが、倍である現メンバーになるとステージのどこに焦点を合わすべきかと視覚が散漫になってしまう現象のようだ。たまに初期メンバーのみで歌を披露すると、適正な数に思えて妙にすっきりした気分になるわァ。引いた距離から全体の調和を観るのがいいということかしら。

ま、それはさておき。真向かいの子株第2号はというと。↓
f0203870_113225.jpg

こちらは中心部が紅葉しております。

そして幼子の3号・4号は相変わらず育つのが遅く、2センチ以下のまま・・・。それでも3号の方が若干、育ち始めている気配あり。

それぞれマイペースな2代目一門であります。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-23 11:37 | ◆ストリクタ・ソフトリーフ

ピンクMAX☆ソフト2代目

初冬にはがぜん元気に開花準備に入るストリクタ・ソフトさん、前年の親と同じく慌ただしく花芽の生長をしました。それでは2011年12月の巻を。。

・・・というか、12月の1日にはもう色がかなり濃くなって、
f0203870_15541069.jpg

立派に美しきディープピンクの発色がッ。

去年の親株よりややハイペースです。記録では、親株は12月に入った頃はまだいちごみるく段階で、この状態になったのは12月の半ばでしたから。まあほんのちょっとのズレですけど。今季は本格的な冬になるまでかなり温暖だったのが影響したのでしょう。

そのせいか、苞の形も心なしか・・・
f0203870_15543713.jpg

ものすごく整っている・・・!

これは同じく12月1日の写真。何という美しさなのだろう、言葉では言い表せず・・・。つぼみもキレイに整列・格納されています☆

去年の同時期とは一味違いまっせ。それに下の兄弟をたくさん抱えている点でも体力面で負担がだいぶかかるだろうに、頑張り屋さん。そうか、親株は育て始めて半年程度での花期だったから環境に慣れ切っていなかったのかも。改めて、チランジアって数年単位で見積もらないといけないものだと気付く・・・。

さあ、ここからが例のごとく?の長丁場です。このままひと月は軽~く越えて、年越し完了。というわけで次はもう新春以降の、『開花待ち遠し物語』となります。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-19 16:06 | ◆ストリクタ・ソフトリーフ

仔もいっちょまえ

気付けば、2012年になってからもう半月が経ってしまった・・・。体の調子がいまいちだと何だかよくわからないまま時が過ぎていきますな。

年越しといえば我が家の優等生チラ、ストリクタ・ソフトさんでございますが。前回記事では11月の初めの方まで書きました。

あの花芽づいた子株1号さんは予想通り、親譲りのスローペースでピンク色の年越しをいたしました。

こちら、11月の中頃のご様子。
f0203870_15334772.jpg

いちごみるく系ピンク期の到来。

いやぁ、ちょいと前にハードさんのでかピンクを見た後ではありますが、こっちも全く見劣りしないわァ。小さくともまた違った可愛さがたまらんわ。

この時期はまだ光に透かして楽しむ段階ではなく、このプリッとした質感と染まり始めをほのぼのした気持ちで眺めるのが君取流なのだ。

そして1週間ほどすると。
f0203870_15341612.jpg

透け感が出てきたので、太陽光にかざすッッ。んーよいではないか。これ、このサイズ・この幅だから色っぽく写せるんだなー。ここはハードさんにはない部分かも。若干シュッとしてるのが乙ですわ。ピンクでもシャープだと陰影が醸し出される。

この頃は急速に秋に向かう時で、数日単位で動きがあるようでした。やっぱり寒さを感知して花期へと移行するのでしょう。次回は12月のお姿をば・・・。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-18 15:37 | ◆ストリクタ・ソフトリーフ

福毛とはいかに

医学ってのは、命に関わるとか日常生活に差し支えるとかいう風に差し迫った事情がない限り、研究がおざなりになりますよね・・・。

しゃっくりの原因は未だ特定できておらず、長年とりあえずの有力説にとどまっているし、乱視の原理も実は同じくらしいし、白髪を黒髪にして生えさせる画期的な技術だってありゃしない。

てぇなわけで、調べはしたもののわからずじまいなことがまたひとつありました。それはいわゆる「福毛」と呼ばれるこの・・・謎のお毛毛であります。
f0203870_1681254.jpg

これはワタクシの腕から出たものでありまして。。

それが毎年、夏になると決まって同じところから出現する一本であります。今季は、一体いつごろまで残っているのか、どのタイミングで抜けるのかをじっくりと観察しておりました。

すると、生えたのは8月であり、即座に3センチくらいまで伸びた後にそのまま経過、10月の途中くらいになくなっていました。まあ要するに・・気温が高い時期の風物詩といったところか。

昔、ひと夏の同時期に4本も確認できた年がありました。その時はこの手首に近いいつもの場所ではなく、左の二の腕の内側と右腕のヒジ付近の外側、左の太もも・・と筋肉質の部分に目立ちました。そして極めつきはおでこ。どれもかなり長さがあり、抜けるまでの時間も長かったです。そして金色がかった白い毛でした。

後から振り返ってみるとその年の後半は、秋に軽くない風邪を引いて喉がたいそう痛く、随分と治りが悪かったような。そして翌年は春から就職活動を開始したものの一向に手ごたえがつかめず、さんざんな有様で明らかに運気が低迷しているのが嫌でも肌に染みました。その春には再び高熱が出るような風邪を発症・・・。

・・って、これって福毛でなくむしろ逆の兆しを示しているんじゃ・・・?もちろんこれは何年も経ってからふと気付いたことなのですけども。

なんで急にこんなことを言い始めたかというと、先月に久々に見つけたのですわ。左目の下に、くるんとカールしたやや太めの、サボテンの刺みたいな感触の白い毛が一本。世間的に福毛と呼ばれているので何の疑いもなく、あら生えてるぅーとちょっとウキウキしていました。

そしたら年明け早々、風邪ですよ。ま、別に因果関係はほとんどないでしょうが、妙にタイムリーではないですか。その毛は顔にあったものですから、よく洗っているのもあって早い段階で抜けたようです。また何でだかわからないけど、生えるのは体の左側が多いなぁ。

夏に多く散見されることを踏まえると、新陳代謝がいい時に出やすいのは間違いないでしょう。となると、つまりは細胞の活動が活発になっている一方で、気力の方がついていけてないということかなぁ。その辺のアンバランスの産物なのかね、福毛さん。

あ、そうか、それで「抜けた時に幸運が・・・」みたいな発想になるのか。生えることでなく抜けるのが重要なのか!普通の毛の更新は目に見えないけど、こんな目立つ長い白髪だったら気になって見ちゃうし。やはり一種の暗示か?じゃあ生えている期間は喜んでる場合じゃないのかッ。

病気になる手前に、手の指の股に変なホクロが出たこともあった。今はもうだいぶ薄くなってきたから、こういうのも警告かも。

んー、髪以外に金髪が生えてきたら吉兆かと浮かれたくなるけどねぇ。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-15 16:15 | ヲバサンの覚書g-i

思ひ出のヲジサンが

色素が抜ける現象について考えていたら、思い出したことがあった・・・。

小学生の頃だったと思いますが、地元のショッピングセンターにて、変わった人を見かけたのです。何が変わっているかというと、見た目です。小学生から見ておじさんっぽかったけど、30代から40くらいだったかな。

最初は外国人かと思ったのですがどうも違う。しかも聞こえてくる会話は普通の日本語で、ごく普通のことを隣の人としゃべっている。その頃はすでにテレビなどで外国人は色々目にしていて、生でもアメリカ人やイタリア人を確認済みの自分の知識の中にはどうしても当てはまらない存在でした。

あれは今思えば、“アルビノ”ってやつでは・・・。というのも、ごく最近にその存在を知ったので。このブログを始めた頃あたりだったかしら、チランジアの調べ物をしていて、白花のアルビノについて検索していたら、人間にもアルビノがあると知ったのでした。

しかしあの見た目は本当に不思議な感じだったなぁ。別に障害者ではないから一般的な生活を送っているんだろうけど、紫外線に弱いとしたら、外に出る機会はやや少ないのかもしれない。だとすると、昔から外出が多くない君取が出会う確率はけっこう低いはずで、貴重だったんだなー。

あー、イオナンタの白花も欲しいわァ。この冬にちゃんとした管理が出来たなら購入も視野に入れたい・・・でもなぜに値段があんなに高いのか。数が少ないっていうのはその辺が厄介だッ。

聞けば、トリコロールやマグヌシアーナでも白花がたまにあるみたいです。自然界にはほとんどないのか、その分手間をかけて栽培しているから高くなるということなのか・・・。

花びらがある白花だと冷静に見ることができるけど、チラ特有の筒状花が白いとどうしてこんなに興奮するのだろうか―――。自分の思考回路というか趣向がよくわからん。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-13 15:03 | ヲバサンの覚書m-o

悩みの種に白黒つけたい

白髪が増えちゃってさ・・・。
f0203870_1820398.jpg

髪がある程度長い時に、たまに抜いている君取であります。。。

でもこんな風に長いのが目立っているうちはまだいいのよ。その長さになるまで気付かなかったわけだから。黒髪が圧倒的に優位な数を誇っているということです。

こーんな短めのを抜き始めるようになったら・・・
f0203870_18205389.jpg

抜けた痕から生えてくるのが最初から白髪、ということになり・・・

・・こうして徐々に白髪に浸食されていくのですな。はぁ~、そういえば幼稚園児の頃に、母親の白髪をよく抜いたもんだ。私が幼稚園の時は母は30代の後半くらいか・・・まあそんなもんですわ。人はその辺りから老いが急激に進むのかしら。現代ではまだまだヒヨッコ扱いの年頃じゃないか?

君取の白髪との出会いはわりと早く、自分で鏡で確認できる範囲だけでも20代の前半にはもう目に付いていたという・・・。食生活なんだか生活習慣なんだか、でも確か小学生の頃とかに白髪だらけの同級生がいたなぁ。髪の短い男子児童なんかは白髪が目立ちやすかった。

何にせよ、劣化したり何かが起こったりすると色素が抜けて白くなるのが生き物なんでしょうな。日本人は黒髪だから白が混じると特に目立って、損な気がしないでもない。

生まれてから一度も髪を染めたことがないのだ、君取は。。あまり白黒まだらになると美しさが損なわれるからヤダわァ。いっそのこと一気に白くなればいいのに。

そうすれば絵の具感覚で、自分の好きなカラーリングが楽しめるのになぁ。根元を染めようとかするから体に有害なイメージが湧くんだもんなぁ。

白髪対策って・・・何か奇抜な案がないものかね?
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-11 18:25 | ヲバサンの覚書m-o

ヴィクトリー宣言だッ

何だか毎日寒いわァー、君取は寒さには強い方なのだけど。別に異常に冷え込んでいるわけではないらしいってのに。。

最近とみに寒さが身に沁みるので、いよいよ老化かと思ってしまいました。ちょっと前までわりと耐えられたのを考えると、実は寒さに強くなかったのかしらと感じ始める始末・・・もしやここ数年は体調が不調だったのが原因で寒さを正常に感知できない体になっていただけだったのか。そしてそれが元に戻ったということなのでは・・・。

女性は更年期になると上せたり火照ったりするっていうし・・・まあ君取はそれではないけど体調不良歴が長いしな~。やっぱり寒さにも強くないのかしらん。

とそんな年末年始でありましたが、年始早々に風邪の症状が出ました。あら、悪寒はこれのせいだったのかも。どうやら初詣で人混みから菌を拾ってきたもよう。・・・去年の後半から菌への耐性が弱まってるな、自分。

元々自宅療養者だから体力が落ちているのは仕方ないとしても、ほとんど外に出ていないわりには感染率が高いではないかッ。それも去年から今年にかけての短い期間にだけ。これは震災疲れなんだろうかねぇ。

でも今回は熱もあまり出ないし食欲は落ちていないからよしとしておくか。前々から咳が続く身だったので、流行りのマイコプラズマの可能性も捨てきれないと心配もあったけど、そういえば今は咳も止まっている。それが不思議。代わりに鼻の症状がひどいんだなー。もう何でもいいわァ。病院にだけは行かないように悪化を防ぐべし。だって病院も遠いし、行くだけでまた体力使いそうだ。

今年の初詣では、神社の手前で派手に転びましたよ。そして膝を強打。年明けから大きなアザをこさえてしまいました。ふん、いいんだ、君取にとっては転ぶことは吉兆の出来事なんだもん。

ダイソーに向かいながら派手に転んだ日に、たいそう素敵なストリクタ(チランジア)を見つけた事実があるんだもん。今だってソフトさんが咲きそうなんだもん。
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-10 17:00 | ヲバサンの覚書t-v

覚醒?の小紅

夏に調子を崩し、葉が大幅に減ってしまった我が家のコルビーさん。12月からは元気に紅葉を始めたと前回の記事に載せたところであります。

毎年コルビーさんも紅葉はしていましたが、特に見映えがするわけでもなかったので、あまり写真に撮っていませんでしたね。以前は古株の方の縦長コルビーさんの紅葉を記事にしましたっけ。

だけど今年のコルビーさんはどうも様子が違う。寒さが増してきた昨今、、
f0203870_16115083.jpg

おお!何だかいつになく染まっているではないかッ。

裏返してみても・・・
f0203870_1612974.jpg

おおお!全面が赤い!

例年と大きく異なる点といえば。
f0203870_16123339.jpg

こんな風に根元まで色付いていることです。さらには
f0203870_16125676.jpg

葉の裏側というか、中まで赤い。これねぇ、日当たりを良くしているよそ様ではごくありふれた光景かもしれないけれど、ウチでは今までそうそうなかったのですよ。

だって真冬はずっと室内だし(というかこの子は外に出したことないし)、どのチランジアも葉先やら中心付近やらのどっちかのみの紅葉にとどまっていました。この2代目コルビーさんは独立してから2度目の冬を迎えたのですが、去年は先代同様に数枚の葉が赤くなっただけ。親株とくっついていた2度の冬(2007~2009)とも全く同じ色付き方だったのです。

何なんだろうねこれは・・・それとも例年は気付かなかっただけで、真ん中付近の葉はいつもこんなに濃く染まっていたのだろうか。。たまたま成長点むきだしになってお目にかかれたのかな。確かに小さくなると日の当たる面積が大きくなるけど・・・。

しかしこんなに葉っぱが減ったのに生き生きしちゃってるわァ。本来ならもう開花のサイズに達していると思われます。あのアクシデントさえなければねぇ・・・。

もう一方のコルビーさんはいつも通りの紅葉、もう何回目になるんだろう、、2006年からだから、えーと5回目?いや6回か、わー長ぇ!いつまで咲かずにそれを続けるつもりなんだッ!

でも春以降の君らにも、ほんのり期待しているぞッ☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2012-01-05 16:26 | ◆コルビー