女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

二手に分かれよう

3月に買ったダイソーチランジアの5品目・・・は、

あちこちで話題騒然のテクトラム(T.tectorum)さんでございます。

袋には2株入っていましたよ。おッ、これはお得感があるわァ。と嬉しくなりました。いくつか店頭にあったけど、噂どおりどれもボロボロというか、変わった見た目・・・本当に全部、同じようなフォームなんだねぇ。

それではひとつずつ確認。

一応個体別に分けて考えて、1号。↓
f0203870_1553964.jpg

株は2個で形成されています。

続いて2号。↓
f0203870_15532514.jpg

ほとんど1号と形は一緒、でもこちらは2個の株の間にもう1個顔をのぞかせていて、計3個の株からなっている群生。これで両者の識別は簡単に出来るようになりました。

前にホームセンターで見たことのある大きくてふわふわなテクトラムさんとは全く趣が違うタイプのようです。とにかくダイソーのテクトラムは群生していくらしいですね。

どっちも元株?の部分は錆びついたように古めかしい姿をしていて、そこから子株なんだか脇芽なんだかわからないけど、ポコポコ殖えていく様子。一体どうなんでいるんだこりゃ。

テクトラムの変種として、スモールタイプだとか茎が伸びていくタイプもあるみたいですが、これは・・・。根元のあたりを見ると、伸びていくような形にも見えなくもないかな。それにしても何で新しく出ている葉と、古い葉とがこんなに鮮度が明瞭に分かれているのか不思議です。

テクトラムさんはトリコームが多めで、置き場所の周辺にもポロポロ落ちやすいんだねぇ。はげやすそうだから気を付けないと。・・・これだけのトリコームがあるってことは、直射日光大好き組に入れるね?

そうなったら片方は生育期の間、外に出そうではないかッ。せっかく2株あるのだし、この際室内と外とで差が出るのかどうかも調べようー!

小さいから場所も取らなくていいわァ。あとは生育の速さを少々期待しつつ、見守っていこうではないかッ。室内係も日当たりをよくしないとね~☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-28 15:59 | ◆テクトラム

正体不明のツボ

さぁ~ダイソーチランジア、君取にはやや不安材料の・・・

こやつも思い切って買ってきましたよ~
f0203870_15155924.jpg

キタっ、つぼ型!

それもあまり興味がなかったから、事前情報もなしに!!

またあの冬場の恐怖が再現されるのかしら。。。いやッ、これは挑戦なのだ。ブルボーサは完全にアウトだと気付いたけど、他のものにはまだ望みがあるのだッ。

こちらは袋に、ベイレイと書かれたシールが後から貼られていたもの。ふーん、なんか葉が少ないけど・・・?まだ小さいのかな。と思ったら、もうひとつ店頭にあったベイレイは、袋の中でトグロのようにグルグル畳まれてやっと収まっているほど長かったです。この違いは一体・・・。

てことはこの小さいサイズもそこまで伸びるのかなぁ、と想像しながらも一応こっちを選びました。これから育つのか、それとも個体差でこの大きさなのかはこれからの重要な着眼点です。

そして家に着いてからネットで情報収集。すると・・・ちょいとややこしいツボさんなのですね。というのも一般的に出回っているベイレイ(T.baileyi)という品種は、実際にはほとんどプセウドベイレイ(T.pseudobaileyi、シュードベイレイともいう)とやらで、全くの別種だそうではないですか。えぇーそうなのか!?

それでもって、その2種の区別も明確な情報は乏しく、育て方に関してもあまり定説はなさそうです。ちらっと拾った情報では、どっちだかの方が耐寒性があるとか、生長が速いとかあるようですが、どっちがどっちなんだか混乱しております。いずれにしても、うちに来た子が耐寒性があって欲しい。それを願うばかりです。

あと見た目の違いとしては、本物のベイレイの方がツボの部分が小さいと言っているサイトさんもありました。でもこれこそ個体差が顕著に出るところなんじゃ・・・?偽の方(といっちゃ失礼、、でもプセウドはモドキって意味らしい)だって、養分というか水の蓄えによってはスリムになりそうだし。

ただ確実と思われる情報として、プセウドベイレイはものすごく長く葉を伸ばし、ベイレイはそれより小型だということです。小型といってもチランジア全体の中では小さくないんだろうけど・・・。昔、ホームセンターになぜだかベイレイが大量にあったのを思い出した。プラスチックの透明な箱入りで、けっこうな大きさでした。あれもプセウドの方だったのだろうか?

あれだな、たぶんプセウドベイレイが最初に見つかった時に、「ベイレイに似てる形だ」として名付けたのだから、似てるけど何かが決定的に違っていたのは間違いないのでしょうね。そうなると、わかりやすい特徴ならば長さとツボの形しかないか。。もっと丁寧に観察すればトリコームのつき方だとか質感・色もありますが。

うちに来たのは今のところ小型でツボもコンパクト。一見、つぼ型でないようにも見えます。本物でも偽物でも何でもいいから、無事に育ってくれることを祈ります。こちらさんも夜間は高湿度でいきたいと思います。冬場に寒さをしのぎながら水分を与えるには、もはやその方法しかないもので。

今でもストレプトフィラの話題が入ると、「うちで育てていたものも生きていたら今ごろ・・・」などと感傷的になってしまいますよ。あれは痛手だったなぁ。さっさと新しいものを買って育てればいいじゃん?と言われそうですが、今から買ったところでその株はもう前の子とは違う個体だっていう・・・悔やんでも仕方ないですけど。

まぁでも久々にツボさんがやって来たわけだし、これをきちんと管理して徐々に経験を積んでいくのみ☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-25 15:21 | ◆ベイレイ

ふわっとお目覚め

ダイソーで買ったチランジア、お次は・・・
f0203870_1614476.jpg

念願のマグヌシアーナ(T.magnusiana)さんでございます☆

フッサフサでやや大きいですね。小型とは言い難い風格で、けっこう大きくなるようです。でも別にいいや。前々から気になっていた存在ですから、やっと手元にキター!という感じです。

しかしこの手触りと柔らかさ・・・ヤバイ、もしかしたらチラの中で一番のお気に入りになるかも。パッと見、フックシーと似た放射状の葉だけど、質感はちょっと違います。フックシーさんは細いのに張りがあって、勢いよく葉を伸ばしてしならせるように外側に向かっているよう。だから仮に葉の数が少なくスカスカになったとしても見応えがあって、特にどうってことなさそうなんだけども。

マグヌシアーナさんは根元からフサフサのふかふか、それが密集しているのが最大の魅力だわァ。しかもちょっと閉じ気味で上を向いていても画になる形だし。これって、着生させたりして適温・適湿になればもっと開いてウニっぽくなるのかなぁ。別にそこまでキレイに仕立てなくても充分お気に入りですよっと。

君取にはこの若干の上向き加減の一本一本が、千手観音の手に見えます。何だかいい気を持っていそうで、包み込まれたいッ。葉の広げ方に節度さえ感じられるふんわりです。

写真は全体像のみですが、実は葉の先端部分は少し黒みがかったような紫になっているところもあります。枯れ込んでるのかな・・・とも思いました。だけど色が付いているのは先っぽより下だったりして、先端はまた普通の葉の色だったりもしています。てことは紅葉かしら?赤くは染まらないのかな。よく見れば根元もうっすら紫のような・・・ふふ、期待しちゃお。

このトリコームが豊富なボディーと茂った葉の多さで、蒸れには弱いとか暑さに要注意と言われていますね。とりあえず我が地方では夏越しにはそんなに苦労しないでしょう。寒さには強いのかどうかも見ものです。

あとは、、触りすぎてハゲさせないように気を付けなくては。乾燥気味を心がけようっと。
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-21 16:09 | ◆マグヌシアーナ

カサッとお目覚め

ダイソーチランジア、お次はこちら↓
f0203870_16125432.jpg

えーと、袋には『チランジア』としか書かれていませんでしたが・・・

これはフックシー(T.fuchsii)で間違いなさそうですね。フックシーには3種類あるらしく、100均にあるものはグラシリスと呼ばれるタイプのようです。

可愛らしいウニ型チラ。君取にとってはお初です。本当に葉っぱが細いのね。。。でもそのわりに寒さには強かったりだとか、強健だそうではないですか。これは手に入れずにはいられんッ、と速攻でお持ち帰り決定の品。ひとつしかなかったから迷わず連れ帰りました。

袋に入っていた時は、真ん中の辺りがぺしゃんこになっており、重さも軽石のようでカッサカサ・・・い、生きてるよね?なんてドキドキしつつも、このカサカサで適度な弾力が他のチランジアとまた違ってよいですね。

性質としてよく聞かれるのが、やや水を好むということ。細くてもたくさん吸水するんだね・・・というか、細いから水分を蓄えておけないのかな。その辺はウスネオイデスと似た特徴といえます。ウスネさんもそれでいて寒さに強いし、見た目の細さと頑丈さの相関がよくわからんわァ。

すでに葉の先端は少し枯れちゃってるけど、まぁこれくらいはダメージのうちに入らんのだ。まずはストリクタ・ソフトがいる夜間高湿度の部屋(ハイドロの器です)に一晩入れたら、クニャっと寝ていた葉がピーンと伸びました。本当に湿気って大事・・・。君の居場所もここだ。確定~。

それにしてもこの子って、葉は細いのに基部は平たくてしっかりしています。どこかのサイトで剣山みたいと書かれていましたが、まさにその通りですねー。

足が生えて動き出したら、さぞかしカワイイだろうなー。あ、4本足ではダメです、虫に見えちゃうので。2本足で人間っぽく歩いてほしい!夢に出てこないかな~☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-20 16:21 | ◆フックシー

ナイーブな本家

先月ダイソーで買ったチランジア、第一弾でございます。

まずは自分の中での一番の目玉ともいうべきこれだッ↓
f0203870_16221429.jpg

はい、みんな大好きイオナンタ。

この形は最強だわァー。これだけは品種の表示だとか全然見なくとも一目でわかる。いつでもお馴染みの姿で出迎えてくれます。

購入日に店頭で確認できたのは2個。これと、もう1個は葉先が紅葉しているものでした。初めは両方買おうかとも検討しましたが、イオナンタはリベンジ品。戒めの意味としてもあえて1個にして、将来的に子株を増やす計画で行こうではないかッ、と自らに言い聞かせました。

このイオナンタさんは、わりと小さいのだけどずっしりとした重みがあって、これ以上大きくなるタイプなのか、もう成体なのかもちょっとわからないなぁ。

そういえばうちにいる古株のシュッとした方のコルビーさんも、買った当初はこんな大きさだったっけ。ならばこの子もこれからもう少し肥えるかな。冬がとても心配ではあるけれど。

同じイオナンタの仲間であっても、この基本種は絶対にこの形なのね。。。コルビーさんは実に様々ですが。現在ではコルビーはスカポーサだとか何とか。個体差が色々だから分類も混乱してくるのかしら。

ああそれにしてもイオナンタは久しぶりだなっ。気をつけるべきは冬場の水やり、乾燥気味にして慎重に扱おう。そして以前は果たせなかった開花に子株の育成と、課題があるのだッ。

栽培記録を見たら、3年ぶりのイオナンタとの出会いのようです。お別れとなったのはちょうど3月ということで、同じ季節に今度は出会えましたね。ま、3月といったら冬場のダメージが表われてくる時期でもあるからなぁ。初期に育てていたイオナンタもその頃ダメになったし・・・。

何はともあれ、大事に育てるぞー☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-18 16:25 | ◆イオナンタ

サクランボの誘い

100均にて、植物選びをしこたま楽しむのも習慣になっている昨今の君取ですが。。。

出かけた道すがらに出会う植物たちも、バリエーション豊かになる季節がやってまいりましたね~。

ちょっと前だとまだ桜は咲き始めのようでしたが、日当たりだとか品種の違いで早めに花をつけているものも時々ありました。なんだかんだで桜には期待感を持つわァ。

満開の花には思わず足を止めます。
f0203870_15491338.jpg

おぉ~キレイだねェ。いい季節だ。
f0203870_15493380.jpg

この花も多くの例にもれず、ごくごく薄いピンクか・・・と見とれて写真を撮り去ろうとしたところ、近くでおしゃべりしていたご婦人が声をかけてきました。

「これ、桜じゃないよ。サクランボだよ」

ええッ!そうだったのかッ。なんとご親切な・・・!聞いてないのに教えてもらえるとは。そうかそうか、ちょっと変わった桜かな、などと思っていたが間違っていなかったようです。

花をよく観察してみれば・・・↓
f0203870_15494885.jpg

中が黄緑っぽいではないですか。あらー、その辺が花の観賞価値が高い品種とは違いとして大きいのかしら。でもこれも素敵。

果実が美味しい木の花は、より清々しさが際立っている気がするわァ。これ、君取の思い込み?花を愛でる目的のものは愛らしさが目立って、果実系は清涼感が増すかのような・・・あ、でも梅はそうでもなかったか。花も果実も使える木でしたね。

思いがけず発見できたなぁ~。ラッキー☆


〈バックナンバー情報〉

2010年の3月~4月のバックナンバーに、梅と桃に関する記事がいくつかあります。5月にはリンゴとイチゴ、ジューンベリーに、桜も少々・・・。

写真を見たい方はそちらをどうぞ☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-17 15:54 | ヲバサンの覚書p-s

ダイソーチラ集合

100均植物との出会いは一期一会・・・

出会ってしまったが最後・・・
f0203870_17313870.jpg

チランジア、一気にどどーんと5種を買いました。

いやーしばらくの間は10体を育てるのに専念しようとか思っていたのですが(すでに1個オーバー済み)、思いのほか動きが忙しくなりそうもないので、ここはもう少し普及種を増やしてみることにしました。

時は3月の下旬、まだまだ寒さが残る中・・・去年の11月頃はダイソーにはチランジアが入荷する気配がなかったものだから、気候が近い3月も無理なのかな、とは案じつつ。でもなぜだかあるような気がして、久々にダイソーへ参りました。

そしたらまたしてもタイミング良く、状態がいいやつがどっさりありましたよ。たぶん入荷は数日前。もう興奮してしまって、チラの他にも買う予定の物があるのに、テンションが上がって全部ぶっ飛んでしまった・・・。これは春のせいかしら。

中には袋に収まり切らないんじゃないか?というくらい元気そうなのもあったなぁ。印象的だったのはメラノクラテルさん。うちのものより大きくて、色も我が家のものは緑が濃いのだけど、今回見たものは黄緑っぽかったような。でもかなりでかかったし、家にいる子をちゃんと育てよう♪ということで購入せず。いい人にもらわれていくんだよ、と念じておきました。

それから、チランジア売り場といえばいつも定番のようにいる、ブラキカウロスとベルティナもありました。両者を比べてみても違いは全くわからず。ブラキカウロスの方は紅葉していて、へぇーまだ小さいのに染まるものもあるんだねぇ、といった感想。前に無印良品で見たものとほとんど一緒の風貌でした。

しかしウチのブラキさんはやっぱりこれらとは色味が若干違うかな。最初から黄色みが強かったので、ブラキカウロス、ベルティナ、アブディダ・・・どれがどれだかわからんが、まぁどれかに属する何かなんでしょうな。買って比べようかとも考えはしたものの、ブラキさんはこの冬のダメージがけっこうひどくて、寒さに対する弱さが目に見えていることもあって、とりあえず遠慮しておきました。成長点付近が無事なのが救いですが、葉っぱの枯れ方が凄まじいのよブラキさん。。もう5年の付き合いだってのにィ。

ひとまず集合写真を収めたところで、またひとつひとつ品種ごとに紹介するとしますか。
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-15 17:35 | チランジア

急な要望

我が家のセンペル、ウリカちゃんの最新速報でございます☆

気温があまり冷え込まなくなった3月下旬に、急に葉の間から根を生やしてきたお二方でありますが・・・挿し穂をいつにしようかと考えているうちに、事態はさらなる急展開に。

前回、3/28の写真を撮影後、たった数日で。
f0203870_1214919.jpg

根がウジャウジャ増殖しました。こちら、特に著しい1号。

4月に入ったばかりで、気温もまだまだ安定しないのだけど、これは生育したいという相当な意思表示なんだろうな。と受け取りました。

今まで水を欲しがる素振りなど一度も見たことはなかった。にもかかわらずこの伸ばしっぷりは、かなりの要求と思われます。そうか、寒冷地の我が地方であっても今が生育に適している時なのか。。

もう最近は最低気温が氷点下でなくなったし、週間天気予報でも晴れマークが目立つから、ここは思い切って速やかに遂行せねば!

で~実行しました、ジャーン↓
f0203870_1214389.jpg

個別にする意味も特にないので、今度は一緒に植えました。君取の管理下では驚異的に早く大きく育つとはとても思えないし、ギュウギュウになることもまぁないでしょう・・・。それに、2株あった方が水分を適度に奪い合って、蒸される心配も減るんじゃないかなぁ。

一番の課題はやはり日照不足なんだわァ。いっそのこと外に植えちゃえば楽になりそうな気もしますが・・・直射日光がお好みみたいですからね。窓越しの光ではご不満なのね、ごめんね。

植え替え前の土の中には、根がけっこう長く下に伸びていました。だから生命力はかなりあるものと推測されます。いつそんなに根を張ったのかしら。徒長以前か以後か、う~ん。

徒長しきった茎を切ったら、ほとんど水気がありませんでした。古い葉はもう終わり、ということで。早急に植え替えるよう見事に示してくれました。ありがたい~。

根がウジャウジャだから、挿した直後から水やりもできて嬉しいです。今後は水やりの際、数日先まで見越して日照があるかどうかまで計算しつつ日を選ぶ必要があるな。

結局1年近く経っても、大きさは変わらず振り出しに戻ってしまいました。なるほどね、うちで育っている植物たちはこのスパイラルに陥っているがために生長していないように見えるわけか。

過湿+日照不足、これが徒長の最大条件だッ。晴れた日に効率的に水を摂取してもらうのだッ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-12 12:26 | ◆センペルビブム

センペル版・冬明けの合図

さて、2代目センペル、ウリカちゃん達の続きです。

冬の間に古い葉が枯れつつも、よい日照に恵まれたお二方。3月下旬の様子です↓
f0203870_18364371.jpg

右から1号2号・・・。

ねぇどうしたらご機嫌になるのかしら?と尋ねたい気分で、春が近付いたからもう水量を増やすべきか?などと色々考えていたのですが・・・。

が!が!ですよ!

ウリカの方から直々にお願いを頂戴いたしまして。

1号はこーんな風に↓
f0203870_18371882.jpg

根が出てきました。

と、こうなると2号も・・・↓
f0203870_18374193.jpg

必然的に同じ動きを見せるわけです。

このタイミングは2世同士、ピタリと合いました。2号が貧弱だからといって、自然のサイクルは狂ってはいなかったのですね。この時はまだ気温も低めで冬らしさもあったけど、寒いのが得意なセンペルは活動の開始が早いのかもなぁ。

まぁもうちょっと暖かくなったら茎の所から切って、また挿し直そうと様子見を決めたのであります。問題はそのタイミング・・・てな区切りで次回に続く。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-10 18:42 | ◆センペルビブム

2周年

本日でブログ2周年を迎えましたぁ~☆

ヴィーナスの日に見習いヲバサンのブログへようこそ!これもひとえに、訪問して下さる皆様のおかげでございます。今後も細々と更新していきたいと思います。

2年間、とりあえず絶え間なくひと月にふた桁の記事を更新してまいりました。何たって更新の最低ラインが月イチという目標で始めたものだから、あとは自分の気分次第で自由にやれるところがいいわァ。さーこれからも義務感に追われることなく書こうではないかッ。

相も変わらず小さな心理状態みたいなものを取り上げたうっぷん晴らし要素が満載のブログですが、思い付く限り多角的な視点から記事をお送りしたいところです。力まず、自然体で。。。

君取は学校に通っていた頃、クラスの人々と真に打ち解けるのはたいてい2学期の、10月以降くらいからが多かったのでした。新学期の春は社交的な人同士が続々と仲良くなっておしゃべりを楽しんでいるのを、横目で不安げに観察していました。そんな私を見つけて話しかけてくる友好的な人とのみ会話して、ひたすら人間観察。

夏休みが終わり、個人の特徴が出やすい運動会を終えると君取の気分はやっと落ち着きます。苦手な運動のイベントを1年間はやらなくて済むんだわァ、という安堵と秋の深まりで上機嫌になり、それまで同じクラスであまり話すこともなかった人たちが、君取に対して「あの子、性格悪い子ではなさそうだ」と判断するのかこの時期から距離が縮まるのでした。

主に中学校までがこのような流れだったと記憶しています。私の人間性は危険でないと判断されるのに半年もかかってしまうのですね・・・。自己アピールは苦手ですからなぁ。子供の半年といったら、大人に換算すると2年くらいに相当するのではないでしょうか。

大人の世界では今、仕事でも即戦力の人が重宝される時代になってしまいましたね。じっくり人材を育てる余裕のある企業などすっかり少なくなった印象です。そうなると君取の本領はいつまでも発揮できないままなのか?いや一体何が自分の長所なのかも見つける間もなく日々が忙殺されそうなんですけど・・・。2年どころか、半年だって待てない世の中だし。

まぁネットの世界では文章のみでの表現にとどまりますので、どういった人間なのかまではわからなくとも、少しずつ自分の考えなんかも明確になっていったらいいなぁと思っております。文章にまとめることで思考しながら、自分にも読み手にも感性にいい影響が出ますように!
[PR]
by kimmie-dolly | 2011-04-08 14:55 | ヲバサンの覚書etc