人気ブログランキング |

女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

自己申告の怖さ

お遊び感覚の心理テストから性格の傾向を示す検査、病気の臨床試験まで、全ては被験者や本人の感想とか意図によって結果は決まっていきます。こういうものは自覚している本人でないと意味がないので、どんな人であろうと言うことを全面的に信用するしかありません。

だけど君取は思うのです。犯罪者などでちょっとおかしいなという人であれば精神鑑定だとか行うでしょうが、それ以外の人の言うことも本当に全部信用してしまっていいのかと・・・。自分の本音と思惑の境がなくなって、わからないふりをしているだけの人というのも結構いるのではないかと。

大人になるとバカ正直ではいられないのは事実としてあります。しかし結果的に自分が得をし、損する人がごく少数の結果になるのなら、嘘に嘘を塗り固めてそれを本当にしてしまおうという動きが加速しているような気がするのです。しかも「皆の幸せのためなんだよ、ごめんね」というのではなくて「お前が悪いからそういうことになるんだよ、引っこんでろ」の雰囲気になったり。

前々から感じていたことなのですが、性格診断テストとか適職診断テストとかって、行く先々の情勢で出方をコロコロ変えている人では正しい結果など絶対に出ないはずです。どう見ても人目を気にしているのに本人がそれを自覚していない場合も多く、その項目で間違いなく「いいえ」に丸をつける人物など、テストの目的を無視してはなからデタラメでしょう。

昔、高校生くらいの時にこういうテストをめぐって寂しい思いをしました。進路の参考に学校全体で行った性格テストが友人の間で(私の中ではとっくに切れている仲だったけど)話題になり、私の結果を数人が目にして論評めいたことを言い始めました。

ああいうテスト結果の最後には、アドバイスを兼ねたコメントが載っているものです。私の結果には「自分が心を開かなければ相手も心を開かない。そこに注意してこれからの課題としましょう」みたいなことが書かれていました。そこを見た人たちは「あぁそうそうー!やっぱり当たってるよねぇー」とそこにしか触れず、その他私のいいところが書かれた箇所は完全に無視。結局自分の結果は全く見せようとはしませんでした。

私の欠点をさらして確認し決定的にするためだけのテストなんですかねぇ。大事な診断テストを見せた私のどこが「心を開かない」なんだか笑ってしまいますよ。参考程度に見るものだと証明しているようなものでしょうに。それにこの友人ぶっていた関係が人間的にどうしても信用できないものだから、心を開かなくなったとしてもそれはアンタみたいなヤツのせいでしょうがッ。

詐欺師並みの損得勘定を持ち合わせておきながら、意図的なのか無意識なのかそれに気付こうともせず、場面が変われば光回線も追い付かない程の切り替えで過剰な自己演出をしている人々・・・。

次々に場面が切り替わるからその場では何となく流してしまいがちだけれど、家に帰って寝る瞬間とかに、「やっぱりあれはおかしいよなぁ」と思えることがたくさんあります。

正直でなしにただ面白くもない話を延々と多弁に展開し、プライベートなのに自己アピールに終始する会話の人は、いつもいつも抱えきれない違和感ばかりを運んでくる、思惑に満ちた人生なのかと思うと侘びしくなります。
by kimmie-dolly | 2010-07-29 12:11 | ヲバサンの覚書j-l

想像力の欠如

ちょっと前のニュースで、引きこもりの具体的な人数を算出していましたね。色々と大変な時代だから伝える側も皆、他人事ではないといった表情で取り上げていました。

時代の特徴を表したこういう言葉が出てくると、後付けみたいにそれに該当する人数が増えていくのは、どう捉えればいいのでしょうか。

今回の実態把握の調査では、仕事をしていなくて家族以外との会話がない生活を送っている人を定義にしているようです。それでひとくくりに『引きこもり』・・・実に安易ですけど。

独り歩きしてしまった言葉はもはや解釈の幅が広がり過ぎてしまい、ひたすらネガティブなイメージのみが先行し、対象者でない傍観者たちが使い回して、良くないものの吹きだまりへと仕立て上げています。

ひとくくりにされようとも、この言葉に該当するとされる人々には様々な過程があります。そしてその中のほとんどの人が、人と平常心で接することが出来なかったりお金をもらえるような作業についていけない自分を恥じ、罪悪感を持って生きていることを、どれだけの人が実感として理解できているでしょうか。

人間の本性というか本能は、何が何でも生きたいし自分だけでも生き残りたい、人の物を盗んでまでも生き延びたいという部分もあるくらいなのだから、人と接したいに決まっているでしょう。そんな強い本能までも壊れてしまっているくらいの何かがあったのだと、どうして想像できないのかと不思議です。

自分が平常心で生きているからといって、今そうなっているのには過去に優しい人たちの手を借りたからこその事実を忘れて、同情すらせず責めたりさえする。これは虫けらと同等、いやそれ以下です。厳しくされたことによって目が覚め、今の生き様を手に入れたにしても、それはその本人が世の中をなめていたことへの叱責であって、全ての人に通用する技ではない。

もちろん、世の中をなめ切っていてチャラチャラと他人に寄生して生きている人もいることはいるでしょう。しかしなぜだかわかりませんが道を外れずに生きている人々の中には、ちょっとでも外れたと思われる人を見ると即、過敏にこういった少数の腐り切った人間に照準を合わせて引き合いに出したがる人がいます。自分が当事者でないのをいいことに、まるでその連中の予備軍、あるいは同格とでも言いたげに。

自分より下の人を見て安心したい気持ちはあっても想像力のない「まともに生きている」人たちの自己保身のために、居場所を奪われる犠牲者が多いのだと思います。気に入らない奴や邪魔な奴は一度世間から追い出してやれば簡単には戻って来られないだろう、と。あとはそのぶざまな現状を突いていれば絶対に、永遠に勝てる、と。

ひょっとしたら想像力のない人間ほど、表面上の履歴や仕事ぶりなどを必死になってアピールするから、人並みのポジションに幅を利かせやすいのかもしれない。悪い人間の条件を勝手に作り上げ、その逆の位置に行きさえすれば常に信頼してもらえるという戦法をとっているのだ。

頭がいい人を勝手にプライドが高い・ずる賢いということにして、自分は頭はよくないから違うと言い張ったり。率先して物事を行う人を勝手に出しゃばりということにしたり、挙句に引きこもりの人が犯罪を犯せば「自分は違うから絶対に犯罪者にはなりません」とか・・・ただのコンプレックスでしょ?

たまに大きく失敗してもその時だけしおらしいことを言ってその場を切り抜け、周りが手を貸さなければ絶対的に迷惑がかかるようにして助けざるを得ない状況を作り、少しのピンチを大げさにまくし立ててどうしても自分は必要な人間なのだと錯覚させる。

そのピンチさえ過ぎればあとはこっちのものとでも言わんばかりに、復活し人並みの肩書きを得た後は全部自分の手柄であるとして、『引きこもり』のようなネガティブな言葉に匹敵しそうな人をそこに閉じ込めることに精を出す人生・・・。

今の世の中で根本的に間違っていることは、繊細で自分を責める人に優しくしないで更なる圧力をかけ、図々しくてずる賢い人間には利用され取り込まれて言いたいことを言えない、だから一層のさばる、という悪循環に他ならないでしょう。
by kimmie-dolly | 2010-07-28 11:25 | ヲバサンの覚書p-s

デジャヴ

いやぁ~、暑さって本当に酷ですよね。つい先日(まだ数日前)、枯れた親株から救出したウリカの子株3号は、やはり長くは持ちませんでした・・・。

これまた中心部から黒くなってきました。水は全く関係なさそうです。植え替えの時に他の子と一緒に独立させるべきでした。

快適な気温の時に発根していれば今頃は元気だったことでしょう。衰えた親株に長らくくっ付いていたせいで、仮死状態で夏を迎えてしまったのが運の尽き。

教訓;根付いていない状態で夏の日差しを浴びさせてはならない。(初歩的かしら・・・)

他の子株との最大の違いは根付いているかいないかに尽きます。ということは、結局は親株もうまく根付いていなかったとの結論に達しますな。まぁ植え替えにはギリギリの時期だったからなぁ。親株だけそのままにしておくのも手だったか。

何はともあれ、子株を残してくれただけでもありがたいので、あとはこの子たちを大事に育てていくだけです。あら、なんかこの展開は前にもあったような・・・。

そうだ、何か心当たりがあると思ったら、初めてチランジアを買った時のことですよ。あの時もうちに来たイオナンタが、購入後ひと月で花芽をつけ、そのまま咲かずに子株を2個残して去って行きました。

お、同じこと繰り返してる・・・!何やってんだ君取。イオナンタの場合は冬でしたが、今回は夏。効率的に学習させてもらっているわァ。

夏は日が高いから、窓辺にはあまり日が当たらないと思っていたのだけど、最近まめに様子を見に行ったら、西日が射すことが判明しました。良くないのよね、西日・・・。だってそこしか置く場所ないんだもん。。。
by kimmie-dolly | 2010-07-26 11:51 | ◆センペルビブム

ぬか喜び、そして不発

先日花芽がついたと報告したウリカちゃんの親株・・・。

梅雨明けした途端、花を咲かせることなくあっけなく逝ってしまいました。

うーん、まぁそうだな、現実はそんなものでしょう。購入してひと月しか経っていないうちに、ここまで動いてくれただけで奇跡ですよ。そうそう多肉初心者にいいことずくめの事態が待っているわけでもあるまい。

大事なのは原因を突き止めることでしょうか。一番考えられるのは暑さによる蒸れ。最後に水やりをしたのは7月8日でした。この時は気温もさほど高くなかったし、全く問題なかったと思います。

これがその数日後あたりの写真。(ちょいピンボケ)↓
f0203870_11592763.jpg

順調に花茎が伸びていました。太陽の方向へ向きたがるので、毎日鉢を回してまっすぐさせていたものでした。きれいな姿だったよぅ。

花芽だってほら↓
f0203870_11595136.jpg

つぼみはついていないけど、形としては美しく・・・でもこの反り返りは異常だったのかしら。普通は葉の形を保ったまま花茎が伸びていくみたいだし。

ランナーの切り口から出ていた芽は↓
f0203870_1201766.jpg

宇宙人さんの触手のような育ち方です。やや弱弱しいのも栄養が回っていなかったからなのか。

この状態で一週間くらい過ごし、そして梅雨明けした翌日の朝に見た時に、急に真ん中が黒く変色して枯れ始めていました。まさにあっという間。この前日に急に気温が上がったのがかなり大きかったようです。

気温が高いといっても30℃程度だったんですけどね。外はそのくらいで、植物たちの置いてある部屋は34℃になっていました。でも34℃は別に全国的には全然高い方ではないはず。確かに風通しは悪かったかも知れないけれども。

それに他の植物は元気だしなぁ。ウリカの子株だって、同じ水やりでピンピンしています。いや、むしろ子株の鉢の方が乾きが早いから若干間隔を詰めていました。これからちょうど水を控えて、8月の終わりまで水をやらないように、とか計画していたところ。そもそも親株の吸水自体がペースダウンしていたのも、死期が迫っていたということだったのかも。

これは寿命だったのか・・・なんていうと言い訳がましいわァ。植え替えたことによる環境の変化、なんてのもあったに違いない。それと、もう一つの子株も独立させておくべきだったか。

枯れ切った親株を鉢から抜いた後、子株を救出しようと試みました。全く傷みがなく元気そうだったので親株から取り外し、土に・・・と思ったら、乾燥がひどくて葉っぱがポロポロと落ちてしまったのです。あぁこのままでは葉がなくなってしまう、と危うかったため、あまり触らずに土の上にそっと置いておきました。もう親株からの水分もなくランナーの内部もカラカラ、そこから伸びていた根も思いのほか貧弱で機能していなかったみたいです。

この子株については、いい結果が得られたら追って報告いたします。しばらくは霧吹きで様子を見ましょう☆ちゃんと都合の悪い結果も書くぞッッ。

それにしてもセンペルは暑さに弱いって、こういうことなのですね。この分で行くと我が家では増えすぎるということにはならなそう。。。

人間にたとえるのも無理があるけど、やっぱり周りの思い通りになるように動き始めている時って、もうかなりキツイ状態にあるということですよ。本人(本株?)はいっぱいいっぱいなのに、頑張ってしまうという、生き物としての一種の本能が働くんだよ、きっと・・・。
by kimmie-dolly | 2010-07-23 12:08 | ◆センペルビブム

バンソウコウの進化!

足の巻き爪がまた、やや悪化・・・。

この先端に向かっての急カーブ、何とかならないものかね?と手指でもって力ずくで無理矢理広げたりしていました(←おバカ)。そうしたら生え際が傷付いてしまったらしく、イタタな状態に。

ふん、まぁこの過程だったらもう何度も経験済みだもんねッ。昔も何回かあったし、菌さえ入らなければたいしたことないことも知っている。こんな痛みは人生の苦しみに比べたらどうってことないのだよ。大騒ぎする奴の気が知れない。

しかし久々の出血&腫れ・・・こういう時に限ってその患部があちこちにぶつかるものなのです。まず、トイレなどスリッパを履く場面において、かなりの高確率で履き口の端の辺りに触れてしまう。これが力の加わりが弱い割には痛ッと感じます。あの小面積の突き出しがピンポイントで患部に当たるからでしょう。

そしてついに最大のイタタが襲う事態に遭遇しました。家の中で、段差につまずいて患部のみを強打してしまったのです。いやぁ、痛かったねぇー。やっぱり左足は利き足でないから、目測も歩の進め方も勘が狂うのかしら。以前にたまに出血していたのは内側だったけど、今回は外側ですからね。そういうこともあるものですね。

で、直ちに患部を見てみると、それまで爪の中や皮膚に溜まっていた血と膿が一気に飛び出していました(汚らしくてゴメンナサイ)。仕方ないのでそれらを出して消毒したり薬を塗ったりすることに。

薬を塗ってしばらく経ってもまだ出血が収まりそうになかったため、バンソウコウを貼ることにしました。実に久々のバンソウコウ、何年ぶりかしら?普段あまりにも軽い生傷が多いものだからバンソウコウなんて使う気すら起きなかった君取・・・。いちいち貼っていたら消費がひどいし、そんなものなくても全部治ってますからー!

そこで気付いたのだけど、最近のバンソウコウはとても薄くて、通気性がいいのですねー。初めて知った・・・。一体何年使っていなかったのだ?確か昔のものはもっとベタベタしていて、数時間も貼っていると変な臭いがしたりしていたような。進歩って素晴らしいですねぇ。ちょっと嬉しくなって、血がにじんでいたので一応、半日くらいで交換して清潔に保ちました♪

いつものごとく傷はすぐに修復されたもようです。でもまた悪化したらこれを繰り返すんだろうなぁ。病院に行くべきかどうか・・・。夏場は人前に足をさらすのは遠慮したいわァ。なんてことをやっているうちに時は過ぎゆく。。。

前に「やってはいけないこと」シリーズの記事を書きましたが、本当はもっと行き過ぎたこともやっているのが君取。まぁ軽くですけど、「えぐる」とか「あえて炎症を起こす」とか・・・いかんいかん、あまりにも猟奇的だッ。

でもわりと皮膚は健康を保っていますよー☆


〈関連記事〉

巻き爪の巻
治療中の巻
巻き爪は今
やってはいけないこと・序
やってはいけないこと・1
やってはいけないこと・2
やってはいけないこと・3
by kimmie-dolly | 2010-07-20 14:38 | ヲバサンの覚書a-c

元気な子供たち

子株ウリカちゃん達も、根付いたらしくどんどん育っています。そしてもういい香りも放っていますよ。素敵~♪このまま親株さんが開花したら、チランジアのコルビー以来のお花が拝めます。な、長い・・・!3年も経っているッ。

噂には聞いていましたが、子株独立により出来たランナーの切り口の片方が、こんなんなりました。↓
f0203870_12235282.jpg

芽が出てきましたよ~。

植え替え&株分けから1週間くらいの6月下旬の出来事。時期もよかったのかな。今年は春が変な気候だったけど、だいたい5月から6月あたりが適していそうだと学習しました。初めてのセンペルでそこまで学べてよかったわァ。

もう片方の切り口は葉に隠れてしまってよく見えなかったものの、何日か前にちらっと見えたところでは、すでに根が生えていました。そこもしっかり活用するわけだ。

それもそのはず、の事態なのですよ。親株さんには開花の準備というそれなりの事情がありました。対極の位置にあるランナーがそれぞれ別の動きをしているので傾きがあるのですね。

芽が出て数日後(これも七夕の日)には↓
f0203870_12243353.jpg

順調に育っております☆

親株にくっついている子株も、よく育っているみたいです。
f0203870_12251542.jpg

どうやら親株の傾きは、花の準備だけでなくこの子株の影響も少なからずありそう。中の方をのぞくと、植え替えてから新たにこの子のためにランナーを出した様子が隙間から確認できます。しかし子株は子株でもう独自に根を出して根付いているらしく・・・。

色々な条件が重なって、今の姿が出来上がっているようであります。
by kimmie-dolly | 2010-07-18 12:30 | ◆センペルビブム

気がキク子

先月にダイソーで買ったウリカちゃん(センペル)は、とってもよく育つ子。

チランジア、サボテンと変化の乏しい我が家の植物の中にあって、驚きの日々です。植え替えてすぐに全体像が別株のようになっていましたが、またまた活動的な様子を見せています。

6月某日↓
f0203870_11215852.jpg

なんだか傾いております。。。葉の向きが購入時とはほぼ逆方向に。

その数日後、7月某日↓
f0203870_11224420.jpg

ますますセクシーなうねり方に・・・子株の裏側からの角度でも↓
f0203870_112373.jpg

完全に葉の向きに分かれ目が出来ています。

この時点で考えられるのは、

1 ただの育ち盛り
2 徒長
3 新たなランナー
4 お花の準備
5 綴化コース             ・・・さぁどれか!

さらに数日後(ちょうど七夕に撮影)↓
f0203870_11234744.jpg

伸びてきたッ。これは花芽ですね・・・!花茎が白い・・・日照不足のせいかしら、それともこういうものなのか。梅雨時だから太陽は当てに出来ないのに、出るもんだね~。

花をつけるとセンペルは枯れるんでしたっけ。でも子株を3株残してくれたから言うことなしですわー。チランジアは開花してから子株の育成に入り、こちらは子孫を残してから最後にお花かぁ。どっちも親が子株を育ててくれるのが良いわァ。

上からはこんな感じ↓
f0203870_11273127.jpg

これ・・・なんだか裾の長いドレスや着物を着た美人みたいです。本当は下の方の古い葉は枯れかかっていて黒くなっているのですよ、まさにスイカの種のように。それが他の葉が全て盛り上がっているために、うまく隠れております。最初、陰にちらつくその枯葉が虫に見えて怯えていました。目をつけられたか!潜られたか!と・・・。いやーこの子、美しい姿に自らなってくれたなんて、素晴らしく管理者孝行☆

あと気になる点がひとつ。調べてもなかなか記述がなかったのですが、ウリカちゃんは株全体がほんのりといい香りがします。これはセンペル全体がそうなのか、この種類だけなのか・・・狭い室内にいるからこその発見かも。

花が匂うというのは普通にあることだけど、葉っぱだけでも香るのはよくあることなのかな。この香りは、キクっぽいかなぁ。そういえば葉っぱの並びもどことなくキク科の花みたいだ。センペル自体はベンケイソウ科らしいけど。君取の家にある多肉は全部ベンケイソウ科か・・・ま、育てやすいってことでしょう。

センペルは夏に花が咲くというのも初めて知りました。無事に咲いてくれるといいな。キクっぽくて、どこまでも気が利く子なウリカちゃんであります☆
by kimmie-dolly | 2010-07-17 11:33 | ◆センペルビブム

まだあった雑草多肉

またまた近所を歩いていての先月のこと・・・
f0203870_12324016.jpg

マンネングサ発見!

さてさて種類はどうかな、と葉を確認してみると、むッ、これまでの2種とはまた別物だぁ。マンネングサって・・・これだけ狭い範囲の近所に簡単に見つかるのだから、あちこちに散らばっているメジャーな子たちなのだと確信。

例によってこちらも伸び切ったものを2本お持ち帰り~↓
f0203870_12332177.jpg

今回も道路沿いの一角に群生していました。なんだか微妙に私有地かもしれない位置に生えていた・・・。ま、ま、鉢に植わってはいなかったからきっと大丈夫よッ。ざっと眺めても数千本単位はありそうだったし、もう立派に雑草の域に達しているもの。

これで3種類になったから、ひとまず広くて浅めの器に寄せ植え風にするのが最も望ましいかと。乾燥に強いということは、穴のない入れ物にハイドロ植えにして、水を常には入れておかないで乾燥気味にすればいいんじゃないかしら。

と、ここで思い付いたのが、100均で売っている『カラーゼオライト』です。あれだったら見た目的にも良さそうだし、タフなマンネングサさん達にはちょうどいい粒の大きさ、適度なサバイバル感でいけるわァ。

あとは、ツルマンネングサ以外の種類を特定したいところ。まぁ別に・・・どの種類でも管理方法に変わりはないのでどうでもいいといえばいいかもしれないけど。
by kimmie-dolly | 2010-07-14 12:35 | 多肉植物

雑草多肉

マンネングサ2種を間借りさせてはたと気付いた・・・。

熊童子さんへの水やりは、今のところ多くても週1回程度、これからの季節はもっとペースを落としていく。そんな最中であっても土は当然、表面から乾いていくしその状態で何日も置くことになる。

浅く根を張るマンネングサにとっては、熊童子と同じ管理では厳しすぎるではないか。早く専用の器を探さないとー。

・・・と、どうしようか知恵を絞ろうとしながらも、細かく観察をしていましたが、ハイドロの器に挿していた方には早くも動きが・・・↓
f0203870_16292662.jpg

えーと、これ、たったの1日で出てきたんですけど・・・根、ですよね・・・?

それも水に面する部分の近くだけではなく、
f0203870_16295312.jpg

先端の方まで、ほとんど全部の節から・・・

しかも葉の間からは
f0203870_16302429.jpg

新芽・・・!これも1日で。

庭で見つけた名無しさんはまだですが、ツルマンネングサのたくましさは尋常ではない。さすがは雑草育ち!本当に多肉に分類されるのかというくらいですよ。

この時は確かに気温がかなり高かったからそれもあるんだろうなぁ。梅雨と言いつつ毎日晴れてばかりの我が地域・・・。で、時々夜間にザーッと雨が降ったり・・・ここ日本ですよー!

チランジアにしろ多肉にしろ、やはり生長には気温が大事なのでしょう。日にはあまり当たっていなくても、チラも最近動きが見えてきたしなぁー。

ツルマンネングサについてもう少し調べを進めたら、どうもこの子らは岩場なんかにも這って生育するために、すぐこうやって横になりたがるようです。そしてやはり乾燥よりも蒸れを苦手とする、そこは多肉の特徴そのもの。

でも土に挿した間借り班は何の変化もなく、ハイドロ班が先に発根したから、適度な水分は生長を速めるということか。

うーん、入れ物どうしよっかなーもうー☆
by kimmie-dolly | 2010-07-12 16:40 | 多肉植物

仮住まい多肉

道端&庭で採取したマンネングサ2種を、ひとまず室内の窓辺にて土に挿してみようと計画しました。置き場所はチランジアとサボテン、多肉の所しかない。

とはいってももう入れ物がないのだッ。どれだけ増殖するのかも見当がつきにくいし、わざわざそれ用に鉢を買うなんて絶対にしないぞー!

しょうがないから、熊童子さんの鉢に間借り。↓
f0203870_11522953.jpg

うちの植物たちの中では一番大きい鉢だから、栽培法が決まるまでの仮住まいとして、しばらくは問題なくいられる場所かなと。

最初に採取したマンネングサは、ツルマンネングサで間違いないようです。マンネングサの種類って、花はどれも同じだし見分けがつかないものばかりなのですが、ツルマンネングサだけは茎の色とか葉の形ですぐに区別できます。

どこかのサイトによると、韓国ではキムチやナムルにしてごく普通に食べているとの記述がありました。・・・食用にも出来るんだね・・・。食糧難の時代になっても重宝がられるよ、きっと・・・。育てて損はなさそうな子だ。

わりと長いものを摘んできたので、適当な長さにカットしたら本数が増えました☆一部はハイドロの器に挿しておいてっと。
f0203870_1153076.jpg

まぁこんな感じで様子見。前の方に散らばっているのはウスネオイデスの切れ端です。これもちょっとだけ実験中・・・。色々試さないと感覚としての特徴をつかめないですからねー。

この後、マンネングサの脅威の生命力に遭遇するのであった・・・続く。
by kimmie-dolly | 2010-07-11 11:58 | 多肉植物