女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

宮沢賢治に再挑戦

リンク集でも紹介しているストーンズバザールさんのオーナー、北出幸男氏のブログにはここのところ、宮沢賢治に関する記述が多く見られます。本を読む習慣がほとんどない物ぐさな私には、こうやってわかりやすく取り上げていただくととてもありがたいです。

宮沢賢治というと本が好きな人の中に必ずファンが何人かいて、研究者も数知れず存在するほどのカリスマ性があります。今まで私にはその良さがイマイチわからず、伝記を読んで宮沢賢治という人の人間性に多少興味がある程度で、作品についてはなかなか手が伸びない状況でした。

有名な『銀河鉄道の夜』なんて何を意図しているのかさえ未だに理解できず、研究書や読んだ人の感想などを見て、「あ、そういう話なんだぁ」とようやく知った次第です。もしやワタシ相当なおバカなのでは?と若干不安になったくらいでした。

そんな中、連日北出氏のブログを読んでいるうちに賢治が鉱物に通じていたとの情報を初めて知り、昔買った短編集の文庫本を引っ張り出してみました。巻末の注釈に目を通してみたら・・・あった!瑪瑙(アゲート)、蛋白石(オパール)、孔雀石(マラカイト)、と石の名前がいっぱい!!

それを基に風景の描写を読み進めていくと、ものすごくすんなりと情景が思い浮かぶのです。頭の中に映像を思い描くのが何より苦手なこの私が、知り得た石のイメージを投影することでちょっと賢治作品に近付けました。

そうかぁ、そういう世界に糸口があったのか。。。まさかこんな形でこの文庫が入用になるとは思いもしなかった。というか石たちよ、ありがとう!
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-28 11:52 | ヲバサンの覚書m-o

餌食の原理

自分の悩みは誰よりも深刻で、愚痴って当然と思っている人が割といる。そんな人はいつだって、大した問題じゃないのに生死に関わることであるかのように愚痴る隙間を見つけては下水のごとく垂れ流したがる。

優しい人間の前で人生の川に溺れているふりをして、どうしようもないから早く助けてくれ、ほら今すぐ、私はこんなに苦しいんだよ、と同情を誘う。優しい人は自分にも悩みがあるにもかかわらず、この目の前のお騒がせ者が言葉巧みに自分の方が不幸だと検証してくるので、誠実ゆえに自分をさておき何とかせざるを得なくなる。

川で溺れているふりをしているだけの人を助けるには新たに人を呼ぶほどではない。よって励ましの言葉でもかけるかと考えて岸に近付くことにする。すると溺れの演者はますます調子づき、ああでもないこうでもないと言い連ねて一気に救助人を川に引きずり込む。

優しい人間はそれでもなお、溺れの演者が自力で助かるように岸に上がりやすい場所へ水面下で誘導する。そして演者が岸に上がった時にはもう、引きずり込まれた側が深みに取り残されて本当に溺れてしまう。

岸に上がったお騒がせ演者は自由の身になった途端、自分一人で乗り切った気になってさっさと川から離れ、優しい人間を蔑む視線を投げかけて言う。「何やってんの、溺れたふりなんかしちゃって。自分で引き起こしたんでしょ?私は知らないから自力でなんとかしなよ」

他の人は誰もこのことを知らない。だからこの理屈がまかり通ってしまう。これは裏切りなのか、それともバカを見たということなのか?世の中のあらゆるハラスメント、DV、虐待はこういった経緯が少なからずあると推測されます。避けるには精神的な密室状態をなくすか、一切の優しさを捨てるかのどちらかを選ぶしかないような状況にあります。捨てられるべきは精神的な依存であって、優しさではないのですがね。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-26 17:15 | ヲバサンの覚書d-f

人生は川の如く

自分の身を危険にさらしながら人の命を救おうとするのは、どんな理由であれ、称えるべき行為かもしれない。だけどもっとやらなくてはならないのは、川で溺れている人を見つけるより前に、今にも溺れそうなところにいる人を溺れさせないよう目配りすることではないでしょうか。これは物理的な溺れのみならず、人間の置かれている状況にもたとえられます。

中でも最も介入しなければならないのが、本人は川に近付きたくもないのに無理やり誰かに連れ込まれ投げ込まれそうになっていたり、集団が囲んで川に入るように強要されたりする場面です。人間が人間を助けることの真の意味はここに極まれます。川で溺れている人がなぜそうなったかを追及するより先にまず救助に向かうように、危ない雰囲気の明らかな弱い者いじめは勇気を出して阻止するべきです。場合によっては関わらない方が断然いい事例もあるけれども、過剰な自己防衛は社会の悪の温床であり、不要です。

特に男性ほど日常にこういう細かな人助けの習慣をつけると治安維持に有効なはずです。それには女性側にもそれなりの意識が必要ですけどね。何しろ今の世の中、人の身に迫った危険には出来るだけ関わらないのが一番の安全策になっちゃってます。それも自分の友達とか、こともあろうに家族のことでさえ他人事にして、ちょっと避けようがない迷惑を被ったくらいで貸しを作った気でいる人間が増殖しているのですから。そのくせそういう人に限って、避けられる迷惑を家族に平気でかけ続けたりして、もうどうなっているのでしょうか。

自分の災難は人一倍気にして大騒ぎするくせに、気に食わない人や家族など身近な人の災難は軽く見るヤツらは、口だけは出してくるんですねー。もっともらしい口調で。川で溺れている人には「何やっているの、水は生活に欠かせないでしょ。贅沢だ!」と言ってさらに水を持って来ようとする。今まさに火事で燃えている家に取り残された人には「何やっているの、火は生活に欠かせないでしょ。贅沢だ!」と言って燃えているところへ燃料を加えようとする。総合すると、何も出来ない赤ちゃんが誰もいない所で泣いているというのに、枕元に札束だけ置いてササッと逃げているようなものですね。

何事も自分の責任として生きることは立派ではあるけれど、難しいことでもあります。そう簡単に自分だけで自分の身を守れるとは到底思えないです。いくら立派な人でも人生の中で絶対に誰かに迷惑をかけながら今日まで生きています。それをいちいち大小で表すのもおかしな話かもしれません。あれは良くてあれはいけない、とすぐ批評に走ったりするから、とりあえずお金を稼ぐことにうまく適応できる人の方が身を守りやすい世の中になっているわけです。金稼ぎが上手な人の中でもそのあたりの良識を持ち合わせていて人間関係を大切にする人は最強ですが、ただの成金根性の人間には困ったものですな。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-24 11:04 | ヲバサンの覚書j-l

助ける助けないの裏側

もし自分が川で溺れていたとして。岸に誰かがいて、そのまま逃げて助けてくれなかったとしたら、どう思うだろう。その人を恨むのかなぁ。でも仕方がない場合も大いにあります。溺れている側は多分、亡くなったとしても生き残ったとしても、後でそのことを根に持つことは少ないのではないかと思います。すぐ川に飛び込んだりして助けるのが美徳だなんだとか、やるべきだったかそうでなかったかを成功か失敗かによってごちゃごちゃ言うのは、一歩後ろから見ているだけの直接関知していない人々です。

溺れた原因を悔やむ当人と、助けなかった自分を責める傍観者、というのがおおかたの人間心理で、不思議と死を近くに感じると批判的な物の見方が薄れていくようです。その思考に基づけば、川から救助される方がたまたま運が良かったことになり、助けてもらえなくてもすでに起こってしまった事実として受け入れる潜在能力が、人間には備わっているのでしょう。

考えてみたらレスキュー隊などでない一般の人が川に飛び込む行為は、急を要するとはいえ危険極まりないです。泳ぎの得意不得意だけでなく、見かけるなり「よし、飛び込もう」と、その発想がすぐに出てくる判断力がそもそも危ないような気がします。十分に現場の状況を把握できて決行するのならいいのですが、物事を軽く見る傾向がある人などは、仮に高い身体能力で救助に成功したとしてもその後に心配な要素が発生します。

人を命がけで助ける人達の多くは、自分の身の危険を顧みずに行動しますが、それはあくまでも自分がその任務を遂行するための一員として自覚しながら、淡々と役目を果たす意識で行っているものです。ごくまれに、自分の能力の高さを見せつけるためだったり、存在感を際立たせるためだけの目的で、感情的に自己犠牲を実行できる人間というのも実在するようです。確か芥川龍之介の短編小説にもそういう作品がありました。タイトルが思い出せないのですが、あり得ない話でもないです。

考えても見て下さい。川で溺れていたところを助けられて、それから一生、命の恩人だからといって、得意気になっているような人間性の持ち主に頭が上がらず、明らかに間違っていることでさえ従わされる雰囲気の下で暮らし、英雄気取りの人間に最低限の意見も言えずに負い目を感じながら天寿を全うする人生。。。あ、別に飛び込んで助けにいく人が全部そうだと言っているわけではもちろんないですよ!大事なのは動機だということです。

それだったら、身をていして助けなかった人間の過失を許しつつ、自分の愚かさや運命を嘆いて人生を完結させる方も悪くないように思うのですがねぇ・・・ま、理想といえばそれまでなんですけど。打算を全てなくすとか打算ずくめにするいう意味ではなく、自分の能力に応じた姿勢で有効に貢献できる人間になりたいですね。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-22 11:43 | ヲバサンの覚書t-v

イエローオパールのその後 ☆弐の巻☆

ネットでイエローオパールを調べまくる。すると私の中で色々まとめた結果の推測によって結論に代えることが可能になりました。オパールの模造品は山ほどあっても、イエローオパールについては偽物を作るメリットがそんなにないようで、出回っているものはほぼ天然で間違いないみたいです。

よく考えればパッと見ただけでも何となくわかるかもしれないですね。以前にウワサの人工ムーンストーンを見たことがあるのですが、明らかな偽物だと私にもわかりましたから。だって今回の石はあまりにもキレイだったのだもの・・・。ちょっと疑いたくもなります。

結局決定的な証拠になったのが、光に透かすと目立ってくる一筋の傷でした。人工物にこんな傷があるわけないですものね。傷のない物を作るのが人工の目的でなんですもの。それとももっと新手の人工石?(ああキリがないっ)

この間ずっと、この石ばかりが頭の中を占拠していました。前置きが長くなりましたが、石をくるんでしまうと、せっかくのこの美しさが半減するのです。これはもう、新しい台座を購入するしかない、とネットでショップ探し(町の手芸屋さんでは売られていなかった)。

これがまた、意外と効率よく買い物できる店が見つからない!台座の種類が豊富なお店は運悪く送料が高く、数個の台座を買う程度では送料の方が高くなって何のための買いものなのかわからん。。送料が安い店はやはり注文が殺到するのか、いつまでも売り切れ状態。これは常にサイトチェックをして、入荷した直後を狙うしか道はない。

いざ、狙いを絞って台座の入荷を待ち続ける日々へ。その間もとりあえず作ったペンダントを頻繁に身に着け、取り外し可能にしておいた石を時々手にとっては愛でる毎日。時には手作りで台座のようなものを作れないかなあと、あらゆる策を巡らせる。

そしてついに・・・!台座、ゲット!!

石を買ってから約半年・・・も経過していました。

なんだかんだ言ってこの石によって行動を指示されているのでは?

イエローオパールの代表的な効能;「感情を増幅させる」・・・ハハ、まさか~。台座に収まってからは思った通り、輝きを前面に押し出してとってもご機嫌です。石も、私も。末永くお付き合いしよっと。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-20 11:04 | 天然石

イエローオパールのその後 ☆壱の巻☆

カボション型に磨かれた天然石は、アクセサリー作りには最高の形ですねー。ちょっと内傷やインクルージョンがあるというだけで、宝石では考えられない低価格になるのですから。品質は決して宝石に見劣りしないし、自分で好きなように仕立てられる。素晴らしいじゃないですかぁ!

ということで私のもとにやって来た一個のイエローオパール。14×10ミリのサイズで、ペンダントにしようと家に届く前から楽しみにしていました。シンプルに市販の台座にのせて・・・ふふふ。

が!あらかじめ用意した台座があまりにも頑丈すぎて爪が倒れず、しかもその爪自体が短くて石が固定できないと判明。石に接着剤を塗るのは忍びないので、テグスでビーズを編み込んで石を包むフレーミングなる手法に切り替えました。

こんなこともあろうかと、台座と一緒にシルバーにもゴールドにも合いそうな万能型カラーの丸小ビーズを買っておいてよかった。ネットの情報を頼りに早速作り始め、足かけ何日かかけながらひとまずペンダントヘッドが完成しました。

しかしその完成品を見ていたら、新たな問題を発見。一応メインのイエローオパールは目立つものの、端の部分が隠れてしまうためどうも輝きが一段下がるのです。それも、うちに来たこの石ならではの問題。

事前に調べた情報だと、イエローオパールは単色、遊色効果は見られないとのこと。それはもちろんそうなのですが、うちで買った品をじっと見つめていたら、なんだか奥の方でオレンジ色が揺らめいていました。よくよく観察すれば表面も、青味がかっていて角度によって表情がくるくる変わるのです。

え、これってもしや、人工石?と疑念が湧いてきました。どこまでも疑り深いヲバサンですな~。それから数日はネットで更なる調べ物をしつつ、疑惑を晴らすことに没頭。その答えとは・・・!

長くなりそうなので次回に持ち越します。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-19 11:28 | 天然石

乱用へりくだり

日本人が人目を気にし過ぎる国民であることはもはや説明がいらない事実です。他人に細やかな配慮が出来るという面では素晴らしい。しかし本当に人のためになっているのでしょうか。人の行動を読む行為が病的に慢性化し、一種の妄想のようなものが暗黙のルールになりつつあります。

とにかく最近は、威厳のある人間が減った気がします。昭和の頃あたりでは、芸能界やその他大事業主などにものすごい風格の人がいました。多くは年齢の高さに応じた経験値を敬ってのことですが、中には若くても何かを究めた大物だからこその特別扱いもありました。

今となってはその特別視への疑問点がいくつも見直され、改善されてきています。おそらくいくら威厳のある大物でも人間的に完璧な人などおらず、その部分が人目に触れないように周囲が緊張を強いられていたり、当の本人が作られた自分自身の幻想に振り回されていたりしたのでしょう。

周りがチヤホヤし出すとどんな人でもきっと孤独になります。それを埋めるために昔の大物は自分の誇りを全身で表わしていたのかもしれません。それがいつからか、「威厳=怖い雰囲気、怖い雰囲気=威嚇、敵意、高慢」と連想されたのか、一般の人々の間では「威厳=威嚇、敵意、高慢」の図式がじわじわと浸透しているのです。

その結果、近頃どの業界でもただ圧力をかけるだけの不当な上下関係は解消されつつあるみたいですが、その代わり無駄にへりくだる威厳のない大人が増え、日本国民全体が誇りのない、いつまでも成熟しない精神性を求めているかのようです。芸能人はどんなに素晴らしい能力・努力を見せても、気さくでないとすぐに高慢扱いをされるので一層の余計な低姿勢がいつまでも抜けず、よほど優れた人格でもない限り安っぽい感じを前面に出す羽目になっています。

日本人が韓国のドラマ・映画、俳優に魅力を感じるのは、日本で消えていった威厳の神秘性が韓国では未だに残っているからでしょう。なぜ日本人は全員で未熟になりたがるのでしょうか。まるで幼稚な人間性が一番可愛がられる条件であるかのようです。

そうかと思えば立場の強い人間による理不尽な圧力も完全に無くなったわけでもなく、日常の隙間のあちこちにハラスメントという形をとっていつまでも存在しています。中身がまるでないのに優越感を持っていたい勘違い人間が、自分より弱い存在の前でだけ空威張りをすることが威厳の解釈だとでもいうのですかね。

中高生の先輩後輩間の確執など、下らない摩擦を発生させる心理が私はどうも理解できません。より陰湿化しているとさえ感じられます。こんな世の中ですから、にわかに“品格”だとかの言葉が出てくるのですね。元々そんなものを受け入れる土壌自体が今のこの国にはないように思えるのですが・・・。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-17 11:10 | ヲバサンの覚書p-s

不快な警戒

ちょっと無表情にしているだけで、すぐ「怒ってる?」と聞いてくる人、いますよね。あれって失礼じゃないですか?そりゃあ、いつも笑顔でいる方が誰だって気分がいいですが、そんなに常に笑っていなければいけないのでしょうか。一人でいる時以外でも、たまには気を抜いてポカンとしていることだってあるでしょうに。

さらに掘り下げると、「怒ってる?」と聞くやり方というのは非常に巧妙、かつズルイ運びだと思うのです。仮にこちらが不機嫌になっていたとしても(そんなこと実際にはなかったが)、先に聞くという形で会話の主導権を握っておいてその後の流れをコントロールするつもりと見えます。

こちらは怒ってなどいないし、そんなこと思いも付かなかったりするので、「ううん、怒ってないけど・・・」とたいがい答えるのですが、なんだかそれでも納得していないような人を目にすると、それによって新たに不快感が植え付けられます。一体何が目的なんだかさっぱりわかりません。

あれは一種のアピールなんでしょうか。「私は人の感情に常に気を遣っていますよ」と見せかけるためにただの推測、それも悪感情を相手に当てはめるとは、かなり高等な技です。奥の方では「私はまともなことを話しているけど、あなたは気難しいから怒るかもしれない」と、最初からこちらを何かの性質に決め付け追い込むという、敵意にも似た姿勢が見受けられます。

自分の言うことに自信がないなら考えながらしゃべればいいし、自信があるならわざとらしく人の顔色を疑わずに普通にしゃべればいいのに、なんでむやみにギスギスしたがるのかなぁ。人に対しての警戒は自分の中だけでやるものでしょう。さんざん不快な探りを仕掛けておきながら私が害のない人間だとわかると、今度は急にナメた態度をとったりするのだから怖いわァ。

利害のない友人関係にも、立場の順位を四六時中つけて優位に立っていたいのかしら。仕事でもないのに自分のことしか考えてないのですねぇ、ほんと。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-15 11:19 | ヲバサンの覚書g-i

君取の名は・・・

もうかなりどうでもいいことですが、君取には下の名前があります。ブログで使うにはフルネームにしてもあんまり意味ないかな、なんて思って名字っぽく君取だけにしました。

何かペンネームを要する時が来たらそれを使おうかとも思っていますが、そんなのあるわけもなく。一生封印てこともありますね。

その名前の由来を説明するとなると、若干身元がバレるのではないかとも思ってしまいます。使わなくて正解だ。

有名人でもないのに情報漏れを恐れるとは、警戒心が強いヲバサンです。
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-12 11:57 | ヲバサンの覚書j-l

名前の女神さん

また思いっきり主観の内容で申し訳ないのですが、私が今まで出会った人の中で、「あゆみ」という名前で感じの悪い人はいませんでした。私と接してきた「あゆみ」さんは5人ほどでしたか、ひらがな・漢字、色々いましたね。有名人でも何人かいますね~。イメージとしては、かわいいのだけどクドくない、ってとこかしら。

ついでに言うと、「まい」という名の女の子はものすごく可愛い場合が多いような気がしてならないです。小学校の時、田舎のまあまあ大きめの学校に通っていたのですが、同学年の「まい」ちゃんという子が目立って可愛い子で、学年中の噂になりました。芸能プロダクションからのお誘いもあったそうです。途中で転校していきました。今どうしてるのかな、と急に思い出しました。

芸能人の「まい」さんといえば、私の中では何といっても倉木麻衣!!あああ可愛いわ、なんて愛らしいのかしら。彼女の10代の時なんて見ているだけでうっとりだったし。最近テレビにも出たりして、大人になったけどやっぱりカワイイ!美しい人って、なんか発光しているかのようにまぶしいです。これぞまさに女神の有力候補!

あれ、そう考えると名前の響きで好みが生まれるというより、素敵な人間性を持った人の名前にそのイメージがすり込まれるということ・・・?

名前のイメージ→人間的魅力?
人間的魅力→名前のイメージ?

うーん・・・人間⇔名前 ってことかなぁ。

ま、相互関係ということにしときますか☆
[PR]
by kimmie-dolly | 2009-06-10 11:19 | ヲバサンの覚書m-o