女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:◆ジュンセア( 4 )

根回し最高のデカ茶せん

2014年の初夏から育てているジュンセア。ダイソー産のもの。

こちらもブラキカウロス同様、ホームセンターでよく見かける種類で数百円の値が付いているのが常ですが、ダイソーならばさほど大きさに差がないものを100円で買えてしまうという、このコスパの良すぎる株。。

2年半が経過してみて、もう邪魔になるほどの生長ぶりでございます。昨年秋の様子は、、、

f0203870_18391679.jpg
1年前とはそれほど変わらないようにも思える大きさ・・であっても、新芽は着実に増え、しかも古い葉の枯れ込みも少ないような?

それはそうと、おととしに続き去年の秋もあの部分が凄かったのがこの写真でもお分かりでしょうか。

さらに近くに寄ってみれば・・・

f0203870_18392409.jpg
またまた出ました、大量発根・・・!

これは11月の撮影だったのだけど、やはりジュンセアは多少は耐寒性があるのかしら。他の種は11月にはそうそう根は出ないものです。ハイドロの器に入れて湿度を高めにしている2世ジュンシフォリアでさえ―――あの株もすっかり生長が止まり気味で小さいままなんだなぁ。。

その点、このジュンセアはただカゴの中に転がしてあるだけだし、他の株と同じように気温が低くなってからは腐れを恐れて水もかなり少なめに与えているというのに、思いのほか強いということか。

でもカピタータ・ピーチと思われる不明種も大量発根していた秋だったから、ジュンセアにはもっと根を伸ばしやすい条件だったのかもしれないな。

何が我が家の環境に適するか、未だに予想できないことばかりですッ。
[PR]
by kimmie-dolly | 2017-01-23 18:43 | ◆ジュンセア

茶せん巨大化への源に迫る

ジュンセアとジュンシフォリアを並べて撮ったらば、ジュンセアがいかに大きくなったかが際立っていましたね・・・。久々の撮影だったし、普段はひとつだけ広い空間を占拠して比べる対象もなかったものだから、そこまで育っているとは思ってもみなかったです。。

大きさ比較を終えたところで、改めてジュンセアを単体で。
f0203870_1845812.jpg

1年以上前の購入時の画は、これよりずっと全体が細かったのだと今になって気付きました。当時もけっこう大きいと感じていたのだけど・・。

単に葉が増えたとか伸びただけでなく、基部がやたらと太く立派になりました。いつの間に・・・。完全放置を決め込んでいるため、この1年のいつが生育旺盛だったのかも見当がつきません。

しかしそんなジュンセアさん、葉が長さを主張し始めたのは気温がかなり上がってからだったでしょうか、それで秋になってその茂りがやや「うっとうしいな・・」と注目しだしたら、株元にスゴイものを発見。
f0203870_18452245.jpg

大量発根・・・!これは、チランジアを育てる者にとっては最高の興奮を覚えますよッ。

いくつもチランジアの発根を目撃してきましたが、この量は最大級だ・・・。ジュンセアは下からまとめて束状に出てくるのかぁ、へぇ。。そこはジュンシフォリアと少し違うかも。

自然界ではこの立派な根をいずこかに巻きつかせて、固定して生きている・・と。蒸れるのは嫌いそうだからきっと横向きになっているんだろうなぁ。ここまで来ると着生させないのが本当に申し訳ない。

でも生長期はごく短い期間なので、着生を試みても充分には出来なそうな環境です。来季にこの続きが伸びないかしら。ベルゲリみたいに丈夫だという保証があれば安心して外にも出せるのだけど、現状は無理かな。

ジュンセアは少し調べてみたら、生育が遅めみたいな情報が多めのようです、、開花するまでに10年近くかかった例なども普通にあるのですが、、、この先どうなるのでしょう?
[PR]
by kimmie-dolly | 2015-12-06 18:48 | ◆ジュンセア

潤な茶せん系たちの現況

普及種とはいえど、生育がやたらと遅いチランジアというのは存在するものですねぇ・・・。

単に我が家の環境がお気に召さなくて足踏み状態なのか、それとも元よりそういう性質なのか、、時が経たないと何とも言えないのですが、両方かしらん。。

まさにそれを問いたくなる株といえば、昨年の初夏にやって来たダイソー産ジュンセア(T.juncea)です。購入からは1年半、着実に大きくなっています。

ジュンセアのくくりは大型種なのでしょうか、今まであまり興味がなかったので特に調べてもこなかったわけですが、これまで大きな種は一切育ててこなかった君取としましては、その育ちようにかなり驚いております。

もう写真に収めるのも難しいっていう・・・。だいぶ引かないと全貌が写らないし、そうなると背景作りに苦労する・・・。

しかも一体だけ撮っても大きさはわからないから、たまには同系列チラであるジュンシフォリアと一緒にしてみようではないかッ
f0203870_1813222.jpg

水やり直後で色が濃いめ・・ですが緑が薄い方がジュンセアさん。9月の写真です。

最近のジュンセアは、全長は30センチを超えたでしょうか、、一体どこまで伸びるのか若干コワイ。一方のジュンシフォリアは代がわりした2代目であって、今ようやく20センチ弱か。まだ購入時の親株の大きさには全然届いていません。

それでもジュンシフォリアさん、今年は少々の発根があったりしました。さすがに3年目にもなると、そこは生育モードに入ってもらわないと。

というかこの方々、たぶんだけど水が好きなんでしょうね・・・。乾燥がキツイ季節は葉先の傷みが顕著だし。それもおそらく葉っぱに水をかけるより、株元のあたりが湿っているのがいいのだろうけど、、寒さとの折り合いが、、ねぇ。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2015-12-05 18:18 | ◆ジュンセア

種がらみの潤なヤツ

ブログ初期の頃と比べて、近頃チランジアの記事がやや少ない気もしますが・・・とてもゆっくり活動なさっている彼らのことですから致し方ない。。

基本はチランジアが一番好きな植物かもしれませんが、なぜか多肉の数が増えたりなんかして、おかしいわ土を使うなんてどちらかというと嫌いな方だし、その昔のハイドロカルチャーの失敗からそもそも植え込むことももう懲り懲りだったというのに・・・。

でも今日もチランジア達は元気に生存しておるのですよ。で、去年の6月あたりにダイソーで買ってみたもののまだ未紹介の株がひとつ。
f0203870_1934075.jpg

いつも見かけていても買わないだろうな~と眺めるだけだったジュンセア。

この時は株元に、種らしきものが綿毛と共にくっ付いておりました。それもなかなか珍しいことかしら、とダメもとの実生も企みつつお迎えしました。

けっこうな数の種があったので一応、種を別口に分けて毎日霧吹きをし、しばらく様子を見ていましたがやはり時間が経っていたのか、はたまた我が家の光線不足の室内が良くなかったのか、発芽はせず9月ごろに終了―――。

ま、そんなものでしょう。まだ実生などハードルが高すぎです。前にジュンシフォリアが開花した際に種が採取できたけど、あれもおそらくそんな感じで終わったことだったろうなぁ。。間違えて捨ててしまったんだったなぁ・・・せっかく奇跡の同時開花で時間をかけて結実したのに・・・。

あら、君取はチランジアの種に関する出来事は茶せん型のやつと縁があるってことかねぇ。まぁこれからも、冬場の寒さとかを考えると実生はほぼ絶望的に無理そうだけど。

さてこのジュンセア、購入時点でもう結構な大きさです。生長はゆっくりらしいけどまあいいでしょう。いやー本当に場所をとるわァ。縦長だから立てておけてまだいい方ですかね~。

そして寒い時期は、ジュンシフォリアと同様に紅葉していました。
f0203870_19342586.jpg

よく染まっております☆

ジュンシさんも最初の頃はこのくらい赤くなったけど、最近はお子ちゃまだからか知らんがあまり紅葉しないです。というかすぐに葉先が乾燥してしまうもので。。となるとジュンセアさんもちょいと予感が・・・。

これも多分ブログにあまり登場しない組で決定かも。。。
[PR]
by kimmie-dolly | 2015-05-01 19:37 | ◆ジュンセア