女神見習いヲバサンの記


ちょいと小心者なヲバサンによる、甘辛人生哲学
by 君取(きみどり)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
お気に入りリンク集
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:◆マミラリア( 51 )

次世代の仔たちの個性を知る夏

6月に4年ぶりの開花を終えた松霞(1号のみ)。今年の関東地方の梅雨は雨もろくに降らず、当地域でも連日異常なほど晴れまくりました。

松霞はいつもわりと早めに夏のお休みに入るのですが、天気の具合もあってか今年は微力ながら動き続けているような。もう他につぼみはないから休眠してもよさそうなのだけど。

さぁそんな松霞さん。前回の植え替え時に子株の1個が外れてしまっていて、去年の秋からはやむなくその1個だけ別の鉢に植え付けてあります。けっこう小さいのだけど生育はどうなのかなと心配しながらも冬を越し、春を迎えた時の姿です。

f0203870_11330373.jpg
2センチにも満たない体で、一応元気に育っているようです。

去年の秋の植え替え前までは、同じマミラリアの明日香姫の極小子株たちと一緒にしていましたが、それらが全滅した中で独り生き残った松霞2世・・・差が出たのはちょっとの体格差によるのか、種の違いや環境との適応の差なのか、、謎は残ったまま独り立ちとなりました。

ただこの2世株は、この夏でも早々に休眠したらしく全く水の要求がありません。親株とはその辺がまた違うのか・・・。他の3個の2世を付けたままの親株は開花していなくともこの夏、少し動いています。変なのー。

一方で、一括してひとつの鉢に植え付けた明日香姫の子株9体(今回は写真なし)は、連日猛暑のさなかに明らかな水切れの症状が出まして、親株の方も同じくシワシワに乾いてきたことから水やりをしました。するときっちり吸水し、親も子も明日香姫は真夏に生長が旺盛なのを確認。

他のサボテンは一切そんな状態は見られません。水が好きだとされるウチワサボテンでさえほぼ断水で何も問題なく生長しているのだから、一体どういうことなのか。。

今年の気象の変なところというのは、意外とサボテンの性質を知るのに役立っているのかも。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-08-01 11:37 | ◆マミラリア

安定のうちの閉幕~マミ御開帳2018~

6月3日、4日と晴天の下に開花を始めた松霞1号さん。4年ぶりのことで前回は2輪咲かせていたのが1輪になり、着実に規模縮小・・ではありますが、たとえ年月がかかろうとも返り咲いてくれるのが嬉しいところ。

さて開花3日目は天気が悪くなりました。そんな日は花びらも開かず、しばし小休止。翌日以降の天気予報はまた晴れ続きであります。

ならばもちろん、再開となりまして~

f0203870_16311825.jpg
まだまだ中盤の勢いなのだ。

しべもいよいよ・・・
f0203870_16312681.jpg
賑わってきたようです。めしべの伸びが短いけど、、ひと通り出揃った感。

それから数日、この1輪が毎日昼間に開いては夜に閉じ、、、の繰り返しとなりました。以後、同じ画のため撮影も特にせず。。

単調になってしまいますなぁ、、本当なら何輪も咲いて群開みたいなことになり、花期の間は毎日華やかになるのかしら。でも大輪ではないし、どうしても地味になりますわ。

記録としてまとめるとなると、意外とつまらない・・のか?いやでも御開帳ってそういうものだからね、、普段は見られないものが数年から数十年に一度だけお目見えして、ただそこに現れたものをありがたく受ける・・・この日常に小さく何かが降り立つというものよ。

今回の開花は、2日咲いたのち5日間の連続があって、合計7日の花期でありました。前回も前々回も10日の花期で、かつそれらの時は天気が曇っていた日もあったが、毎日よく晴れていた今回の方が短いとはいやはや・・ずいぶん力を振り絞っていただきました。

これからカスミさん達は再び、株を大きくしながら静かに生きる日々へと入っていくでしょう、、といってもそんなに大きくはならなそうだけど。御開帳、お次はいつだろうか。。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-07-31 16:34 | ◆マミラリア

4年ぶりの本腰~マミ御開帳2018~

6月3日から咲き始めた松霞さんの1号株。初日はいつもながらの半開きからとなった開花です。天気の予報は晴れ続きで、さぁ2日目以降はどうなるかな~な期待が膨らむ。

で、その2日目。

f0203870_19274890.jpg
やっぱり開きが大きくなるぅ~☆

1日目と同じ花が繰り返し咲くだけなので、花の小ささは変わらずですが・・懲りずにズームっ
f0203870_19275912.jpg
そうそう、しべもちゃんと出るんだったなー。模様のラインが消えようともメタリックな照りは確認できる。美しい。。

そして翌日、3日目も元気よく。
f0203870_19280752.jpg
いいよ、、もう、、、小さくても可憐だし。ありがたいね御開帳。

久々に撮影したものだから、角度だとかけっこう考えてカメラを向けたものでしたね。開花初期~中期はこんな感じでした。終盤へと続く・・・。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-07-20 19:29 | ◆マミラリア

おなじみ半開き開幕~マミ御開帳2018~

4年ぶりのお花を拝める松霞1号株。花芽発見から半月ほどして月も替わった6月、いよいよ機が熟してきました~。

3日、朝から天気も良く、、、

f0203870_18354623.jpg
はーいーー開花でございます~。

初日はいつも半開き。これ3回目でも同じですねー。

ということで中身を覗きます。
f0203870_18355586.jpg
しべはどれが標準なんだか正確には知らないが、めしべも確認できます。初日はこんなものだったと思います。

ただ初年度の時にだけクッキリと出ていたピンク色のラインは、、二度と出ないのでしょうかねぇ。。この環境下でしょぼくなっていくのはやむを得ないけれども。

大きさは前回と同じくらいはあるかしら、何となく感覚だけど。咲く以上は最低限の大きさというのがありそうだし、だいたいマミラリアって全体的に小ぶりな花が多いって言うし・・・。

でも近くから見れば。
f0203870_18360563.jpg
そこそこ見栄えするのだわァ。ラインも外側にだけほんの少し片鱗が。

以上、御開帳の初日―――長めの花期を迎えた心境というのは中々に快いものであります☆


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-07-14 18:38 | ◆マミラリア

カスミ1号、4年ぶりの前夜祭

2014年に開花したのを最後に、静かに生きていたマミラリアの松霞。2体のうちこれまで2度の開花を果たしたのは子吹きしていない1号株のみ。

久々の今年、花芽を付けたのもこの1号でございます。。5月に見つけ、育っていくつぼみと共に過ごすのも良き月日ですわ、、で、5月末。いよいよ花開く時が近づいてきたかしらん~のお姿。

f0203870_18102830.jpg
トンガリが素敵。さらに近くで。
f0203870_18103808.jpg
どの角度が一番カワイく写るのか試したが、まぁこんなところか・・

ちと小さい気もするけど、、株自体も大きくなっているから何とも。。花の大きさは環境によって変わったりするのか、測っていないからどうにも比較できず。目標というか希望はただ咲いてくれるだけでいいのだから知ら~ん。

よくチランジアの開花で見られたように、このままいくと月替わりに咲くのかなと待ち遠しかった時期でありました。心の前夜祭だよッ。

そして花盛りへと続く―――


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-07-10 18:12 | ◆マミラリア

祝ご開帳☆5年目3度目を待つが済!

5年目を迎えた我が家のサボ・松霞。最初の春~夏にかけての初開花、2年目も子吹きしていない方だけ開花していた実にいい子たちであります。

それ以降は静か~に沈黙の日々、、しかしながら株を確実に大きくさせて地道に育ってきた2株です。昨年秋の植え替えからは株を一部屋ずつに分けての生活。変わらず元気いっぱいといったところでありましたが。

何だか気温も高く湿度も低めで快適そうだった今年の春、なぜだかふと思い立って松霞さんの美しい頭頂部を見回したくなり、探索していたら、おおッこれは・・・!な発見。

f0203870_17165970.jpg
小さな・・・つぼみではないかー☆

これを付けていたのは、2個のうちのこの方↓
f0203870_17170794.jpg
やはり子吹きしていない方。5月の中頃のことです。

花の準備だなんて、4年ぶりのことですよ。前回は2014年・・この時も同じ株、片方だけが咲いたものでした。どういう咲き方だったかももうおぼろげ、、、にわかに気持ちが沸き立つも、思い出せないものですねぇ。。

なぜ今年だけ急に目覚めたのかはわからないが、それでも嬉しいものだわァ。この見つけた段階では、咲く頃になれば梅雨が迫ってくるから不発になる可能性も?とか頭をよぎりました。

しかし結論から言うとまさに今、開花中で~す。実況では記事の更新が追い付かないから先に発表するべしッ。花はイイよやっぱり・・・素敵な松霞さん。いい付き合いだ。

そんなわけで、詳しい開花状況などはまたまとめて掲載できればと。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-05 17:18 | ◆マミラリア

健やか義兄弟マミの歳月

我が家のサボテンの中では極めて元気に育っている松霞。ダイソーで買ったマミラリアで、2013年の春先の出会いでした。

去年の秋に植え替えの時期となりまして、子株がひとつ外れたことに触れ鉢から抜いたところまでブログに載せたきりでしたね・・・。主役の2株については2年前に記事にしていました。久々の登場です~。

まず、2年前(2016)秋の植え替え後すぐの松霞さん。8月です。

f0203870_16020662.jpg
大きくなってきたのでひと株ずつ植え付け。最初は2個ずつ入っていたダイソーの鉢に1個で合うようです。生長を実感。。用土はもちろんセラミックで。

上からだとこんな風。
f0203870_16022195.jpg
そしてこのままひたすら放置の態勢に走り、2017年は一度も写真を撮らなかった、、で、今年、春になって生長を開始した4月に撮影したのがこちら↓
f0203870_16030067.jpg
成長点の躍動感が素晴らしかったので~☆新しい刺座がよく動いて輝きを増し、ますます魅力的ではないかッ。

なんせ今年の春は異常なくらい気温が高くて乱高下、こりゃサボテンにとっては嬉しいのではないか?と鼻息を荒くしておりましたよ。

まぁ別に今年に限らず、松霞さんは毎年春に生き生きと動いているのだけどね・・・。土を替えた後に反応がいいと特に気を良くします。

だけどこの春の松霞さんはまた一味違うようで―――ただの上機嫌では終わらなそうです。続きが、、


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-06-01 16:06 | ◆マミラリア

期間限定サボ寄合所・最終章(~2018初頭)

2016年の秋から独立させている、明日香姫11体と松霞1体の2代目たち。小さな明日香姫4個と松霞とを合わせて植えた鉢を中心に経過を記してきました。

2年目の2017年の夏には松霞の横で、5ミリ程度しかない明日香姫の2世株からまさかの芽吹きがあったり、、、色々驚かされる生命力なマミラリアでございます。

この後の寄せ植え鉢がどうなったかといいましたら。秋の段階ではこのように↓

f0203870_19402398.jpg
明日香姫だけを入れた順調な鉢と共に勢ぞろいさせてみました。。3個入りの鉢は撮っていないかと思ったらありましたわ。

これは10月の写真で、生育の秋ですから夏に出てきた新芽も元気。4個入り、3個入りの明日香姫たちもすこぶる元気。

さて、そこからの冬への突入。年も明けて2018年となりました。一番寒い時期の1月に撮影した2世たちは、
f0203870_19410232.jpg
断水中の冬だというのに萎れることもなく刺座がほんのりピンクの3個入りの鉢、の横で松霞さんも同じく丸々していますが、同部屋の明日香姫は・・・夏に出た新芽が見当たらず。どうやら元の4株ともども消滅したらしいですね。

結局この寄り合いの鉢の中では松霞だけが生き残りました。元々小さすぎる明日香姫を集めたせいもありそうだけど、この異種の寄せ植えにも多少は無理があったのかしら。何しろ明日香姫だけの鉢では両方ともものすごく勢いよく育っていますからねぇ。

株同士の間隔なんかも考慮してこのような振り分けになり、結果として4個を失うことに・・まぁ最善は尽くしたので、上出来ではないかな。

というわけでこの春は、明日香姫の2代目を全部同じ鉢に植え直して、松霞はひとつだけ別に植えることにしました~。経過はまたいずれ、、


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-04-04 19:43 | ◆マミラリア

期間限定サボ姫よりの寄り道(2016-2017)

マミラリア・明日香姫の11個の子株たちは、2016年の秋に3個の鉢に分けて植え付けまして、これまで松霞を一緒に入れた鉢の様子を載せてまいりました。

ここでその他の鉢についても少々・・といっても明日香姫のみの鉢ですので、区別は4個入りと3個入りの違いだけです。だいたいの大きさで振り分けました。

わりと大きく育っているものを3個にし、

f0203870_18333081.jpg
残り、やや小ぶりなものを4個入りで。
f0203870_18333822.jpg
上は植え付け直後の2016年9月の写真なのですが、3個入りの方は次の年に1枚も写真を撮っていなかった・・・。どちらも育ち方は同じようなものなので、4株の鉢の2017年の10月に撮影した画でその生長ぶりを見ていきますと、、
f0203870_18352159.jpg
伸びてる伸びてる。。縦に。だけどたった1年でも随分と膨れております。

この育ち方といったら、先に独立している2株より凄まじいのですよ。親株に付いていた期間が長かったのもあるのでしょうが、鉢に対しての株の間隔がより適切だったのかもしれないとも思いました。

明日香姫の2代目たちに関しては、本当に行く先は何も心配いらないな~こりゃ。あとは松霞との寄合の鉢がどうなるかという点のみが注目されていました。

次回はその本編へと戻る☆


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-04-01 12:00 | ◆マミラリア

期間限定サボ寄合所・2年目(2017)

2016年の秋に、大急ぎで植え付けた明日香姫の子株たちの内の小さな4株と、親から外れた松霞の子株1個。寄せ植えにした鉢を振り返っているシリーズ記事です。(もう1年半も前のことですが)

2016年はそのまま静かに年を越して冬も明け、小さいのに冬期完全断水でも枯れない生命力にただ驚きました。寒さに強いというのも大きいのでしょう。

そして2年目2017年、春になり水を与え始めると、2代目松霞さんは水の吸い込みが良く膨れてきたのですが、さすがに明日香姫たちは小さすぎたのかあまり初動がよろしくなく。まぁそんなもんよね~、でも他にいくつも子株があるものだから特に問題視はしていなかったです。

けれど夏が終わり再び生育の季節になった頃、鉢の中はというと・・・

f0203870_18205814.jpg
あら、もしや死にかけのヤツから芽が出ている?子株から子株、、

夏の間はマミラリアは休んでいることも多いし、動いているだけでもありがたいのにこんな極小な株が止まない生育・・・なんかスゴイではないか。これ、松霞の方が1センチ程度で、明日香姫はさらに小さく半分くらいですから、新芽は数ミリの世界です。どこまで縮小していけるのか姫さまの子孫・・・!

というわけで2年目の軌跡でした。。


[PR]
by kimmie-dolly | 2018-03-31 18:27 | ◆マミラリア